HARP.TV

memorandum

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.10.16 Wednesday

Dang Thai Son Piano Recital

I wanted to hear the performance of Chopin's Barcarolle played by Dang Thai Son, so I hurriedly got a ticket.
The songs played at Kioi Hall are as follows:

 Franz Schubert(1797-1828): Piano Sonata in C major,D840 Reliquie
 Frédéric Chopin(1810-1849):3 Waltzes
  Valse No.9 "L'adieu" As-Dur Op.69-1
  Valse No.4 F-Dur Op.34-3
  Valse No.7 Cis-moll Op.64-2
 Frédéric Chopin:Rondo à la Mazur Op.5
 Paderewski Ignacy Jan (1860-1941) : Miscellanea
  Melodie Op.16-2
  Legende Op.16-1
  Nocturne Op.16-4
  Minuet in G  Op.14-1
 Frédéric Chopin: Barcarolle Fis-Dur Op.60
 Frédéric Chopin: Boléro C-Dur Op.19
 Frédéric Chopin: Scherzo No.2 B-moll Op.31

Encore was the following 3 songs:
 Claude Debussy(1862-1918): Préludes 1
   8. La fille aux cheveux de lin
  11. La danse de Puck
 Frédéric Chopin: Mazurka No.13 A-moll

Despite his expressive playing, he never moves or sways or leans forward toward the piano, rather he plays in a quiet, laid-back manner. It was impressive.
  After finishing playing, he retreated into the stage wings in applause and then returned to the stage immediately, but he bowed in the middle of the lower stage and returns to the wings again. 
All postures were neutral and natural.
Fairy Puck disappeared naturally too lol. After the concert, an CD-signing session was held, so I asked him to autograph my score cover of the Barcarolle Op.60.
It was a really moving concert.


23:55 | le concert | - | - | |
2019.10.08 Tuesday

Xavier de Maistre & Lucero Tena

A concert by Harp and Castanets, an collavoration that has never been seen before.
Harp by Xavier de Maistre and Castanet by Lucero Tena. On the stage there is a big camera for TV recording and a Lyon & Healy Salzedo model.

It seems that Mestre was captivated by Lucero Tena's castanet and got to the co-star, and it was impressive that he was playing really happy on the stage. The song is All Spain!  When we play a classic guitar song with a harp, we will get an exotic tone different from that of a guitar. Spainish music sounds great with plucked instruments.

The following songs were performed at Kioi Hall. * Is duo, unmarked is harp solo.

 Mateo Albéniz(1755-1831)  arr. Xavier de Maistre:Sonata in D Major, Op. 13*
 Jesús Guridi(1886-1961)  arr. Xavier de Maistre:Viejo Zortziko
 Isaac Albéniz(1860-1909) arr. Xavier de Maistre:Torre Bermeja (Serenata) from 12 piezas Caracteristicas, Op.92, No.12*
 Isaac Albéniz arr. Xavier de Maistre:
 Granada from Suite Española, Op.47, No.1
 Asturias from Suite Española, Op.47, No.5*
 Isaac Albéniz arr. Xavier de Maistre:Zaragoza from Suite Española, Op.97, No.2
 Antonio Soler(1729-1783):Sonata in D Major*
 Enrique Granados (1867-1916) arr. Xavier de Maistre:Valses Poéticos
 Enrique Granados arr. Xavier de Maistre:Andaluza from Danzas Españolas, Op.37, No.5*
 Francisco Tárrega (1852-1909) arr. Xavier de Maistre:Recuerdos de la Alhambra
 Manuel de Falla (1876-1946) / arr. Marcel Grandjany (1891-1975) :* Danse Españole No.1 from la vida breve, act II

Encore was the following two songs:
 Jerónimo Giménez (1854-1923) : zarzuela La Boda de Luis Alonso Intermedio
 Joaquín Malats (1872-1912)  : Impresiones de España: No. 2. Serenata española

In the interview, in response to the question "Are you usually listening to rock music?", Maistre answered, "I want to listen but I don't." Because he has arranged so many songs for the harp that he wants to be quiet at other times. 
I also heard that he had left the Wiener Philharmoniker because the harpists has little orchestra turnaround so he didn't play much.I was relieved for some reason when I heard an episode that revealed the human aspect of a harp player who could play that much.


