HARP.TV

memorandum

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.11.14 Wednesday

S.D.I.

はからずも、立て続けに戦争関係の話題になってしまったが、以前から気になっていた疑問
「Loudnessの名曲《S.D.I.》は、アメリカの戦略防衛構想を歌ったものなのか、それとも、ただ単に叫びやすいから名付けられた曲名なのか」。
今日、某イベントの質問コーナーにて送ったところ、意外にも採用され、何と作詞者にしてヴォーカルご本人の肉声による回答が得られたではないか!
訊いてみて良かった。感激。
そして、結論として、やはり前者が正しかった。
いや、もう、しびれました。さすが東洋の雷鳴。

この曲、ギターをやっている人も言っていたけど、テクニック面でも最高潮の曲で、難しいなんてレベルではないそうだ。納得の重厚感と迫力。

2018.11.14 Wednesday

Tribunal militaire international pour l'Extrême-Orient :70 ans après

先日WWI終結100年の話を書いたばかりだが、今日はある人が東京裁判終結70年に関する新聞記事を送ってくれた。
文官としては唯一、A級戦犯として裁かれ露と消えた廣田弘毅。福岡県出身で初めて首相となった人物なので、このブログでも以前書いていた事を覚えていてくれていたらしく、とても有難い。
その記事には、廣田氏のお孫さんのコメントが写真入りで掲載されている。容貌がお祖父さんにとてもよく似ておられる。
城山三郎氏の「落日燃ゆ」で描かれた祖父の印象が世間では強かったようで、幼少の頃に学校で理不尽な目に遭ったりはしていなかったという。

絞首刑を宣告された7名は、2つのグループに分かれて、その時を迎えていた。
廣田弘毅は2番目のグループにいた。
ふと、1番目のグループの誰からともなく、万歳三唱をしよう、という話が持ち上がり、その万歳の声は2番目のグループの皆の耳にも届いてきた。
やがて、1番目のグループの刑が執行された。次は2番目のグループの番だ。

教誨師の花山氏に廣田は言った。
「今、漫才をやっていたでしょう?」
花山氏「いえ、そのようなものはやっておりません」

仏間に入り、読経のあと、廣田はまた言った。
「このお経のあとで、漫才をやったのではないか」
花山氏は、ああ、万歳ならやりました。それでは、あなたがたも、ここでどうぞ、と促した。

廣田は「あなた、おやりなさい」と、傍にいた別の者に促し、廣田は万歳には決して加わらなかった。

万歳を叫び、日の丸を押し立てて突き進んで行った先には何があったのか。
この期におよんでも、なお万歳を叫ぶのは、もはや漫才でしかないではないか…
廣田の痛烈な、最後の皮肉であった。

城山三郎「落日燃ゆ」にはこんな一節があったと記憶している。
実際にこのような会話のやりとりが行われたのかどうかは、定かではない。
廣田弘毅は、若い頃は駄洒落を飛ばすことも多く、その親父ギャグあふれる皮肉を散りばめた、数々の句が残されている。
後年は「自分のやってきた仕事が自分の全てであり、何らかの手記や辞世の句、遺言などを残すつもりはない、自然に生きて自然に死ぬまでだ」と、述べ、それは、若い頃から親しんできた、禅や論語のような東洋思想に基づく、彼なりのやり方なのであろう。
ともあれ「漫才」に関しては時々、議論にもなっているようだ。

廣田弘毅の長男の話では「父は一流の男でした。父はそういう冗談を言うような人ではなかった。」との事。
しかし、自分の父親の、家庭の外側での顔というものを理解している息子は、果たしてどれほどいるものなのだろうか。
また、別の文献では、博多弁では「万歳」を訛って「マンザイ」と言うのではないか、という仮説に基づき検証していたが、どうもはっきりしない結論に終わっていたようである。
個人的には、博多弁でそういう訛りがあるかというと、それはちょっと違うような気がする。ただ、どの地方にも年配の人や、鼻にかかったような声を出す人の中には、「バ」が「マ」に聞こえるような発音の人もいる。

別の視点から、花山教誨師と廣田氏との軋轢(というほど大袈裟なものではないにしても)を挙げる研究家もいる。宗教や思想上の考えの違いから、双方が相容れないものを感じていたため、花山氏が廣田氏について語っている部分には、「漫才」の話も含め、事実と異なる部分もあるのではないか、というわけである。こればっかりは、もう今となっては調べる術もない。

結局、謎は謎のままということにするしかないのかもしれない。70年も昔の話である上に、刑場での会話など状況が特殊すぎて、検証できなさそう。
(注: 2006年夏に出版された、小林よしのり著「いわゆるA級戦犯」によれば、廣田弘毅がこんな駄洒落を言うような人間だったならば、東京裁判で「軍が悪い」と証言したはずである、という説を展開している。そう言われてみれば、そうかもしれない。)

ある伝記には、執行に立ち会ったアメリカ人の談話として「廣田はまるで神のようだった。毅然として黙々と死の階段へと赴いた。その姿があまりにも神々しかったのが、今でも忘れられない」ともある。
この話も、本当に事実なのかどうかは不明だが、この手の伝説が作られやすいというのも、廣田弘毅のひとつの特徴のように思えてならない。

