HARP.TV

memorandum

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.09.29 Saturday

オール・ドビュッシー・プログラム

ミューザ川崎
やられた!
まさかアンコールに《月の光》を持ってくるなんて。
いや、もしかして、これってむしろお約束?

小川典子さんの演奏は想像以上に素晴らしかった。
《塔》の優しいアルペジオ、雨粒が目に浮かぶような《雨の庭》、絶え間なく変化し続ける表情を見せる《水の反映》、エチュードさながらの《運動》。《葉ずえを渡る鐘》は3声がそれぞれ独立していながら自然に溶け合っていてすごい。2つの手であれほどの鮮やかな表現が出来るとは。《前奏曲集》も圧巻、《喜びの島》も超絶技巧、弾丸のような打鍵のド迫力。

ホールには時間の余裕を持って出かけたのだが、途中、電車が止まってしまった。
乗り換え案内のサイトで迂回路を調べたら、開演時刻に間に合わない事が判明。乗り換え案内を無視して違うルートを取り、乗り換えの駅では全速力ダッシュしたら何とか開演に間に合った。最前列下手側の、ピアニストの手元がよく見える位置の席なので絶対に遅れたくなかった。
まるで機械のように正確な《西風の見たもの》の3オクターブのトレモロも見る事が出来た。 パイプオルガンに当たる照明も曲の雰囲気に合わせていた。《ミンストレル》が終わった時、3秒くらい照明が消されたのには笑った。
《月の光》の照明が、青プラス金色の2色だったのが美しかった。ふと、今年の春に亡くなった親友が《月の光》を病床で聴いていた事や、月の話をしてくれた事などを思い出した。
名曲、名演奏。聴けて良かった。

17:00 | le concert | - | - | |
2018.09.22 Saturday

レクチャー講座

 ピアニスト小川典子氏と青柳いづみこ氏による2人のトークショー。
 今年はドビュッシー没後100年という節目の年。来週、小川典子氏の演奏によるオール・ドビュッシー・プログラムのコンサートが開催され、今回はそのプレ企画のレクチャー講座である。
 ドビュッシーの歌曲が歌手泣かせである理由、イギリスとフランスの国民性の違い、仮面をかぶった作曲家と言われていたラヴェルの逸話、コンサートでピアノ演奏が終わって余韻を味合う数秒間にすぐ拍手をさせない方策…などなど、お2人の話がとても面白く、大勢の受講者とともに終始笑いっぱなしだった。
 来週のコンサートのような、ある意味「作曲家のカタログ」のようにして特定の作曲家の作品だけを演奏するコンサートが開かれるようになったのは実は歴史が浅く、昔はまずアリアをやって、次にピアノ協奏曲の第1楽章だけをやって、次はチェロ…などというプログラムだったらしい。また、最近でもドビュッシーだけの演奏会などと言うと、あまりホールが認めてくれない場合もあるそうだ。ドビュッシー作品には静寂を味合うような曲も多いので、観客に忍耐を強いるという側面もあるのだろう。ドビュッシーの曲は沈黙している部分も音楽で、それは日本の能にも通じる。また作品の標題もポエティックなので日本人の心にもすっと入って来る。影響を受けた日本人作曲家も数多くいる、という話をされていた。
 ドビュッシーだけでなく、ラヴェルにもたくさん言及してくれていたのも嬉しかった。
 ラヴェル自身が気に入らずに廃棄してしまった作品も、今売り出せば売れていたかもしれないのにもったいない…という話も面白いが、そもそも作曲家自身は自分の作品が優れているのかどうかが分かっていないのではないか、という難しい話にもなった。また、来週の演目≪月の光≫が入っていないことを「もったいない、あれをプログラムに入れるだけでお客さん増えるのに…」という青柳氏のつぶやきにも大爆笑が起こった。確かに、≪月の光≫は演奏時間がやや長いので、アンコールにするにも長いし、かと言って本プロに入れると他の曲が入らなくなってしまう。来週の演目から、あえて あまりにも有名な≪月の光≫を外して、あの「前奏曲集」を持ってくるところは痛快である。

