HARP.TV

memorandum

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.08.01 Thursday

Letter written 151 years ago

It was more than five years ago that I heard that the University of Cambridge archives contained only one letter written by my ancestor.
The business letter was written from Kobe to Hong Kong, and the original document cannot be viewed because it is contained in microfilm.
The time flyed. Just a week ago I had noticed copy  was available online.
According to the email from the person in charge of archiving, after ordering the copies, it will take about 10 business days to receive the estimated price, and then it will take about 30 days to receive it. However, I received it in less than a week.
The response was quick and efficient, and the flow was too bright and dazzling.
The day after tomorrow, I had to participate at an orchestra concert, but I put off my own practice and opened the TIFF file with excitement.
The TIFF image was very clear with no stains or faintness.
But ... I couldn't decipher!
Although it is a handwritten cursive script, there are many places that cannot be read. That should have been the case, and when I looked closely, it was writtten in English in German cursive.
Of course, it's not the only reason I couldn't read it. Is the letter of my ancestor a good handwriting? I'm not sure if it's rough or not, but I couldn't read it because of the habit. I could read the letters of the other business partners I ordered.
The beginning of the letter reads January 4, 1868. In other words, it is a letter written three days after the opening of Kobe Port. At that time, the port had just opened, and there should have been only 3 shipping docks, 3 docks and 3 warehouses around Kobe Port. Where in Kobe did my ancestor write this letter?
The project currently being carried out by sending emails with US people in the middle of the night is being developed mainly in the UK. Actually I wanted to develop it in Germany, but it seems that Germany has very strict laws about protecting personal information and various difficulties.
Although there are limits to what I can do on my own, it is encouraging to have people who can cooperate.
 Speaking of which, the person from D University  who made an inquiry in the past kindly cooperated with me, and although I could not solve the problem after all, I was very moved because they were so kind. On the other hand, I recall that a certain R university was disgusting.
It seems that each university has its own style. Of course, it may depend on the person in charge.

 

The content of the Web site is so rich that I fell in love with digital data. I am very impressed with the photos of the Kobe settlement.

https://cudl.lib.cam.ac.uk/view/PH-Y-30377-C/72


23:55 | histoire | - | - | |
2019.04.27 Saturday

Bone Music

レントゲン写真レコード
Today, on the opening day.
When Russia was still the Soviet Union, the state severely censored and controlled all cultures, including music. Western cultures such as jazz and rock, and sometimes even some Russian music, were completely eliminated.
Nowadays, a world where you can listen to music from anywhere in the world 24 hours a day, anywhere with a mobile phone or a PC is unimaginable.
In the USSR, radiographs that were no longer needed at the hospital were cut out into circles, the grooves were dug into them, and the music was recorded in secret. It is said that the person who discovered the production was mercilessly imprisoned.
In addition, I could enjoy many exhibits that are rarely seen, such as plastic and postcard records, various sonosheets, and satirical posters.
Even if the historical background is different, even if the information is controlled and the environment is inconvenient, there is a desire to touch music with everything, even in the Kankara Sanshin in Okinawa, I think.
I was surprised that the actual sound of the X-ray record was much clearer than I had imagined.


bonemusic展  


17:00 | histoire | - | - | |
2019.04.02 Tuesday

Miura Anjin (William Adams)

The news that a human bone excavated at the Miura Anjin(三浦按針) Cemetery in Sakikata Park, Hirado City, Nagasaki Prefecture, was identified as a European male by mitochondrial DNA analysis.

The real name of Miura Anjin is William Adams, and in 1600 he was washed ashore in Usuki City, Oita Prefecture by the Dutch ship Liefde, and was used as a diplomatic adviser of Ieyasu Tokugawa. It is said to be the first Englishman to come to Japan. In 1620, he died without returning to his homeland.
According to Hirado City survey team, of the 70 foreigners who died in Hirado from 1561 to 1640, 10 were British and Dutch including Miura Anjin, who died between 1590 and 1620. 
According to the DNA analysis, their death dates were the same, and the possibility that it was a grave of Miura Anjin increased.

In the first place, the process leading to the excavation of the tomb has not been clarified. However, it is true that the descendants of Anjin Miura are being sought. Therefore, it is clear that Anjin Miura is an important person who is the subject of the research.
Anjin Miura seems to have had a son Joseph and a daughter Susanna with a Japanese woman Oyuki.

In other words, there may be their descendants somewhere in Japan today. However, his son Joseph had never been married. Also, Anjin Miura was married in Britain before he was adrift in Japan, and he has two children, and his wife's name is also known. It may be able to search from that roots as well.
However, assuming that there are descendants of Miura Anjin today, his blood is at most 1/2048. Even if multiple offspring are found, it should be related to more than 10th cousin. It is difficult to find offspring scientifically because it is not possible to identify the person responsible for Anjin Miura even by DNA analysis, and the Japanese wife of him is not well known.