本題からは離れてしまうが、疑問がもう一つ。
この理不尽な顛末の直後、刑場からは、大変美しい音楽が流れてきていたと言われている。
この曲はいったい何だったのか、そもそもクラシック曲なのか日本の流行歌なのか、音楽好きとしては非常に興味深いところであるが、どこにもその曲に関する具体的な記述はない。
とても知りたい。大変美しい音楽というのが気になるところ。

00:00 | histoire | - | - | |
2018.11.11 Sunday

Première guerre mondiale : 100 ans après

第1次世界大戦終結から、今日でちょうど100年。
インスタグラムでも、いろいろな国のミュージシャンたちが戦没者追悼の記事を載せている。
60カ国以上の首脳がパリに集結、仏独首脳がコンピエーニュの森で式典に出席。他にも、ナポレオン1世の末裔(注:末裔と書いてあったが、直系ではなく、弟の曾孫のような気がするが…?)へのインタビューなどが話題になっている。

第1次世界大戦と聞くと、以前訪れたアンヴァリッドの軍事博物館の凄惨な戦場の写真を想起するとともに、なぜかラヴェルの《ピアノ三重奏曲》が耳の奥から聴こえてくる。
志願兵として戦地に赴いたラヴェルがこの曲を完成させたのは、フランスが参戦した1914年。大戦とラヴェルを結びつけるエピソードとしては、戦地に散った彼の知人たちへ捧げられた《クープランの墓》の方がよく知られているが、曲だけ聴いてみるととても戦争に関する曲だとは思えないような温かみを帯びている。個人的には《ピアノ三重奏曲》の、すすり泣きのようなヴァイオリンや呻き声のようなチェロ、淡々として冷たい響きのピアノの方が、より戦争の不条理さを訴えかけてくる曲のようにも思える。


(エマニュエル・ベアールの『愛を弾く女』は戦争の映画ではないけれど、この曲がとてもよく合っているなぁ…)

今の仕事を始めたのがちょうど第一次世界大戦開戦100年の年で、当時、その話題が出た流れで自分の先祖の話になった。
「半分ドイツ人、半分日本人だった彼はWWIが終わって2年足らずで亡くなった。まだ40代だった。彼の墓は日本にあり、苗字も名前も漢字で刻まれている。しかし、その苗字は日本には存在しないもので、外国の苗字を当て字にしたものだったようだ。下の名前は日本人の名前だ。おそらく、大戦中はとくに、敵国の血が流れる彼は差別や偏見と戦ってきたはずで、心労もあり早逝したのではないかと想像している。真実は分からない。ただ、日本人として日本で土に還るのであれば、日本人の苗字を墓碑に刻むこともできたはずなのに(そもそも彼の戸籍名は日本の苗字だ)、わざわざ当て字にしてまでドイツの名を刻んだ事にはどのような意図があったのだろうか。そもそも、彼の親はドイツのどこから来た何者だったのか?」という話をした。
すると、ある人が「まだ日本にいる外国人が今よりもとても少なかった時代の話なので、日本にいた日本人の事よりもむしろ外国人の方が探しやすいはず。インターネットで探せるのでは。」と助言をしてくれた。当時は半信半疑だったが、結局はインターネットで人物を特定できたので、今思えばとても有難い助言だった。そして、今が大戦終結後100年であるということは、大戦は4年続いたのだなと改めて理解するとともに、真実に限りなく近づきつつもはっきりとした接点が見いだせない、まるで双曲線と漸近線のような状況(?)も5年目に突入したのだという現実も身に染みる今日この頃である。

23:55 | français | - | - | |
2018.10.18 Thursday

couleur secrète

Ecrivant "couleur secrète" en kanji et l'appelle "HISOKU".
C'est une encre de bouteille née d'une collaboration entre la papeterie TAG et le laboratoire Kyoto Kusakizome.
Vert pâle est comme un céladon.
La couleur gris-bleu-vert propres des porcelaines est beaute mystérieux.

couleur_secrete
Le graphisme pauvre...eh bien, si je devais ajouter une musique de fond à cette encre mystérieuse, ce serait une 《La cathédrale engloutie》.
Par temps clair, il était légendaire que cette «cathédrale engloutie» s’élevait des profondeurs de la mer, perçant la surface de l’eau transparente.