 私が尊敬してやまない、完璧すぎて「欠点がないことが欠点」みたいなピアノ弾きの人が以前、小川典子氏のピアノを絶賛していたので、予てから生で演奏を聴いてみたいと思っていた。その上、その方からは青柳いづみこ氏の著書「水の音楽」も頂いたので (贈り物のチョイスまで完璧だ)、今回の両名が揃った夢のようなコラボ企画を知った瞬間に速攻でチケットを取ったのだ。今日のお2人の連弾を見て聴けたのも、とても贅沢な時間だった。来週のコンサ―トも楽しみだ。週休ゼロの週が続いているのだから、ちょっとくらい癒されに行っても罰は当たるまい。

16:00 | le concert | - | - | |
2017.12.16 Saturday

Christmas charity concert

クリスマスチャリティコンサートが無事に終わった。

1. J. Sibelius Finlandia (Hp2)
2. F. Schubert Ave Maria (Fl&Hp)
3. M. Ravel Empress of the Pagodas (Hp2)
4. E.J. Bozza Image for Flute (Fl)
5. Nino Rota Sonata 1st Mov (Fl&Hp)
6. C.A. Debussy Clair de Lune (Hp2)
7. R. Rodgers Blue Moon (Fl&Hp2)
8. J. Hisaishi Princess Mononoke (Fl&Hp2)
9. R. Taki Kōjō no Tsuki (Hp2)
10. K. Yamada/ H. Kitahara Kono-Michi (Fl&Hp2&Song)

http://odawara-jigyo-kyokai.jp/e/2017/12/post-29.php

4.と5.が降り番だったので、ゆっくり聴けて良かった。
どちらも名曲だ。

3. はこれまで何度も弾いているのに、今日のリハ中、この曲の落とし穴に初めて気づいた。
中間部、全くCの音が登場しないので、Cのペダルを戻し忘れていても、相当後になってからでないと気づかないのだ。
Cが久しぶりに登場する箇所には印を入れておいた。

今回は受付に九州北部豪雨災害義援金の募金箱が設置されていた。
先週末のオケ本番を聴きに来て下さった職場の方が、福岡のために何かお役に立ちたいと、それはもう嬉しくなるような理由で今日も遠路はるばる聴きに来て下さる予定だった。ところが、昨夕の突然の出来事のため叶わなくなったとの事。
残念ではあるけれど、その温かい気持ちだけでも福岡には届いているはず…と思っていたら、今朝早く、募金だけでもしておいて欲しいという申し出があった。何と有難いことだろうか。

今日の演目は、月に関する曲が4曲も。
年末の繁忙期にも関わらず聴きに来て下さった方、募金して下さった方、福岡の人たち、コンサートを支えて下さった皆さん… たくさんのツキに恵まれますように。
来年1月2日も、光り輝くスーパームーンを見て幸先の良い新年のスタートが切れるよう、好天を願うばかりだ。

22:30 | le concert | - | - | |
2017.10.22 Sunday

RAB10周年

RAB10周年の盛り上がり
いろいろあったけど、今年で10周年。保護者さんたちにとっては感無量だろう。
今週火曜日のライブに行った時、会場を出てすぐの場所でニンゲン浄瑠璃さんお二人が路上ライヴをやっていた。果たして今回のイベントにも関わっているのかな?

RAB10周年_6人揃った
やはり、一番泣けるのはここかも。
生で6人揃っているのを見られるのは貴重だ。

RAB10周年_お花も続々
多方面からのお花、差し入れの数々。いろんな人たちに愛されとる。

23:55 | le concert | - | - | |
2016.12.17 Saturday

クリスマス・チャリティコンサート

ハープデュオとフルートのコンサート。
プログラムは下記の通り。
1,2,5,8,9 はハープデュオ、3,4はフルートとハープ、6はフルートソロ、残りはハープ2台+フルート(もみの木は全員で合唱)である。

