HARP.TV

memorandum

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.05.18 Friday

遠い日本にいた先祖たちを探して

海外在住の日系人が、日本の役所に両親や祖父母の除籍謄本を請求する手続きに関する覚え書き。

日本人の場合は、[1]〜[5]があれば自分や直系親族の戸籍を請求できる。
[1]申請書(役所のWebサイトからダウンロード) ※消せるボールペンや鉛筆で書くと再請求となる
[2]定額小為替(750円×通数分)
[3]返信用封筒(住所氏名を書いて切手を貼ったもの)
[4]本人確認書類の写し(運転免許証など)
[5]申請者本人と必要な人の関係が分かる書類(→自分の戸籍謄本。但し、必要な人が入った戸籍の筆頭者と同じ役所に請求者の戸籍謄本があれば省略できるかも。)

日系人の方が父母や祖父母の戸籍を請求するには
[6]請求者の出生証明書の写し
[7][6]の日本語訳文と和訳した人の氏名、住所、サイン
[8]請求者の身分証明書の写し(パスポートなど)
[9]誰かに代行してもらう場合は、請求者「自筆の」委任状とその和訳、和訳者の氏名、住所、サイン
[10][9]の場合、代理人の身分証明書

海外から請求しても発送してくれるらしい。
また、海外の人は印鑑を持っていないが、その場合は「印」の欄にサインをすればOKとの事。
[1]の申請書も、英語で書いても良いが日本語訳も必ず必要。役所側は原則として日本語の書類しか受け付けられないそうだ。

日系人で日本語が分からない方が請求する場合、請求者の自筆の委任状があれば、たとえば日本在住の日本人が代理で請求することも可能。
代理人は必ずしも親族でなくても良いらしい。
海外の人が日本の郵便小為替 a postal money order や切手を準備したりする手間を考えると、日本にいる人が代行した方がラクな気もする。
しかし面倒だからと言って、偽りその他の不正手段で交付を受けると、30万円以下の罰金に処せられる。

但し、無事に請求できたとしても、東京都北区や中央区のように「戸籍法により除籍後の保存期間80年で廃棄」とされていた時代に廃棄処分されていたり、港区のように空襲で焼けてしまい残っていないケースもある。
今のところ、福岡市、西条市、広島市、千代田区は昔のものも残されているようだ。神戸市中央区は大正4年以降の分は残されており、電子化されているのは大正9年分以降と数年前に聞いたことがある。

両親、祖父母、さらにそれより前…と遡って戸籍を取得したい場合、先祖代々同じ市区町村に住んでいれば一度に取れるが、そうでなければ、それぞれの役所に請求しなければならない。
父母の本籍がA市、祖父母がB市、曾祖父母がC市だったりすると、A市の戸籍を取ったあと、それをコピーしてB市に請求して交付を受け、さらにそれもコピーしてAB両市の分を添付してC市に請求することになる。
郵送の往復で時間もかかるし、得てしてB市の分が廃棄処分されていて先に進めなくなったりしがちで、なかなか根気のいる作業である。

その辺も含め、英語が不得意な人が下手な英語で手続き方法を説明するとしたら以下のような感じになるのかと…
In Japan there are official documents called "Joseki Tohon" , including ancestral data.
So you may be able to obtain data on your ancestors who were in Japan.
You have to mail some paper letter such as a letter of attorney, your birth certificate, official document showing the relationship between you and your parents, official document showing the relationship between your parents and grandparents.

A domicile does not always correspond to an address or a place of birth.
In addition, since family transcripts are managed by city, we may need to do the same work again in another city.
Also, old documents more than 80 years ago may have been discarded already.
I will send you the form and the entry form before filling in.(→申請書の記入例を添付する場合)
The city office accepts only documents in Japanese written in handwriting.

