HARP.TV

memorandum

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.06.08 Saturday

PET-CT, MRI and CT Music

This wasn't my first time, but I'm claustrophobic, so it was like going to austere training. It's a pain to stay still for tens of minutes in that narrow tube. Every time, with teary eyes, I desperately try to escape from fear by paying attention to something else.
Fortunately the music was just being played then, so it was possible to turn my attention to it.

At the time of PET-CT, Ave Maria of Gounod and Minuit chrétiens of Adan were playing. Since I had played once all that songs, I was distracted by moving my fingers with the image of accompaniment to the song, and I was waiting for the passage of time. 
Then, after the quiet song, the baritone's song suddenly started ... It was a song I had never played, and was surprised at the sudden low voice like a moan, so I was lightly confused. Eventually, I spent my eyes tearing until the end.

Next is MRI. This is a sound like that experimental music that even erases the background music. Sounds generated by expanding and contracting the coil and repeatedly turning the switch that generates a magnetic field on and off. Probably even if the background music was heavy metal, we would not be able to hear the music sound.
Therefore, this time, while paying attention to relaxation music in which the birds singing, ocarina, and guitar, I took the strategy of taking notes of mechanical sounds and counting the numbers to distract them. It would be fun if I could make it into the score, but it was quite a difficult task because I was wondering how many beats, what beats, and where the bars were separated. By the way, not all sounds were counted, but the sounds of D, F, G, and B were often appeared.
It would be fun if a MRI sound that would be played on the score and hummed, put a fill or accompaniment to make it a beautiful song lol. On the type of sound, at least it would not be able to be a healing music.


2019.03.03 Sunday

Accessory repair

 There are many types of accessory fasteners. Hook type such as lobster clasp, combination of round clasp, spring clasp, etc.
 In the case of a short necklace, if the body is flexible and the hands are dexterous, you can put your hands on the back of your neck and put them on and take them off.  However, this is quite difficult for some people. Some people have difficulty raising their shoulders, while others have difficulty seeing nearby.

 Therefore, recently, magnet type parts are increasing. The price is also a little cheaper than the conventional type.
 An acquaintance broke the metal parts of two necklaces. She was looking for a shop to have it repaired.

 I asked some jewelry shops for a quote. They said the delivery time is about two weeks, and it costs thousands of yen.  Therefore I decided to try it myself. I bought  magnet parts for about 500 yen by mail order and replaced parts using round nose pliers. It was completed in 10 minutes.
 Magnet type parts are very popular because much easier to put on and take off. Best of all, all the stress associated with a busy ceremonial occasion is relieved. 
 I always choose  the magnet type. This magnet part is very convenient because it can be also used for electromagnetic experiments...lol.


2018.12.06 Thursday

いきなり!圏外

仮寓の契約や移動手段の確保、関係各所への連携…などで携帯を使いまくっていたら、いきなり圏外になった。
通信制限をやらかしたのかと一瞬思ったが、学割も使ってるし、大丈夫なはず。
たまたま仕事帰りだったので通り道のソフトバンクに立ち寄ったら、こちらは一言も発していないのに、スタッフの人が「通信障害です」と教えてくれた。(なぜかその人はauの法被を着ていた。)

今月は諸々の契約で、ネット決済が続いている。そんな中、周囲でPayPayの100億円キャンペーンが話題になっている。当たった♪と喜んでいる声も多く耳にした。
最初怪しげに思った自分は「よく見て。ソフトパンクとかカフーとか書いてない?」などと毒づいていたのだが、まさか本当にパンクするなんて。ソフトバンク。
現時点では通信障害と100億円に関連があるのかどうかは分からないが。

師走は慌ただしく、あえて頭の中をリラックマモードにしてあるので、契約の決済にも100億円キャンペーン使えないかな〜☆などとダラダラ考えつつもまだ決済していなかった。今回、決済関係では通信障害の影響は受けずに済んだ。携帯からのカード決済の最中にいきなり圏外になろうものなら、少なからず焦ってしまったことだろう。
(そう言えば昨年ハープを買った際、カード決済は受け付けていないと言われ(→ポイント貯めるチャンス!だと思ったのに…笑)、ちょっとドキドキしながらネット銀行で振込したものだ。楽器購入はやはり現金が売主に喜ばれるようだ。)
しかし、これほどまでにインターネットに頼っている生活をしていたら、電源と通信に不具合が起きた時点で詰んでしまう。スケジュールとお金(終活も)はアナログ管理も大切であると再認識した次第。

2018.11.14 Wednesday

S.D.I.

はからずも、立て続けに戦争関係の話題になってしまったが、以前から気になっていた疑問
「Loudnessの名曲《S.D.I.》は、アメリカの戦略防衛構想を歌ったものなのか、それとも、ただ単に叫びやすいから名付けられた曲名なのか」。
今日、某イベントの質問コーナーにて送ったところ、意外にも採用され、何と作詞者にしてヴォーカルご本人の肉声による回答が得られたではないか!
訊いてみて良かった。感激。
そして、結論として、やはり前者が正しかった。
いや、もう、しびれました。さすが東洋の雷鳴。