23:56 | le concert | - | - | |
2019.09.01 Sunday

Tom and Jerry and Orchestra

 I went to a very rare concert where I enjoyed the immortal cartoon “Tom&Jerry”, with screen music and sound effect by  live orchestras and jazz bands. Sometimes watched actual images of "Tom& Jerry" on a big screen.

 "Tom and Jerry" was written by William Hanna (1910-2001) and Joseph Barbera (1911-2006), who belonged to Metro Goldwin Mayer (MGM) in the United States. 2020 is the 80th  anniversary of birth.Prior to this, "Tom&Jerry" exhibitions will be held in Tokyo and Osaka this year, and music plays will be performed in Shibuya.
 The navigator was Mr. Wataru Komada, a popular voice actor. As a voice actor, he was in charge of not only the narration in the play but also the voice of Uncle Bull.
 Commentator Chikara Uemizutaru  studied Tom&Jerry music at Tokyo University of the Arts and took his doctorate. The reason why the classic songs are used frequently in Tom&Jerry is that, like classical music, Tom&Jerry also has a desire to remain as a masterpiece in future generations.
 Composer Scott Bradley (1891-1977) was a genius because he learned both composition and orchestration by himself.
 The performance of  the Tokyo Symphony Orchestra led by the conductor Taizo Takemoto and the jazz band led by jazz drummer Kazuyoshi Kuroda was great. How did they practice such difficult works? I wanted to see the practice scene and orchestral score.
 It seems that jazz drummer must continue to hit the drums without any breaks. (How much calories will be consumed in one live ... lol.)
 CHIAKi's piano was also powerful, comical and wonderful. This was a performance that encourages people. I was also in charge of sound effects in the play using various kitchen utensils and syringe-like items.
 I saw a monitor-like object that projected the video next to the piano music stand.How did she play the piano with seeing the score, the hand and the monitor look at that time. She must have been memorized all musical scores.
 Johann Strauss's "Die Fledermaus " overture, harpist  has no turn in this work, but in "Tom &Jerry", the harp grisand was added as a sound effect in the middle of this song.
 In addition, a popular waltz such as “An der schönen, blauen Donau” often performed in New Year's Concert,was performed.The harp was placed stage left, near the front of the contrabass. At the second half harp had no turn, and a person who seemed to be stage manager was carrying harp alone during the break.
 The program was as follows.
  ・ Quiet Please! 1945
  ・ Johann Mouse 1953
  ・ Tom and Jerry in the Hollywood Bowl 1950
  ・ Special Corner: "Music of Tom and Jerry"
  ・ Saturday Evening Puss 1950
  ・ Mouse Trouble 1944
  ・ The Cat Concerto 1947


23:55 | le concert | - | - | |
2018.11.27 Tuesday

Sofia Kiprskayaハープリサイタル

ソフィアキプルスカヤ氏のCD
サンクトペテルブルク・マリインスキー歌劇場管弦楽団の首席ハーピストである、ソフィア・キプルスカヤ氏のハープ・リサイタル。
超絶技巧で、しかも熱い。
ロシアのあまり知られていない作品の演奏も聴ける希少な機会だった。
ハーモニックスをあのスピードで連打できるなんて。
なぜこれだけの難曲たちを暗譜で弾けるのだろう。
途中でチューニングなどはしていなかったが、最後まで音程が安定してる楽器も素晴らしい。
冒頭で、ちゃんと日本語で挨拶してくれるところも素敵。