When we look at the website of a certain DNA analysis service, there are two patterns that most people say "Japanese 100%" and "Japan 95%, China, Asia, etc." it seems like. Many Japanese Americans whose DNA is completely Japanese, even if their nationality is Western, were seen. So, if there is a person with a ratio of Japanese to Westerners of 1: 0.000488125 in the future, there is a slight possibility that it is a offspring of Miura Anjin…, but it is still quite unlikely.


23:55 | histoire | - | - | |
2019.03.09 Saturday

Arthur Hesketh Groom

 I visited the grave of Arthur Hesketh Groom(1846-1918, the Englishman) who was said to be the founder of Mt. Rokko.
He made the first golf course in Japan.
Mr. Groom's tombstone stood side by side with his wife's grave, standing swiftly toward the vast blue sky.

 Today is not the Bon Festival or the equinoctial week, but the flowers attached were still fresh, indicating that there were frequent visitors even compared to the vast majority of the surrounding graves.
 It is written on the grave:

明治元年自英国来朝為茶商営海外貿易四十余年齢及五十開拓六甲山送余生焉大正七年一月九日逝享年七十三歳

 Surrounded by mountains and forests, the vast 207ha graveyard is divided into 38 plant-named cemeteries. Mr. Groom's grave and my ancestor's two graves are different grave areas, so I had to travel a considerable distance.
 Although it's a little bit strange, my ancestor's grave is in the grave area called "Mokusei".
 "Mokusei" is not a Jupiter, but a sweet olive.
 However, for some reason, it has been handed down from generation to generation as "Jupiter", and the text also says "Jupiter" in fine calligraphy.

 The ancestors who believe that they are buried in the "Jupiter" graveyard...
 If we try to assign the names of the celestial bodies of the solar system to 38 places, we will have to use, for example,"Titan" or "Karon" etc because we will not have enough planets and dwarf planets. I wonder why no one noticed... lol. 


23:55 | histoire | - | - | |
2019.02.03 Sunday

C.J.Textor

When I was almost stuck with the foreign settlement survey, I came across a good document after a long time.
C.J. Textor (1816-1891), which had many mysteries and few materials, was an excellent chemist and botanist, and the scientific name of a plant also had that name. Came to Japan, had a hard time with Siebold's severe demands, and it was none other than the first to introduce Japanese tea as a product overseas.

I expected that the Siebold documentation had a description of C.J.Textor. However, did not confirm Dutch historical materials.

Siebold learned from Professor Cajetan van Textor(1782-1860), who is famous for surgery for cataracts and osteotomy. 
That Goethe(Johann Wolfgang von Goethe(1749-1832)), his wife also has a surname of Textor (which is not related to C.J.Textor). 
There are a lot of surnames in Germany. I also found a website with a description such as "Siebold's supervising professor came to Japan to collect plants, and his name became the one of the plant", but this description is incorrect is there. There are so many Germans who have the same family name, so we should pay close attention to surveys once again .

A plant named after the Textor (Binomial name: Impatiens textori). When the fruits of the Impatiens mature, they burst and spread the seeds even with a slight touch. For this reason, the Latin word impatiens is unbearable. There is also a theory that leads to the flower word "Don't touch me". 

Textor is also one of the few people who has very few lifetime information. Originally from Frankfurt, he studied chemistry and botany at the University of Rotterdam before heading to East India. 
Many of the main members in the latter half of the Textor & Co. that he established were from the regions close to the Netherlands in Germany. I wonder if we can find a clue to solve the mysterious.


22:30 | histoire | - | - | |
2018.12.23 Sunday

お雇い外国人ポール・セーゲル

1869(明治2)年に来日した、海軍省のドイツ(プロシア)人技術者、ポール・セーゲル(Paul Seger。 Seegerとも)。日本の文献にはセイガイ、セーカ、など、いろいろな表記で書かれている人物のようだが、本当にこれら全てが同一人物を指しているのかどうかは調べきれていない。

Meiji Portraitsのサイトによると、下記の事が書かれている。
==
R. Menger の代わりに来日したセーゲルは、横浜居留地163番の Mengerのオフィスで働いた。1871年にGeorg Adolf Greeven が来日したとき、築地居留地14番に Greeven, Seger & Co.を設立した。
1872年、セーゲルは教師として日本政府との雇用契約を締結。1873年には会社を解散して、E.Knipping と彼の前のパートナーG.A.Greeven は彼の同僚となった。
セーゲルは1872年10月1日、6ヶ月間ドイツ語教師として文部省と契約、後に開成学校で力学を教えた。契約は延長され、契約が終了したのは1874年4月30日のことだった。
外国人従業員のリストには、セーカ という記載のものがある。これは P.Seger だと考えられている。この仮定に基づくと、彼は1874年9月10日から1年間、海軍省に造船技師として雇われ、鹿児島で仕事をした。
彼がその後も日本にいたという記録はない。彼はペルーに農場を所有していたが、暴動で撃たれ、悲劇的な最期を遂げたと言われている。
==
日本語の文献でセーゲルらしき名前が登場するのは、下記の通り。

■藤永田278年 藤永田造船所編 1967年出版
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I014226795-00

■藤永田278年補遺 永田常次郎 著 2001年出版
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002995787-00