1. W.A.Mozart(1756-1791) / Arr. D.Burton
Theme from Piano Concerto No.21(1785) mvt.2 "Elvira Madigan"

2. Folk Song from Itsuki Village/arr. J.Molnar(1929-)
"Itsuki Lullaby"

3. E.Morricone(1964-) & A.Morricone(1928-)
LOVE THEME from CINEMA PARADISO(1988)

4. G.Fauré(1845-1924)
Sicilienne from Pelléas et Mélisande Op.78(1898)

5. G.F.Händel(1685-1759)
Lascia ch'io Pianga" from opera"Rinaldo"(1711)

6. A. Piazzolla(1921-1992)
Tango Etude No.3

7. Music by Joe Hisaishi (1950-) / Words by Hayao Miyazaki (1941-)
My Neighbour TOTORO(1988)

8. Bernard Andres(1941-)
Parvis - Cortege et danse pour 2 Harpes(1974)

9. M.Ravel(1835-1937)
Pavane de la belle au bois dormant

***
Traditional German carol / arr. D.Burton
O.Tannenbaum

3.と6.は降り番だったので、ゆっくりと聴き入ることができて至福の時を過ごせた。
技術的に難しかったのは4.で、ペダル操作がとても複雑で、憶えるのに結構時間がかかってしまった。
同じシシリエンヌでもオケ版だとこれほど出番もないし、ペダル操作もこんなに面倒ではないので、正直、当初は油断してしまっていた。
この曲もフルートの美しい旋律が心にしみる名曲であるが、今回はその音色に聞きほれず、自分も観客ではなく奏者なのだとしっかり自分に言い聞かせて弾く事に集中した。
8.は少々個性的な現代曲で変拍子の連続ながら、何とか無事にまとまった。
合わせるのもなかなかスリリングな曲であるが、やはり信頼のおける相方にうまくカバーしてもらったりして、何とかなってしまうのも合奏の楽しいところである(但し、相方の実力と底力がある場合に限る)。
2016クリスマスチャリティコンサート

23:50 | le concert | - | - | |
2016.12.10 Saturday

クリスマスコンサート

地域の子どもたちへ贈る、クラリネット、ホルンとピアノのコンサート。今回はピアノ伴奏を担当した。
「ジングルベル」は高音部での伴奏で、ペダルを踏んでも、踏まずにスタッカートで弾いてもどちらでも良さそうだったが、今回はペダル有りにした。
「ホワイトクリスマス」はコード進行にちょっと工夫が凝らされており、暗譜に時間がかかってしまった。
ふだんハープに慣れている中で、少しピアノから離れていると、時おり黒鍵と白鍵が区別できなくなってしまう。まだまだ半人前である。
アンダーソン作曲「そりすべり」は速いし音の跳躍もあるので慣れるのに時間がかかったが、今回のプログラムの中ではいかにもクラシックらしい曲で、弾いていて楽しかった。
有名な「赤鼻のトナカイ」、山下達郎の「クリスマス・イヴ」、みんなで一緒に歌う「あわてんぼうのサンタクロース」、
どの曲も有名な曲で、間違えたら目立つだろうな〜と内心では戦々恐々としていたが、子どもたちの圧倒的なパワー、「聞いて聞いて」の嵐に飲まれているうちに、あっという間に終わった。
今回もサンタ帽を被っての演奏だったが、演奏中に落っことすこともなく、頭が温かくてなかなか快適だった。

23:50 | le concert | - | - | |
2016.11.19 Saturday

アルルの女 再び

「アルルの女」は、今回ご一緒させて頂くオケでの演奏は2度目となる。
あまりにも有名なメヌエットはとくに、誰もが知っている曲ながら決して簡単な曲ではないというプレッシャーがある。
フルートも3度や4度の動きの速い部分など、決して簡単な曲ではないらしく、やはりプレッシャーであったことは想像に難くないが、前回も今回も見事なソロだった。

他の曲も、ハープは両手での速いスケールがあったり、意外とペダル操作が多かったりするので、まさに油断のならない曲である。

長年、職場の人には、私が音楽をやっていることはあまり話さないし、演奏会の案内も殆どしたことがない。
「今度聴きに行きますね」と、相手に社交辞令を言わせてしまうことになるのが面倒だからである。
しかし、なぜか本当に多忙な人に限って、社交辞令ではなく、本当に聴きに来て下さる方もいるので、そういう時はこちらも心から嬉しくなるし、音楽を続けてきて良かったとも思う。
今回も職場の方がお忙しい時間を縫って聴きにきて下さったのが、何よりもたいへん有難かった。