戸籍請求理由は…やはり "For visiting the graves of our ancestors" くらいしか思いつかない。"先祖供養"で役所に断られたことはないけれど、自治体によってはNGかも。

日本語が分からない日系人の場合、先祖の日本名や本籍地などの日本語表記(漢字)が分からない場合も多い。
その場合、まずはそこから調査しないと申請書が書けない。日本を発った時期がある程度絞り込めていれば、外交史料館の旅券下付記録のマイクロフィルムで探せば判明するけど、東京近郊に住んでいなければ上京するしかない。
旅券下付記録から無事に日本語データが判明した場合は、
I found a passport issuance record for 先祖A and 先祖B at the Diplomatic Archives of the Ministry of Foreign Affairs of Japan.
It is a record of 西暦年, and their kanji name, date of birth, legal domicile, and purpose of traveling are written.
…とか書いたら通じるかも。多分 笑。

1885(明治18)年から1894(明治27)年にかけて全国から約2万9千人が布哇に移住した官約移民や、1869(明治2)年の第1回目を皮切りとするカリフォルニア州への移民など、後の日米開戦により数奇な運命を辿りつつも子や孫を守り、懸命に生きて、やがてその子や孫が偉大な先祖に思いを馳せるような年代になってきているという事例に複数関わったため、今回の覚え書きに至った次第。
(但し、重ねて書くが、上記の英文はかなり怪しいのでご理解のほどを。)

22:22 | histoire | - | - | |
2018.05.07 Monday

西神コバルトスカイ

神戸のナガサワ文具店で入手した西神コバルトスカイをカスタム67に入れて、曹操の詩を書いてみた。
カスタム67と西神コバルトスカイ
…一文字間違えた(笑) 曹操さん、すみません。

21:30 | Le Stylo | - | - | |
2018.05.07 Monday

連休4

カフェインが飲めなくなってからはすっかり足が遠のいていたけれど、カモミールティーを置いている事が最近分かり、また立ち寄るようになった。
モトヤエクスプレスのカモミールティとレモンサブレ
東京国立博物館でもトレーラー出店しているらしい(5/20(日)まで。)
ノンカフェイン難民にとって、ハーブティーが置いてあるお店が最近増えているのは喜ばしい限り。

TENOHA代官山の前にある木が美しい。近くで見ると赤い花が咲いている。この花、まるで丸底フラスコを洗うブラシのような形をしている。
名前は何というのだろう。インスタで呼びかけてはみたものの、名前はまだ分からない。
TENOHA代官山の前の謎の植物TENOHA代官山の前の謎の植物

代官山シェリュイのプティサレアペリティーフを自分用にまた買ってしまった。ワインにもよく合う。 居留地研究ですっかりお世話になっている2人の師匠にもお渡ししたが、果たしてお気に召したかどうか。
それにしても、不勉強な自分が師匠たちにさんざん諭される姿は、傍から見ると、三国志で言うところの諸葛孔明と龐統に挟まれた張飛の姿さながらだったであろう。

調べ物対応に費やした連休だったが、なんだかんだでいろいろ買ってしまった。ハープをあしらったマステは珍しい。
2018年5月前半

2018.05.06 Sunday

連休3

20180506_RAB
いつ見ても、明るい。楽しい気分になれる。本人たちも楽しそう。
そういうステージを1つこなすだけでも、並々ならぬ準備と鍛錬があったはず。
昨日のTOKYO GEGEGAYといい、自在に自分の身体を操れるってすごいぞ。

2018.05.05 Saturday

連休2

TokyoRainbowPride_1
スタバって、こういう移動販売もやるんだ。

TokyoRainbowPride_2
何やらここだけ空気が違うと思ったら、こないだテレビでも紹介されていた納棺体験コーナーだった。
模擬葬儀ではかわいいブレスレットも作れると書いてあるが…それってお数珠のことだろうか。
お祭り騒ぎの囂しい通行人たちを物ともせず、お坊さんがお経を唱えるシュールな光景。

TokyoRainbowPride_3
ここまで来て、ステージをいくつか見て、ここでやっているのがLGBTのイベントであることに初めて気付いた。
自分本来の姿を隠して暮らし続けることを、ある日突然やめるのにはかなりの勇気も必要なのだろうけど、そこを乗り越えてここにいる人たちは活き活きとしているように見える。