・J.S.バッハ/トッカータとフーガニ短調BWV565
 ハープソロ版もかっこいい。要所で弦の下の方を弾くなど、メリハリのある構成。
・ツァーベル/噴水
 アルペジオで水の動きを表現するところは、アッセルマンの有名な「泉」と似ているけど、こちらも歌い始めたくなるような名曲。
・キクタ/チャイコフスキー 歌劇「スペードの女王」の主題による幻想曲
 かなり個性的な曲。特殊奏法のオンパレード。低弦を弾きながらペダル操作で金属が軋むような音を鳴らしたり、凄まじい勢いで共鳴板を叩いたり、弦を手のひらで叩いて銅羅のような音を出したり…
・キクタ/ムソルグスキー/モスクワ川の夜明け
 「ホヴァンシチーナ」の「前奏曲」として知られる曲。キクタさんの編曲をハープで弾くのは相当難しそうだ。
・ドビュッシー/アラベスク第1番&第2番
 第1番を弾き終えた後、間髪を入れず第2番を弾き始めたのは、観客の拍手対策だろうか(笑)
・グリンカ/ハープのためのノクターン
 いつ聴いても名曲。グリンカのノクターンは2曲あり、今日の演奏は変ホ長調の方だった。ヘ短調の方も含め、元々はピアノ曲であるにも関わらずハープ編曲の方が知られているそうだ。
・ベッリーニ/歌劇「ノルマ」の主題による幻想曲
 古代ガリア地方の、ドルイドの巫女とローマ総督の悲劇的な恋を描いたオペラ曲。そう、プログラム後半の白いドレスがまるでドルイドのようにも見えた(?)のだが、狙ったのだろうか(個人の感想です)。
<エリザヴェータ女帝図書館の秘蔵曲>
 作者不詳/2つの小品
 ボクサ/5つの前奏曲
 クルンプホルツ/ハイドン交響曲53番より「アンダンテ」の変奏曲
 ロッシーニ=ボクサ/歌劇「タンクレーディ」よりアリア
 この4曲だけは楽譜を見て演奏。一瞬楽譜が見えたのだが、清書されていなさそうな、細かい手書きの原本の画像ファイルをそのまま印刷したかのような楽譜に見えた。
サンクトペテルブルクにあるロシア美術史研究所で発見された、エリザヴェータ女帝のノートにハープの楽譜が多く見つかったそうだ。また、演奏会プログラムでは奏者自身による曲目解説として、フランスで生まれ、エラール式ハープを広め、世界中を回りオーストラリアで亡くなったボクサの波乱万丈な人生にも言及していた。
・スメタナ/モルダウ
モルダウはこれまで聴いた実演の中で、一番良かった。何というか、技巧面で完璧なだけでなく、情熱が感じられる。ヴァレリー・ゲルギエフ氏もこの情熱に引き込まれたのかも。
アンコールは、マックスウェル/引き潮
これだけ有名な曲でありながら、人が弾いているのを生で聴いたのは今回が初めてだ。意外とコンサートでは演奏されない曲なのだろうか(?) 私も仲間の結婚式や地域の文化祭で弾いたことはあるが、なぜかコンサートホールでは弾く機会はなかった。

前半の黒ドレスもシックで良かったが、後半の白ドレスでハープを弾く姿が神話の挿絵さながらだった。耳と目と心の保養。
サイン会で、хорошо、спасибо! と声をかけたらThank youと返された。
CDにも英語のメッセージを書いてくれた。
なんと、サイン会では撮影OKだったので、お言葉に甘えて写真も撮らせてもらった。ハープの演奏が素晴らしいだけでなく、美形でかわいらしいので写真も美しい。天はいったい何物を与えるのだろうか。

22:00 | le concert | - | - | |
2018.09.29 Saturday

オール・ドビュッシー・プログラム

ミューザ川崎
やられた!
まさかアンコールに《月の光》を持ってくるなんて。
いや、もしかして、これってむしろお約束?