23:50 | le concert | - | - | |
2016.11.03 Thursday

超パで大合奏

超パ舞台袖にてスタンバイ

前夜のリハには参加できなかったので、今回はぶっつけ本番。
会場の都合上、椅子や譜面台の持ち込みができないということで、ハープの支柱にはコード進行だけを書いたカンペを貼っておいた。
出番が1曲だけだったので付箋1枚のカンペで済んだ次第(写真で改めて見ると付箋が結構目立ってて恥ずかしいぞ)。
いざ本番。立ったままでの演奏は少し腰に来たが、アドリヴでコードとグリサンドを弾いただけなので、何とか完了。
隣のコントラバスの方が楽器をぐるぐる回転させながら弾いていて楽しそうだったのだが、ハープはさすがに回せなかった。

SSAはありがちなコンサートホールとは間取りなどが異なるので、楽器の搬入やステージでの移動がいつもと違い戸惑ったが、多くの若い運営さんやスタッフの方々が臨機応変にテキパキ動いて下さったので本当に動きやすかった。
大勢の観客の皆さんにも元気を分けてもらった。
超パ大合奏
君に幸あれ。

23:50 | le concert | - | - | |
2016.09.03 Saturday

Xavier de Maistre ハープリサイタル

数年ぶりに、メストレのリサイタルへ。

楽器はLyon&Healy Salzedo モデル。共鳴板の下の方が曲線になっていない、直線的な形と模様。
ペダルはLyon&Healyの他のモデルと同じような形に見えた。
ステージの上には、ハープと椅子(とチューニングハンマー)だけ。
これだけ多くの難曲を全部暗譜で弾いてしまうところは実に驚くべきことである。

今回演奏された曲は、下記のとおり。

1. グリンカ:歌劇『魔笛』の主題による変奏曲 変ホ長調
Glinka:Variations on a Theme from"Die Zauberflote"in E-flat major

2. 夜想曲 変ホ長調
Nocturne in E-flat major
とてもロシア的な美しい旋律。左手がきっと弾きづらい音型なのだが…器用だなあ。

3. ペシェッティ(X.ドゥ.メストレ編):ソナタハ短調
Pescetti/X.de Maistre: Sonata in C minor
第1楽章 アレグロ・ヴィゴローソ
第2楽章 アンダンテ・エスプレッシーヴォ
第3楽章 プレスト

4. ハチャトゥリアン:2つの小品より
Khachaturyan: Two pieces
第1曲: 東洋的な踊り Oriental Dance
A音でチューニングしてすぐ弾き始めたので、一瞬、曲の最初がどこだったのか分からなくなった。

第2曲: トッカータ Toccata
共鳴板?を叩く力がしっかりしていて、二階席までとてもよく聴こえた。

5. フォーレ: 即興曲 変二長調 op.86
Faure: Impromptu in D-flat major op.86

6. E.パリッシュ= アルヴァース:大幻想曲「マンドリン」 op.84
E.Parish=Alvars: 'La Mandoline' - Grande fantasie op.84

7. A.カプレ:2つのデイヴェルティスマン
A.Caplet: 2 Divertissements
第1曲 フランス風 a la Francaise
第2曲 スペイン風 a l'espagnole
おそらく超絶難しい曲なのだと思うが、一気に弾ききった。
特殊奏法も多いし、他の曲ではほとんど聴こえてこなかったペダルチェンジの音がここでは時々すごく聴こえた。

8. ドビュッシー(H.ルニエ編):2つのアラベスクより第1番 ホ長調
Debussy/H.Renie : 2 Arabesques No.1 in G major
ピアノで弾くと中級レベルの曲でも、ハープで弾くと難しい…のに素晴らしい。

9. ベルガマスク組曲より「月の光」
Suite Bergamasque Clair de Lune
5年ほど前に飛行機の機内音楽番組でメストレのこの曲を聴いたが、今日の演奏は少し速めのテンポのように思えた(?)