00:00 | Le Stylo | - | - | |
2018.10.15 Monday

白熱

今日の試合もすさまじい接戦で目が離せなかった。女子バレー。
相当厳しい練習を積み重ねてきているのだろう。
厳しい状況でも笑顔を忘れないところなど、グッとくるものがある。
アメリカ戦も楽しみ。

2018.10.14 Sunday

Ethnicity Estimate比較

この2年ほどの間、何となくではあったが DNA検査結果を3つの別々の会社(以下、A社とB社とC社)の遺伝子解析サービスに提供してみた。
いずれも海外のサービスで、自分の祖先がどこから来たのかを地図とパーセンテージで示してくれる。

【A社】


【B社】


【C社】
EthnicityEstimateC社


A社サービスの解析結果は細かくて広範囲、B社の方だと範囲がある程度絞られ、C社はかなり限定されている。B社の方はここ200年くらいの範囲で自分でも把握できているルーツが大雑把ながら表示できているようだが、より正確な場所を示しているのはA社とC社だ。C社の結果は驚くべきことに、ヨーロッパ側の積集合になっている部分のど真ん中あたりにこちらのルーツがあるので驚いている。もちろん、どのDNA会社にもこちらの情報は一切伝えていない。まるで当たりすぎて怖い占いのようだ(笑)。
A社が示す範囲が広いのは、B社より更に昔のルーツも表示されているという事なのだろうか。しかし、地球人のルーツは全員がアフリカ大陸に遡ると思うのだが、この図を見る限りアフリカには色が付いていない。おそらく、あまりにも少ない数字の成分はカットして表示しているという事なのであろう。

なお、どのサービスも登録している人たちの中から近いDNA型をもつ(6th cousin周辺までの親戚)と算定された人のデータも表示してくれる。
現時点で、A社のサービスでは111人、B社サービスでは41人、C社では30名の親戚が表示されている。国籍もアメリカ、カナダ、ドイツ、オランダなど様々だが、名前その他を見るとドイツ系アメリカ人が結構な割合を占めているようだ。また、最近はオランダ人が増えてきている。一方で日系アメリカ人も何名かいて、そのうち一人は本人に問い合わせた結果、明治時代に先祖が愛媛からアメリカに渡ったそうだ。愛媛には私の親戚も多くおり、お互いの先祖の居住地は2km程度しか離れていない。ドイツから来た私の先祖とはまた別のルートの親戚である。

例えば、自分の5世の祖は32人おり、その兄弟の子孫も数えていくと、現在地球のどこかで生きている親戚も結構な人数になるはず。その中の30人は決して近い親戚ではないが、逆にそれを世界中から簡単に見つけ出せる世の中になったことが感慨深い。

(※この記事は2018年3月の記事に加筆修正したものです。)

09:00 | scientifique | - | - | |
2018.10.07 Sunday

癒し

2018矢上祭
2018矢上祭のヒヨコ
学祭にもこのようなのどかなスペースがあるなんて。
癒される。

2018.10.01 Monday

Phishing Fraud Site

Googleメンバーシップリワード
URLも偽造できていないし、詰めが甘すぎる点はご愛嬌(…なのか?笑)。
青を基調とした画面デザインは綺麗だとは思うんですけどね(笑)。

2018.09.29 Saturday

オール・ドビュッシー・プログラム

ミューザ川崎
やられた!
まさかアンコールに《月の光》を持ってくるなんて。
いや、もしかして、これってむしろお約束?

小川典子さんの演奏は想像以上に素晴らしかった。
《塔》の優しいアルペジオ、雨粒が目に浮かぶような《雨の庭》、絶え間なく変化し続ける表情を見せる《水の反映》、エチュードさながらの《運動》。《葉ずえを渡る鐘》は3声がそれぞれ独立していながら自然に溶け合っていてすごい。2つの手であれほどの鮮やかな表現が出来るとは。《前奏曲集》も圧巻、《喜びの島》も超絶技巧、弾丸のような打鍵のド迫力。

ホールには時間の余裕を持って出かけたのだが、途中、電車が止まってしまった。
乗り換え案内のサイトで迂回路を調べたら、開演時刻に間に合わない事が判明。乗り換え案内を無視して違うルートを取り、乗り換えの駅では全速力ダッシュしたら何とか開演に間に合った。最前列下手側の、ピアニストの手元がよく見える位置の席なので絶対に遅れたくなかった。
まるで機械のように正確な《西風の見たもの》の3オクターブのトレモロも見る事が出来た。 パイプオルガンに当たる照明も曲の雰囲気に合わせていた。《ミンストレル》が終わった時、3秒くらい照明が消されたのには笑った。
《月の光》の照明が、青プラス金色の2色だったのが美しかった。ふと、今年の春に亡くなった親友が《月の光》を病床で聴いていた事や、月の話をしてくれた事などを思い出した。
名曲、名演奏。聴けて良かった。

17:00 | le concert | - | - | |
2018.09.24 Monday

ジャポニスムのかけらを追う

 今週は自分に取ってのドビュッシー・ウイークとなりそうだ。
 先週のレクチャー講座と今週のコンサートに挟まれ、ドビュッシー作品をBGMにしているこの時期、先月に引き続き、18-19世紀の日本の美術作品をフランス語で紹介する文章を書くことになった。
 ドビュッシーは日本美術にも関心が深かった。
 クロード・ドビュッシー記念館にある南洲の蒔絵《金の魚》、北斎の《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》も好んだことであろう。
 当時の雰囲気を想像しながら、ドビュッシーにどっぷり浸りつつ今週中に仕上げられたら良いのだが。

00:00 | français | - | - | |

▲top