小川典子さんの演奏は想像以上に素晴らしかった。
《塔》の優しいアルペジオ、雨粒が目に浮かぶような《雨の庭》、絶え間なく変化し続ける表情を見せる《水の反映》、エチュードさながらの《運動》。《葉ずえを渡る鐘》は3声がそれぞれ独立していながら自然に溶け合っていてすごい。2つの手であれほどの鮮やかな表現が出来るとは。《前奏曲集》も圧巻、《喜びの島》も超絶技巧、弾丸のような打鍵のド迫力。

ホールには時間の余裕を持って出かけたのだが、途中、電車が止まってしまった。
乗り換え案内のサイトで迂回路を調べたら、開演時刻に間に合わない事が判明。乗り換え案内を無視して違うルートを取り、乗り換えの駅では全速力ダッシュしたら何とか開演に間に合った。最前列下手側の、ピアニストの手元がよく見える位置の席なので絶対に遅れたくなかった。
まるで機械のように正確な《西風の見たもの》の3オクターブのトレモロも見る事が出来た。 パイプオルガンに当たる照明も曲の雰囲気に合わせていた。《ミンストレル》が終わった時、3秒くらい照明が消されたのには笑った。
《月の光》の照明が、青プラス金色の2色だったのが美しかった。ふと、今年の春に亡くなった親友が《月の光》を病床で聴いていた事や、月の話をしてくれた事などを思い出した。
名曲、名演奏。聴けて良かった。

17:00 | le concert | - | - | |
2018.09.22 Saturday

レクチャー講座

 ピアニスト小川典子氏と青柳いづみこ氏による2人のトークショー。
 今年はドビュッシー没後100年という節目の年。来週、小川典子氏の演奏によるオール・ドビュッシー・プログラムのコンサートが開催され、今回はそのプレ企画のレクチャー講座である。
 ドビュッシーの歌曲が歌手泣かせである理由、イギリスとフランスの国民性の違い、仮面をかぶった作曲家と言われていたラヴェルの逸話、コンサートでピアノ演奏が終わって余韻を味合う数秒間にすぐ拍手をさせない方策…などなど、お2人の話がとても面白く、大勢の受講者とともに終始笑いっぱなしだった。
 来週のコンサートのような、ある意味「作曲家のカタログ」のようにして特定の作曲家の作品だけを演奏するコンサートが開かれるようになったのは実は歴史が浅く、昔はまずアリアをやって、次にピアノ協奏曲の第1楽章だけをやって、次はチェロ…などというプログラムだったらしい。また、最近でもドビュッシーだけの演奏会などと言うと、あまりホールが認めてくれない場合もあるそうだ。ドビュッシー作品には静寂を味合うような曲も多いので、観客に忍耐を強いるという側面もあるのだろう。ドビュッシーの曲は沈黙している部分も音楽で、それは日本の能にも通じる。また作品の標題もポエティックなので日本人の心にもすっと入って来る。影響を受けた日本人作曲家も数多くいる、という話をされていた。
 ドビュッシーだけでなく、ラヴェルにもたくさん言及してくれていたのも嬉しかった。
 ラヴェル自身が気に入らずに廃棄してしまった作品も、今売り出せば売れていたかもしれないのにもったいない…という話も面白いが、そもそも作曲家自身は自分の作品が優れているのかどうかが分かっていないのではないか、という難しい話にもなった。また、来週の演目≪月の光≫が入っていないことを「もったいない、あれをプログラムに入れるだけでお客さん増えるのに…」という青柳氏のつぶやきにも大爆笑が起こった。確かに、≪月の光≫は演奏時間がやや長いので、アンコールにするにも長いし、かと言って本プロに入れると他の曲が入らなくなってしまう。来週の演目から、あえて あまりにも有名な≪月の光≫を外して、あの「前奏曲集」を持ってくるところは痛快である。

