HARP.TV

memorandum

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.03.12 Tuesday

新生活

引越しシーズンで、いつもハープ運送でお世話になっている運送業者さんも忙しそうだ。今年は引越し難民が話題となり、費用も高騰していると聞く。
結構昔の話になるが、2月に会社の配属先が決まり、九州から関西まで転居した時の話。トラックでの引越しで、大きな荷物といえば机とベッドくらいのものだった。この時、ピアノを持って行くのは泣く泣く諦めたにも関わらず、引越し費用は30万円ほどもかかった。繁忙期だったせいもあるが、引越し費用は会社持ちだったので、今思えば足元を見られていたのだろう。
住居も会社の借り上げ社宅制度を使ったので、毎月の家賃も適正だったのかどうかは謎だ。マンションの共用スペースでたまたま会った、見知らぬ他の部屋の住人に家賃を尋ねられたこともあった。同じ屋根の下に住むその人も別の会社の借り上げ社宅制度を利用しており、ボラれていないか知りたいのだと言っていた。話してみるとお互いの部屋の仕様が異なっており、結論は出せなかったが、2人ともボラれていた可能性はある。
その後、関西から東京に転居した際は、JRのコンテナ便を使った。費用は前回の半分以下で済んだ。
JRのコンテナ便での引越しは、_拱をトラックで最寄のJRの駅まで運ぶ JR貨物のコンテナ便に詰み替えて貨物列車で運ぶ E承鐇茲留悗謀着 た卦錣泙任郎討咼灰鵐謄覆らトラックに詰み替えて運ぶ、という流れだった。
ハープは他の家具と同じ要領で運べた。しかしピアノだけはそうは行かず、関西と東京でそれぞれ別のピアノ運送専門業者に運送とコンテナへの積み込み、積み下ろしをお願いした。
その後も何度か転居したが、ハープの運送は比較的うまく行った。持ちにくい形状ながら重さは40kg程度なので、慣れた業者さんなら1人でも運んで下さる。
一方、苦労したのはピアノだった。一度、部屋の間口と廊下の壁までの距離が足りず、部屋に搬入できないことがあった。この時はさすがに焦ったが、腕利きのピアノ職人さんを探し出し、部屋の外でピアノを分解してもらい、部屋の中で再び組み立ててもらう羽目になった。ピアノはアップライトだったが、グランドピアノであれば脚と本体を分解できるので容易に搬入できたであろう。
引越しが多かった分、ピアノやハープの師匠と泣く泣く離ればなれになる事も多かったが、本当に良い先生ばかりだった。もうちょっと上達したら訪ねたいと思いつつ…その日はいつ来るのだろう。

2019.03.03 Sunday

アクセサリー修理


 アクセサリーの留め金具にはたくさんの種類がある。カニカンなどのフック式、丸カンと引き輪とプレートの組み合わせ、スクラブ、等々。
 短めのネックレスの場合、身体が柔らかくて手先が器用であれば、手を首の後ろに回して着脱可能であるし、金具部分を前に持ってきて目視で取り外す人も多い。しかしながら、人によってはこれがなかなか難しい。肩が上がりづらい人もいれば、近くが見えづらい人もいる。
 そこで、最近ではマグネットタイプのパーツを使ったものも増えてきている。価格も従来型と殆ど変わらないか、少し安価になるくらい。
 たまたま、ある方が2つのネックレスの金具を壊してしまい、修理をしてもらえる所を探していると仰るので、ジュエリー業者さんに見積をお願いした。すると、納期は2週間程度で、費用も数千円かかるとの事。それならばこっちでやってみようという話になり、500円程度のマグネットパーツを通販で購入し、ラジオペンチで付け替えること10分間、意外とすんなりうまくいった。
 着脱も格段にやりやすくなったと好評だ。多忙な冠婚葬祭に関するストレスが一つでも軽減されるならば何よりである。自分は購入段階からマグネットタイプにしている。このマグネットパーツ、電磁気の実験にも使えるなど、何かと便利である。