10. スメタナ(H.トゥルネチェク編):交響詩『わが祖国』より「モルダウ」
Smetana/H.Trnecek: "The Moldau" from "My Country"
やはりラストはこの曲。鍵盤楽器でもないのに、このたくさんの音符をこの速さで弾けるなんて!

アンコール
・Dieudonné-Félix Godefroid (1818-1897)
  Carnaval de Venise : op.184 (1880)
  ピアノ曲を編曲して弾いたのかな(?)

・ALABIEFF, Alexandre = F.Liszt = H.Renie
rossignol
アリャビエフの歌曲のモチーフをリストがピアノ用に編曲して、さらにルニエがハープ用に編曲か(?)


終演後、ロビーでCDを購入したら、CDケースにメストレがサインをしてくれるとの事。
ロビーではおもにハイドンのCDが販売されていた。
私がロビーを出てすぐ、サインを待つ人の長ーい行列から拍手が起こっていたので、きっとメストレ氏が登場したのだろう。
本日のメストレ氏はステージではひと言も喋らなかったが、愛想もよく、ブラボーと叫びながら立ち上がるご婦人にも笑顔で手を振っていた。

23:55 | le concert | - | - | |
2013.12.15 Sunday

クリスマスコンサート

今日はクリスマスコンサートにて、くるみ割り人形を演奏。
これを弾くと心の底からクリスマス気分を味わえる。

今回は全曲版ではなく組曲の方なので、ハープは花のワルツ、いわゆる「花ワル」のみの出番となる。
「花ワル」は、"全曲版くるみ割り人形の中の" 他のハープ乗り曲と比較すると最も易しい曲だと言われているが、組曲の場合はやや長い待ち時間のあと、いきなり6th A から 2nd E までの高速アルペジオ往復に続いて長いソロなので、私にとっては何度弾いても慣れないオケ曲の一つである。

やはり冬に弾く機会が多い曲なので、寒さで体も固くなり、手も冷えて動きづらくなりがちな時に、助走もなしに速く細かい動きが必要であることも慣れない理由のひとつである。
また(この曲に限らないが)、いろいろあってネガティブな気分になっている時期だと、序曲、何とかの踊り、ナントカの踊り…(全部降り番)の待ち時間のあいだについ余計なことを考えてしまい、ネガティブな気持ちがどんどん増幅されてしまい、とても "踊るような気持ち"になどなれぬままアルペジオに突入することになってしまう。

その点で、今回の指揮者の方は良かった。ベルリンフィルかどこかのオケでは、あるコンサートの時にホルン奏者がハープのカデンツァに聴き惚れてしまい、思わずズッコケてホルンを壊してしまった…という話をされて場を和ませてくれたのも良かった。まあ、私のカデンツァの場合はみんなが別の意味でズッコケるんだろうけど(汗)。

今回はクリスマスコンサートと言う事でサンタ帽を被って演奏したが、演奏中に落っことすこともなく、ハープの木と帽子との摩擦帯電で髪が逆立つこともなく、サンタになった気分で弾くことができた。

この「花のワルツ」は、練習番号Kの短調に転調する部分から、やがて長調に戻って終盤に向けて急いていくところがとくに好きである。また、なぜだか分からないが、聴けば聴くほど、その部分がとあるソクーロフ映画の終盤へのシーンとオーバーラップしてしまう。「エルミタージュ幻想」で、華やかな舞踏会が終わり、紳士淑女たちがザワザワと螺旋階段を降りて行く中、外交官キュスティーヌの亡霊が貴婦人を追いつつも、やがて消えていき、そのまま大海原のシーンへと移り変わっていくという、美しく少し寂しいシーン。いいなあ。来年はキュスティーヌの本も読んでみたい。


演奏会が終わったちょうどその頃、別の場所で世田谷パブリックシアターのイベントステージ出場のための抽選会が行われていた。帰宅して問い合わせると、自分のグループはラッキーなことに当選していた。有難いことである。本を読む前に戦局…選曲会議が必要か。

23:50 | le concert | - | - | |

▲top