 私が尊敬してやまない、完璧すぎて「欠点がないことが欠点」みたいなピアノ弾きの人が以前、小川典子氏のピアノを絶賛していたので、予てから生で演奏を聴いてみたいと思っていた。その上、その方からは青柳いづみこ氏の著書「水の音楽」も頂いたので (贈り物のチョイスまで完璧だ)、今回の両名が揃った夢のようなコラボ企画を知った瞬間に速攻でチケットを取ったのだ。今日のお2人の連弾を見て聴けたのも、とても贅沢な時間だった。来週のコンサ―トも楽しみだ。週休ゼロの週が続いているのだから、ちょっとくらい癒されに行っても罰は当たるまい。

16:00 | le concert | - | - | |
2017.12.16 Saturday

Christmas charity concert

クリスマスチャリティコンサートが無事に終わった。

1. J. Sibelius Finlandia (Hp2)
2. F. Schubert Ave Maria (Fl&Hp)
3. M. Ravel Empress of the Pagodas (Hp2)
4. E.J. Bozza Image for Flute (Fl)
5. Nino Rota Sonata 1st Mov (Fl&Hp)
6. C.A. Debussy Clair de Lune (Hp2)
7. R. Rodgers Blue Moon (Fl&Hp2)
8. J. Hisaishi Princess Mononoke (Fl&Hp2)
9. R. Taki Kōjō no Tsuki (Hp2)
10. K. Yamada/ H. Kitahara Kono-Michi (Fl&Hp2&Song)

http://odawara-jigyo-kyokai.jp/e/2017/12/post-29.php

4.と5.が降り番だったので、ゆっくり聴けて良かった。
どちらも名曲だ。

3. はこれまで何度も弾いているのに、今日のリハ中、この曲の落とし穴に初めて気づいた。
中間部、全くCの音が登場しないので、Cのペダルを戻し忘れていても、相当後になってからでないと気づかないのだ。
Cが久しぶりに登場する箇所には印を入れておいた。

今回は受付に九州北部豪雨災害義援金の募金箱が設置されていた。
先週末のオケ本番を聴きに来て下さった職場の方が、福岡のために何かお役に立ちたいと、それはもう嬉しくなるような理由で今日も遠路はるばる聴きに来て下さる予定だった。ところが、昨夕の突然の出来事のため叶わなくなったとの事。
残念ではあるけれど、その温かい気持ちだけでも福岡には届いているはず…と思っていたら、今朝早く、募金だけでもしておいて欲しいという申し出があった。何と有難いことだろうか。

今日の演目は、月に関する曲が4曲も。
年末の繁忙期にも関わらず聴きに来て下さった方、募金して下さった方、福岡の人たち、コンサートを支えて下さった皆さん… たくさんのツキに恵まれますように。
来年1月2日も、光り輝くスーパームーンを見て幸先の良い新年のスタートが切れるよう、好天を願うばかりだ。

22:30 | le concert | - | - | |
2016.12.17 Saturday

クリスマス・チャリティコンサート

ハープデュオとフルートのコンサート。
プログラムは下記の通り。
1,2,5,8,9 はハープデュオ、3,4はフルートとハープ、6はフルートソロ、残りはハープ2台+フルート(もみの木は全員で合唱)である。

