HARP.TV

memorandum

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.02.15 Friday

ハープ雑貨たち [18]

ハープの絵柄のはがき
ありそうであまり見かけないタイプの絵柄。
7年前に eBayで落札。オランダ製。

00:03 | Harpe | - | - | |
2019.02.15 Friday

ハープ雑貨たち [17]

LLEDOギネス
LLEDOのダイキャストカー。
LLEDOのGuinnessシリーズはあまり出回っていなかったものの、10年ほど前に eBayで落札。

00:01 | Harpe | - | - | |
2019.02.15 Friday

ハープ雑貨たち [16]

ハープペダル記号用ハンコ
ハープのペダル記号を書き込むためのハンコ。
10年ほど前にeBayで購入。

00:00 | Harpe | - | - | |
2019.01.25 Friday

ハープを運ぶ[2]

グランドハープを運ぶ手段。
ハープのある生活を始めてウン十年、これほどまでに多くの関係者とともに悩んだり、多方面とメールのやり取りをしたテーマがあっただろうか。
グランドハープは電車やバスでは運べない。20世紀終盤ごろ、山手線で運んでいる人の目撃談があったが、真偽のほどは定かではない。

これまで、自宅の車を運転して運んだり、赤帽さんにお願いして自分も同乗して一緒に運んだり、ハープ専門業者さんに運搬込みでレンタルをお願いしたり、いろいろなパターンで乗り切ってきた。
そして、来週は久々にレンタカーを借りて運ぶことになった。運転もオケの関係者がやって下さるとの事。
たまたま近所のレンタカー店でワンボックスのバンが13時間9,000円弱で借りられることが分かり、予約。車両・対物事故免責額補償制度(CDW)1,400円込みの金額である。自宅から演奏会場までの距離は約33km。高速道路通行料とガソリン代を含めても、トータルで12,000円程度で行けそうな計算になる。オケの予算はどこも潤沢とは言えないので、少しでもハープにかかる費用を安価に収められるよう努力する事もハープ弾きの手腕の一つかもしれない。
オーケストラに参加する場合、GPの翌日に本番があり、しかも同じ会場で楽器を1泊させるのが可能な場合と、GPが本番の1週間前だったり、本番とは異なる会場だった場合とでは運送費用が格段に違ってくる。
今回は後者のパターンなので、たくさんのメールのやり取りをしている。23区内には附帯備品としてハープが置かれているホールが2箇所ほどあるが、そのような施設がもっと増えてくれないかなあ…。
ハープをハードケースに入れてトラックで運ぶハープを軽トラックに積み込む
ハードケースだとトラックでないと厳しいかも。ソフトケースならば背が高めのハープでも軽トラックに入る。

23:00 | Harpe | - | - | |
2019.01.01 Tuesday

新年は春の海で

明けましておめでとうございます。

お琴らしい音色を出そうと考え、爪を使ってとても不自然な弾き方をしてみた。爪が長ければもっとそれらしい音色になるのだろうが、今は爪を伸ばせない。
尺八パートは口笛にしようかとも思ったが、無理だった。

22:00 | Harpe | - | - | |
2018.12.25 Tuesday

ハープにエアコンが直当たりしない方法はあるのか

膝と腰を痛めてしまったようだ。
夏も冬も、エアコンもヒーターもつけずに楽器練習をしているのだが、冬はさすがに寒いので、コートを着て弾いたりする。それでもやはり寒いので、無意識のうちに不自然な姿勢で弾き続けていたのかもしれない。
おまけに、今日は電車の遅延や所用のため、想定外の距離を歩き、階段を昇り降りしたので、夜になると途中で歩けなくなってしまった。
年明けすぐの、複数の本番を乗り切れるだろうか。
かと言って、自分の快適さを求めてエアコンをつけると風がハープを直撃してしまうので、それだけは避けたい。
楽器ごと入りそうな、大きなぼっちテント(メッシュ付きのタイプ)がないか探してみたが、やはり高さが1.6mくらいなので、ハープの支柱1.8m以上は入らない。そもそも、奥行きのサイズも足りなさそう。
やはり、天蓋付きベッドにあるような薄いカーテンで練習スペースを覆うのが良いのだろうか。ちょっと、いや、すごーく怪し気な光景になりそうだが。
ぼっちテントとハープ♪

21:00 | Harpe | - | - | |
2018.12.09 Sunday

ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホン
買ってしまった。
おかげで、合奏の個人練習が格段にやりやすくなった。
これまでは有線イヤホンを使っていたので、耳に付けた状態でハープやピアノを弾くとコードを楽器に引っ掛けてしまったりして、面倒だし肩は凝るしでモチベーションがだだ下がりだった。
かと言って、スピーカーから音を出すと、クラシック曲なんかだととくに音量の幅が大きいので、近所迷惑にもなりかねない。夜の練習などはとくに、イヤホンかヘッドホンの方が安心して臨める。
また、オーケストラの音源はハープの音がよく聴こえないものも多い(=予習が難しい)けれども、イヤホンを変えたら前よりよく聴こえるようになったのも大助かりである。

23:55 | Harpe | - | - | |
2018.11.25 Sunday

日本ハープ界の父

日本ハープ界の父、ヨセフ・モルナール氏(1929.9.7-2018.11.21)。
ウィーンに生まれ、1950年代に来日。日本の多くのハーピストを育てた。日本のハーピストたちのほとんどが氏の弟子、孫弟子、曽孫弟子…に該当するだろう。「実用ハープ教本」からハープをスタートして、今も演奏会で氏の編曲作品を弾く機会がある自分もその中の1人。直接お会いした事はないが、大多数のハーピストはコンクールやハープ合宿などで一度は対面しているのではないだろうか。また、対面はした事がなくても、編曲は一度は弾いているだろう。
知人が以前、ウィーンから日本に向かう飛行機内で偶然近くに居合わせたと言っていたが、初対面にも関わらず気さくに接してくれたそうだ。
ハーピストのSasha Boldachev氏のSNSに "To the memory of professor Josef Molnar" で始まり "Let his heritage live forever" で締めくくられたメッセージを見て、今回の訃報を知った。合掌。

10:00 | Harpe | - | - | |
2018.11.24 Saturday

Zeit


このパート譜、おそらくは以前、ドイツ語圏の人が使っていたのだろう。
うむ。世間では三連休なのだから、休もう♪ いろいろと。

23:55 | Harpe | - | - | |
2018.11.23 Friday

ハープ雑貨たち [15]


型絵染コースター「ハープ」。
ティーカップ、マグカップ、湯呑、グラスにも合う。
素材がしっかりしているので安心して使える。
神戸・丸太やさんにて。京都のろうけつ染職人・長田けい子さん作。

23:55 | Harpe | - | - | |

▲top