この曲、ギターをやっている人も言っていたけど、テクニック面でも最高潮の曲で、難しいなんてレベルではないそうだ。納得の重厚感と迫力。

2018.08.29 Wednesday

船尾にて

Tokyo Cruise
船に乗ると、必ずこのように船尾から写真を撮ってしまう。航跡波と青い空、離れていく出発地の光景の構図が美しいからである。

折しも、航行中の船から誤って転落して無人島で2日間を過ごした人のニュースをやっていた。見ると、とても見慣れた風景がテレビに映し出されているではないか。それもそのはず、これは博多湾に浮かぶ小さな無人島・端島。市営渡船で博多港から志賀島に向かっている途中、カメラで夜景を撮影しようとして海に転落、1〜2km泳いで端島にたどり着いたそうだ。
その後、無事に遊漁船に発見してもらえたのは良かった。
そのうち、自分も写真を撮ることに夢中になり同様のことをやらかしそうで、身につまされるニュースだった。
国土地理院_CKU747
端島は福岡マリーナの真南の海上、陸地から600mほどの位置にある。
(写真の出典: 国土地理院 航空写真 1975/02/24に高度1,676mから撮影されたもの。)

2018.08.28 Tuesday

観客席から

芸劇
足掛け10年ほどご指導頂いた指揮者の先生が振る、オーケストラのコンサートへ。
3曲を除いては知らない曲ばかりだったが、ピアノありハープあり、パイプオルガンありの編成で壮観。
先生の指揮は、演奏者の立場でステージ上で見ても、観客として客席から見ても、数年の時を経てもやはり変わらず流麗だった。別世界に引き込まれてしまう。
今回の曲目の研究のため、本を10数冊も読んだそうだ。そういうストイックなところも変わっていない。
行っておいて良かった。

2018.08.28 Tuesday

備忘録(東京→UTへの郵送)

東京から米国のユタ州へ、小さな荷物を普通郵便で郵送した。
投函したのが8/10、貼ったのは確か140円切手。当然、補償も付かないし追跡もできないが、一か八かやってみた次第。
結果、無事に宛先に到着したのが、現地の8/24午前中だったようだ。投函から到着まで2週間程度ということになる。

日本郵便からのお知らせ(7/27付)で、「アメリカあて郵便物(一部地域あて)に関するお届け遅延について」によると、ユタ州はEMSの送達が遅延するおそれがある地域となっているようだ。「アメリカUSPS(米国郵政公社)の郵便局における処理の遅延の影響」という事情らしい。同時に、同地域から差し出される日本宛ての郵便物についても、同様に遅延する可能性があるとの事。
それにも関わらず、今度は前回と同じサイズの荷物をEMSで発送してみた。小さな箱なのでEMS伝票が貼れず、仕方なくA4サイズの封筒に入れて送付。料金は2,000円かかった。
そして、先ほどEMS追跡をしてみた。
JPN→UT EMS追跡

無事に税関を通過、宛先に到着したのが現地時間の8/27午前。
他局転送というのが気になるが、宛先の局を取り違えでもしたのだろうか。いずれにせよ、結果として1週間で届いたことになる。通常であればもう少し早く到着するはずなので、やはり今も遅延は解消されていないのであろう。

2018.08.15 Wednesday

お盆

今年のお盆はいつになくしんみりしてしまったが、ニュースなどを見ていると元気づけられるような事案も。
ボランティアの方が、3日間行方不明だった2歳の子を発見した話はすごいな。
並外れた体力、精神力もさることながら、ゆるぎない信念と溢れる愛。
何事も、長く続けてきて初めて見えてくる世界があるというのは分かるのだが、それを人のために活かす姿が素晴らしい。
今回の事で話題になったからと言って、必要以上にマスコミに追いかけ回されてほしくはないが、これまでの生涯を知りたい気もする。
昔ここでも書いたハープ職人さんや、広島長崎で二重被爆した山口彊さん(今はお孫さんが語り部をやっているそうだ)、時代はかなり遡るが、三毛別羆事件の伝説のマタギ…いずれも故人だが、記憶に残るスーパーお爺さんだ。

2018.05.24 Thursday

お皿

maison landemaine 20180524
外交史料館では今日は収穫ゼロだったが、帰りに寄ったMaison Landemaineの新種のハーブティーはなかなか良かった。
このお皿の登場人物がよく分からない。椅子に座っているのが父母で、その傍が娘?
考えてみれば、お皿にストーリー性がありそうな絵が描かれている事はあるが、そのストーリーや作者の思い、意図などに関してはどこにも記載がなかったりするのは少し残念である。

2018.04.15 Sunday

月の光

ピアノ原曲も決して簡単な曲ではないが、ハープだとどうしてもスピードが落ちてしまう。中間部のペダルチェンジがなかなか覚えられない。
和音をアルペジオにするかセッコにするかも、悩ましい。
ハーモニクスが決まればとても美しく効果的だけど、外した時の"これじゃない感"は大きい。
ハープで弾くフランス作品は、ペダルチェンジがまるでゲームのようなものばかり。心臓に良くない。しかし、きちんと弾ければハープの魅力が存分に発揮できる。

突然の悲しい報せがあった夜から、早いものでちょうど3週間が経った。
あの日以来、今までと同じであるはずの見慣れた風景が、まるっきり違って見えるようになった。
昨夏のコンサートでは、ステージが真正面に見える客席から笑顔でずっと見守ってくれていたのが分かり、この奇跡はあと何十年も続くのだと信じ込んでいた。

その時弾いた演目のうち、Debussy(Salzedo編)「月の光」1曲だけを携帯に録音し、病床でも時々聴いていると言っていた。
ヴェルレーヌの詩にインスピレーションを得て作曲された「月の光」は、仮面の下に秘められた道化の悲しみが美しい月の光にとけ込んで行く様子を音楽にしたものだという。
底抜けに明るく、絶望という言葉を知らないのではないかというほど前向きだった。死ぬことが怖くないとも言っていた彼女も、実は深い悲しみを隠していて、それを示唆していたのかもしれない。
そう考えると、「月の光」も、今まで慣れ親しんできたのとは全く違った曲のように聴こえてくる。

▲top