1. W.A.Mozart(1756-1791) / Arr. D.Burton
Theme from Piano Concerto No.21(1785) mvt.2 "Elvira Madigan"

2. Folk Song from Itsuki Village/arr. J.Molnar(1929-)
"Itsuki Lullaby"

3. E.Morricone(1964-) & A.Morricone(1928-)
LOVE THEME from CINEMA PARADISO(1988)

4. G.Fauré(1845-1924)
Sicilienne from Pelléas et Mélisande Op.78(1898)

5. G.F.Händel(1685-1759)
Lascia ch'io Pianga" from opera"Rinaldo"(1711)

6. A. Piazzolla(1921-1992)
Tango Etude No.3

7. Music by Joe Hisaishi (1950-) / Words by Hayao Miyazaki (1941-)
My Neighbour TOTORO(1988)

8. Bernard Andres(1941-)
Parvis - Cortege et danse pour 2 Harpes(1974)

9. M.Ravel(1835-1937)
Pavane de la belle au bois dormant

***
Traditional German carol / arr. D.Burton
O.Tannenbaum

3.と6.は降り番だったので、ゆっくりと聴き入ることができて至福の時を過ごせた。
技術的に難しかったのは4.で、ペダル操作がとても複雑で、憶えるのに結構時間がかかってしまった。
同じシシリエンヌでもオケ版だとこれほど出番もないし、ペダル操作もこんなに面倒ではないので、正直、当初は油断してしまっていた。
この曲もフルートの美しい旋律が心にしみる名曲であるが、今回はその音色に聞きほれず、自分も観客ではなく奏者なのだとしっかり自分に言い聞かせて弾く事に集中した。
8.は少々個性的な現代曲で変拍子の連続ながら、何とか無事にまとまった。
合わせるのもなかなかスリリングな曲であるが、やはり信頼のおける相方にうまくカバーしてもらったりして、何とかなってしまうのも合奏の楽しいところである(但し、相方の実力と底力がある場合に限る)。
2016クリスマスチャリティコンサート

23:50 | le concert | - | - | |
2016.12.10 Saturday

クリスマスコンサート

地域の子どもたちへ贈る、クラリネット、ホルンとピアノのコンサート。今回はピアノ伴奏を担当した。
「ジングルベル」は高音部での伴奏で、ペダルを踏んでも、踏まずにスタッカートで弾いてもどちらでも良さそうだったが、今回はペダル有りにした。
「ホワイトクリスマス」はコード進行にちょっと工夫が凝らされており、暗譜に時間がかかってしまった。
ふだんハープに慣れている中で、少しピアノから離れていると、時おり黒鍵と白鍵が区別できなくなってしまう。まだまだ半人前である。
アンダーソン作曲「そりすべり」は速いし音の跳躍もあるので慣れるのに時間がかかったが、今回のプログラムの中ではいかにもクラシックらしい曲で、弾いていて楽しかった。
有名な「赤鼻のトナカイ」、山下達郎の「クリスマス・イヴ」、みんなで一緒に歌う「あわてんぼうのサンタクロース」、
どの曲も有名な曲で、間違えたら目立つだろうな〜と内心では戦々恐々としていたが、子どもたちの圧倒的なパワー、「聞いて聞いて」の嵐に飲まれているうちに、あっという間に終わった。
今回もサンタ帽を被っての演奏だったが、演奏中に落っことすこともなく、頭が温かくてなかなか快適だった。

23:50 | le concert | - | - | |
2016.11.19 Saturday

アルルの女 再び

「アルルの女」は、今回ご一緒させて頂くオケでの演奏は2度目となる。
あまりにも有名なメヌエットはとくに、誰もが知っている曲ながら決して簡単な曲ではないというプレッシャーがある。
フルートも3度や4度の動きの速い部分など、決して簡単な曲ではないらしく、やはりプレッシャーであったことは想像に難くないが、前回も今回も見事なソロだった。

他の曲も、ハープは両手での速いスケールがあったり、意外とペダル操作が多かったりするので、まさに油断のならない曲である。

長年、職場の人には、私が音楽をやっていることはあまり話さないし、演奏会の案内も殆どしたことがない。
「今度聴きに行きますね」と、相手に社交辞令を言わせてしまうことになるのが面倒だからである。
しかし、なぜか本当に多忙な人に限って、社交辞令ではなく、本当に聴きに来て下さる方もいるので、そういう時はこちらも心から嬉しくなるし、音楽を続けてきて良かったとも思う。
今回も職場の方がお忙しい時間を縫って聴きにきて下さったのが、何よりもたいへん有難かった。

23:50 | le concert | - | - | |

▲top