昨年の今日は福岡公演のホール打合せと、友人のお見舞いのあと、やはり博多どんたくのお祭り風景を見たのだった。
今回、ここにいる人たちも、ある日を境に、同じようなお祭り風景もそれまでとは違うものに見えたりしたのだろうか、などと、ちょっと思った。


2018.05.04 Friday

連休1

ゴールデンウイーク後半。
「連休」という文字が「遺体」に見える。病んでるのかなあ。
歴史研究のための情報収集も、この連休中の日課も確実に進んでいて楽しいのだが。
しかし、例えば東大の加藤陽子先生も、歴史に関する著書「戦争まで」の中で、"私は普段は死んだ人や死んだ人が遺した史料を相手に暮らしているので云々」と書かれていた。それにクラシック音楽だって、言うなれば死んだ人の作品を研究して演奏するわけで、普段自分がやっている事を考えたら無理からぬ事だ。これでいいのだ。
クラシックで次に弾いてみたいのは、やはりラヴェル作品。ラヴェルは自宅にいる時もスーツ姿で過ごしていたという、お洒落な人物だったらしい。
…ラヴェルも、休日だからと言って2日間ずっと寝巻で過ごし、回覧板が来たから渋々重い腰を上げるようなヤツなどに自分の作品を演奏して欲しくないだろうなあ。

2018.04.27 Friday

外務省記録2

先日に続き、今回は2日連続で外交史料館へ。
昨日は受付の人に顔を覚えられていた。
それはともかく、懸案の1つだった吉田忠七氏のデータは昨日、いとも簡単に見つけることができた。
もう一つの懸案事項は、マイクロフィルムを計50巻、それぞれ1,100コマずつあるとして、ざっと55,000コマ調べることになりそうだ。
時間を見つけて小まめに通うしかない。
目眩の薬を多めにもらいに行かなければ。


史料館の近所にある MAISON LANDEMAINE のパッションティーが美味しい。
スタバのより渋みが少ない。
クロワッサンの種類も多くて楽しい。
広い店内はWIFIも使える。客に日本人が少ない。聞こえてくるのは英語ばかり。
3日とも立ち寄ってしまった。当分こっちにも通うことにしよう(笑)
MaisonLandemaineのフレーバーティ

18:00 | histoire | - | - | |
2018.04.23 Monday

外務省記録1

 1918(大正7)年2月、今から100年前に日本からサンフランシスコに渡った人物の記録を探すため、まずは旅券発給記録を探すべく外交史料館へ。
 旅券発給記録はマイクロフィルムに収められており、四半期ごとの都道府県ごとに分類されている。つまり、旅券取得年月と取得場所が特定できなければ、膨大なデータを探す範囲が絞り込めない。旅券は本籍地で取るケースが多いものの、当時はどの県からも取ることが可能であった。そのため、旅立つ直前に本籍地ではなく、出港地のある横浜や神戸、長崎で旅券を取得しているケースもある。さらに、明治時代初期は渡航後に渡航先で旅券を取得するという離れ業すら可能であったため、日本の外務省には下付記録が残っていない事もある。
 これまでも、大正時代にシアトルやハワイに渡航した人の記録を何時間もかけて探したものの、1件も見つからなかったことがあったので、今回も期待はしていなかった。
 マイクロフィルムに記録されているデータは手書きで、都道府県によっては字が分かりづらくて読めない。コマ番号をテンキーから入力すればダイレクトに当該都道府県のページに飛べるが、テンキーのボタンが古く、押されたまま元に戻らないため暴走したりして、また一から探し直し、なんてこともあった。また、都道府県が絞り込めない場合、1リールあたり千数百ページの記録を何リールも自動再生にして、左から右に流れていくデータをひたすらチェックすることになる。動体視力が鍛えられそうだが、実際には眩暈がして酔ってしまう。

 ところが、今回は2時間ほどの調査であっさり発見できた!アルファベット表記しか分からなかった氏名の漢字表記だけでなく、本籍地、戸籍上の生年月日、渡航目的まで判明した。横浜港を発ち、1918(大正7)年2月にサンフランシスコに到着したことは船の乗船名簿(全て英語表記)に記録されていたが、旅券は大正5年12月に本籍地の鹿児島で下付されていたことが分かった。渡航は「再ビ」と書いてあったので、そのうちに1回目の渡航記録も探し当てられれば完璧である。
 おまけに、明治から昭和にかけて重要人物が多く宿泊したことで知られる、神戸・西村旅館の主だった西村貫一氏の記録にも偶然出くわした。同時期、宿屋業視察のため浦塩斯徳(ウラジオストク)へ向かっていた。