2019.02.13 Wednesday

見分け

2匹の犬
たまに、どちらが本物か分からなくなる。

2019.02.13 Wednesday

犬の識字率

犬のおしっこはだめです
犬さんには読めないらしい

2018.12.23 Sunday

いきなり!カードロック

一昨日にお店で買い物をして、某社のクレジットカードを使おうとした。
暗証番号を入力した際、1回目で失敗してしまい、エラーが出た。
2回目の入力ではうまく行った…ように思われたが、その直後に別のエラーメッセージが出て、このクレジットカードは使えないようです、と店員の方が仰った。
利用履歴や残高などは常に管理しているので、エラーの理由には全く心当たりがなかったが、あまり深く考えず、結局その場では現金で支払った。
(本当はこの時点でカード会社に電話して問い合わせるのが正しい対応だったようだ。)

そんなことはすっかり忘れていた今日、件のクレジットカード会社から電話がかかってきた。
一昨日、カードで買い物しようとしましたね?と聞かれ、はい、と回答した。
他にも、今月に入り数回、カードで買い物しましたね?と聞かれ、はい、と回答。
先週、フランスでカードを使用して買い物をされていますね?と聞かれ、はい、と回答(Fnacで本を買っただけなのだが…)。
そこまで質問が続いたあと、カード会社の人は謝罪しながら、最近カードが不正利用される事件が相次いでいるので、一昨日の買い物時にはカード利用を一時的にロックさせて頂きました。でも、不正利用されている形跡がないことがこの電話で分かったので、ここでロックは解除しました、と説明された。

こんな理由で、カードがいきなり使えなくなることがあるのだと、初めて知った。
ほんの数日間で、日本とフランスで買い物した(ように見える)点で、カード会社の独自の判断でロックされる事、果たして有難いことなのか、どうなのか。
ただ、確かに周囲の人が、カード利用明細の中に、たまによく分からない利用履歴が混じっているとか言っていたのは聞いたこともある。いずれも小さな金額ばかりなのだそうだ。本人が利用を忘れているだけかもしれないが、気付かず不正利用されている可能性もある。
休日にも関わらず、このような電話をかけ続けているのであろうコールセンターの人には頭が下がる。生活が便利になっても、犯罪は巧妙化して、別のどこかで対策のためのコストが発生する。進化し続けるキャッシュレス社会に、果たしていつまで付いていけるのか、ボケ始めている自分にはちょっと不安である。

2018.12.06 Thursday

いきなり!圏外

仮寓の契約や移動手段の確保、関係各所への連携…などで携帯を使いまくっていたら、いきなり圏外になった。
通信制限をやらかしたのかと一瞬思ったが、学割も使ってるし、大丈夫なはず。
たまたま仕事帰りだったので通り道のソフトバンクに立ち寄ったら、こちらは一言も発していないのに、スタッフの人が「通信障害です」と教えてくれた。(なぜかその人はauの法被を着ていた。)

今月は諸々の契約で、ネット決済が続いている。そんな中、周囲でPayPayの100億円キャンペーンが話題になっている。当たった♪と喜んでいる声も多く耳にした。
最初怪しげに思った自分は「よく見て。ソフトパンクとかカフーとか書いてない?」などと毒づいていたのだが、まさか本当にパンクするなんて。ソフトバンク。
現時点では通信障害と100億円に関連があるのかどうかは分からないが。

師走は慌ただしく、あえて頭の中をリラックマモードにしてあるので、契約の決済にも100億円キャンペーン使えないかな〜☆などとダラダラ考えつつもまだ決済していなかった。今回、決済関係では通信障害の影響は受けずに済んだ。携帯からのカード決済の最中にいきなり圏外になろうものなら、少なからず焦ってしまったことだろう。
(そう言えば昨年ハープを買った際、カード決済は受け付けていないと言われ(→ポイント貯めるチャンス!だと思ったのに…笑)、ちょっとドキドキしながらネット銀行で振込したものだ。楽器購入はやはり現金が売主に喜ばれるようだ。)
しかし、これほどまでにインターネットに頼っている生活をしていたら、電源と通信に不具合が起きた時点で詰んでしまう。スケジュールとお金(終活も)はアナログ管理も大切であると再認識した次第。