 海外移民がさかんだった時代の記録は、旅券下付記録以外にも、現地の住所録、日系人コミュニティの新聞などがある。ところが、その前の明治初期の渡航記録はやはり難しい。1872(明治5)年リヨンに公費留学し、1874(明治7)年にニール号沈没事故の犠牲になった(とされる)吉田忠七の記録も探したいところだが、果たして記録が存在するのかどうか。
 また後日マイクロフィルムを回しに行くのは良いのだけど、とにかく目が回って酔うのをどうにかしたい。リールごとに再生と逆再生を交互に行えば少しはましになるのだろうか。もしくは事前にアデホスコーワとメリスロンを飲んで行くべきか。テンキーを何千回も押すのも疲れるし。

20:00 | histoire | - | - | |
2018.04.17 Tuesday

『しびり』『仁王』

『膏薬煉』『素袍落』以来、2ヵ月ぶりに狂言へ。
今回は野村萬斎氏らが出演。氏を生で見たのは4年前のシアタートラム以来だ。シアタートラムでは現代劇のセリフだったからなのだろうか、今日の狂言の解説とは声色が全く異なっているように聴こえた。

演目の解説の方が実際の演目よりも長いというのはお約束なのだろうか。さりげなく陰陽師とフィギュアスケートの羽生結弦氏の話を絡めるところも想定内(笑)。演目は面白く観客の笑いも絶えなかった。
2ヵ月前の方は演目終了後も解説(狂言における笑い方レッスン)があったけど、今回は演目終了後、あっさりとお開きになった。

"ししのつののなわになるほどもうでござれば" とか "まいす" とか、プログラムの≪語句解説≫で予習しておいて良かった。素養がない自分にとっては狂言も歌舞伎も用語集必携だ。

ただ、『膏薬煉』などでも自信をもって理解できていた用語は "さいぜん"という言葉である。福岡に住んでいた頃、ある程度の年配の方が "さーぜん" という言葉を多用していた。"さーぜん" は "先ほど" という意味の副詞である。博多弁では "さいぜん"とか"さいぜんがた"というのが正式らしいが、少なくとも自分の周囲では "さーぜん" "さーぜんがた" と話されていた。
こういうのは何音便に分類されるのだろうか。ア音便なんて聞いたことがないし。

2018.04.17 Tuesday

ムーンダスト

ムーンダスト
青いカーネーション「ムーンダスト」。この花を開発したサントリーと言えば青いバラ「アプローズ」が有名だが、この「ムーンダスト」も一輪ずつ濃淡が異なっていてなかなか良い。

今年の春は概ね気温が高く、職場では早くもムラサキツユクサが咲き始めている。拙宅のムラサキツユクサやクレマチスはまだまだなので、何だか急に紫色が欲しくなった次第。
カーネーションは切花染色剤でも染められるけど、さすがにここまで綺麗に染めるのは不可能。昔、万年筆の青インクでカーネーションやスイセンの花を染色してみたことがあるが、花も葉もすぐにしなびてしまった。もしかするとpH2.0未満の古典インクだったのかもしれないが。

カーネーションと言えば、母の日。この「ムーンダスト」も、来る母の日に向けてこの時期にたくさん出ているのであろう。しかし、その花持ちの良さゆえ、たとえばフランスではカーネーションはお悔みの花として使われるので、人に贈るのはタブーとされている。そもそも、かつてアメリカ南北戦争で負傷兵を看護していたアン・ジャービスという女性の娘アンナが、母を追悼する会で白いカーネーションを参列者に配布したことが起源とされているので、白いカーネーションもアウト。ここでさらに花言葉とかまでいろいろ深く考えていたら人に贈れる花がなくなってしまいそうである。

20:00 | scientifique | - | - | |

▲top