2018.12.01 Saturday

寓居に関する覚書

城山から桜島を望む
東京から神戸の不動産会社に問い合わせて鹿児島市のウイークリーマンションを探すのはこれで2度目となる。
前回契約したのは1年半以上前だったが、ボケが進行しているせいか費用の計算方法をすっかり忘れてしまったため、今回はここに覚え書き。

ウイークリーマンションの場合、賃料、光熱費、管理費に日数を乗じた金額に加え、清掃費、契約手数料、寝具代が契約の都度必要となる。
物件により千差万別ではあるが、例えば鹿児島中央駅至近の1Rだと、25泊で約15万円、1ヵ月契約だと16万4000円程度。28泊を超えたところで1ヵ月契約の金額を上回ってしまうようなので、27泊〜29泊の場合は月契約にした方が良さそう。
まな板や包丁などの生活用品、ドライヤーなどの家電が必要になる事もあるが、鹿児島中央駅にはビックカメラもあるので労せず買うことは可能。
近隣の東〇インやAP〇ホテルだと1泊5,500円くらいなので一見安く抑えられそうだが、ホテルの場合、洗濯や炊事がやりづらいのと、連泊する際に部屋を移動しなければならなかったりするので、荷物が多いと面倒。
ウイークリーマンションだと値下げ交渉をした事はあるが、ホテルだとそんな事はできるのか…?おそらく無理だろうなあ。

今はどうなのか分からないが、市内のバスや市電ではpasmoが使えなかったので、小銭は必須。
鹿児島は史跡も多いし、自然豊か。その上、少なくとも街で話した何人かの人はみんな心温まる人ばかりで、疲れた心には旱天の慈雨にも思えるほどだった事はよく憶えている。仮寓とは言え、やはり人的環境って大事。

2018.11.14 Wednesday

S.D.I.

はからずも、立て続けに戦争関係の話題になってしまったが、以前から気になっていた疑問
「Loudnessの名曲《S.D.I.》は、アメリカの戦略防衛構想を歌ったものなのか、それとも、ただ単に叫びやすいから名付けられた曲名なのか」。
今日、某イベントの質問コーナーにて送ったところ、意外にも採用され、何と作詞者にしてヴォーカルご本人の肉声による回答が得られたではないか!
訊いてみて良かった。感激。
そして、結論として、やはり前者が正しかった。
いや、もう、しびれました。さすが東洋の雷鳴。

この曲、ギターをやっている人も言っていたけど、テクニック面でも最高潮の曲で、難しいなんてレベルではないそうだ。納得の重厚感と迫力。

2018.08.29 Wednesday

船尾にて

Tokyo Cruise
船に乗ると、必ずこのように船尾から写真を撮ってしまう。航跡波と青い空、離れていく出発地の光景の構図が美しいからである。

折しも、航行中の船から誤って転落して無人島で2日間を過ごした人のニュースをやっていた。見ると、とても見慣れた風景がテレビに映し出されているではないか。それもそのはず、これは博多湾に浮かぶ小さな無人島・端島。市営渡船で博多港から志賀島に向かっている途中、カメラで夜景を撮影しようとして海に転落、1〜2km泳いで端島にたどり着いたそうだ。
その後、無事に遊漁船に発見してもらえたのは良かった。
そのうち、自分も写真を撮ることに夢中になり同様のことをやらかしそうで、身につまされるニュースだった。
国土地理院_CKU747
端島は福岡マリーナの真南の海上、陸地から600mほどの位置にある。
(写真の出典: 国土地理院 航空写真 1975/02/24に高度1,676mから撮影されたもの。)

2018.08.28 Tuesday

観客席から

芸劇
足掛け10年ほどご指導頂いた指揮者の先生が振る、オーケストラのコンサートへ。
3曲を除いては知らない曲ばかりだったが、ピアノありハープあり、パイプオルガンありの編成で壮観。
先生の指揮は、演奏者の立場でステージ上で見ても、観客として客席から見ても、数年の時を経てもやはり変わらず流麗だった。別世界に引き込まれてしまう。
今回の曲目の研究のため、本を10数冊も読んだそうだ。そういうストイックなところも変わっていない。
行っておいて良かった。

▲top