■太政類典第2編第68巻外国交際11外入(明治7)9月10日 (国立公文書館デジタルアーカイブ)
件名: 鹿児島県下製造所ニ於テ孛人セーカ雇入
「海軍省鹿児島県下製造所に於いて諸艦船修復のため外国人セーカを雇入」

海軍省上請
"外国人セーカ右は造船家の者に候 鹿児島県下当省所轄製造所に於いて臨時諸艦船修復のため同所へ差遣し置き度候て此際年限1カ年と相定め給料1カ月200ドルを以て相雇度候至急御許容被成下度此段上請仕候也9月5日"(以下省略)

http://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?XSLT_NAME=frame&NO=54&BID=F0000000000000000415&IS_STYLE=default&IS_TYPE=PDF&LANG=default&ID=M0000000000000845594&act=&GID=&IMG_FLG=&TYPE=AJAX

■東京都「都市紀要4」より 築地居留地31番 ビ・セーゲル
「明治5年7月10日より 独 ビ・セーゲル 海軍省」との記載あり。

「築地にあった洋式造船所の位置図」(明治5〜16年頃)
海軍製鉄所の隣に "セイガイ木下造船所" が存在。

■「日の丸船隊史」より神戸丸(電信丸)の消息
邦人の手で造られた鉄船としては、明治4年佐渡の戎港で新潟税関が外国の設計による鉄船新潟丸(64総頓)を造り、その翌年2月には大阪の川崎新田で興讃丸(121総頓) 同6年には東京築地のセイガイ木下鉄工所で神戸丸(251頓 後に電信丸と改称)ができ、さらに明治14年には阿波の徳島で効鉄丸(108頓)が造られた。

23:00 | histoire | - | - | |
2018.11.14 Wednesday

Tribunal militaire international pour l'Extrême-Orient :70 ans après

先日WWI終結100年の話を書いたばかりだが、今日はある人が東京裁判終結70年に関する新聞記事を送ってくれた。
文官としては唯一、A級戦犯として裁かれ露と消えた廣田弘毅。福岡県出身で初めて首相となった人物なので、このブログでも以前書いていた事を覚えていてくれていたらしく、とても有難い。
その記事には、廣田氏のお孫さんのコメントが写真入りで掲載されている。容貌がお祖父さんにとてもよく似ておられる。
城山三郎氏の「落日燃ゆ」で描かれた祖父の印象が世間では強かったようで、幼少の頃に学校で理不尽な目に遭ったりはしていなかったという。

絞首刑を宣告された7名は、2つのグループに分かれて、その時を迎えていた。
廣田弘毅は2番目のグループにいた。
ふと、1番目のグループの誰からともなく、万歳三唱をしよう、という話が持ち上がり、その万歳の声は2番目のグループの皆の耳にも届いてきた。
やがて、1番目のグループの刑が執行された。次は2番目のグループの番だ。

教誨師の花山氏に廣田は言った。
「今、漫才をやっていたでしょう?」
花山氏「いえ、そのようなものはやっておりません」

仏間に入り、読経のあと、廣田はまた言った。
「このお経のあとで、漫才をやったのではないか」
花山氏は、ああ、万歳ならやりました。それでは、あなたがたも、ここでどうぞ、と促した。

廣田は「あなた、おやりなさい」と、傍にいた別の者に促し、廣田は万歳には決して加わらなかった。

万歳を叫び、日の丸を押し立てて突き進んで行った先には何があったのか。
この期におよんでも、なお万歳を叫ぶのは、もはや漫才でしかないではないか…
廣田の痛烈な、最後の皮肉であった。

城山三郎「落日燃ゆ」にはこんな一節があったと記憶している。
実際にこのような会話のやりとりが行われたのかどうかは、定かではない。
廣田弘毅は、若い頃は駄洒落を飛ばすことも多く、その親父ギャグあふれる皮肉を散りばめた、数々の句が残されている。
後年は「自分のやってきた仕事が自分の全てであり、何らかの手記や辞世の句、遺言などを残すつもりはない、自然に生きて自然に死ぬまでだ」と、述べ、それは、若い頃から親しんできた、禅や論語のような東洋思想に基づく、彼なりのやり方なのであろう。
ともあれ「漫才」に関しては時々、議論にもなっているようだ。

廣田弘毅の長男の話では「父は一流の男でした。父はそういう冗談を言うような人ではなかった。」との事。
しかし、自分の父親の、家庭の外側での顔というものを理解している息子は、果たしてどれほどいるものなのだろうか。
また、別の文献では、博多弁では「万歳」を訛って「マンザイ」と言うのではないか、という仮説に基づき検証していたが、どうもはっきりしない結論に終わっていたようである。
個人的には、博多弁でそういう訛りがあるかというと、それはちょっと違うような気がする。ただ、どの地方にも年配の人や、鼻にかかったような声を出す人の中には、「バ」が「マ」に聞こえるような発音の人もいる。

別の視点から、花山教誨師と廣田氏との軋轢(というほど大袈裟なものではないにしても)を挙げる研究家もいる。宗教や思想上の考えの違いから、双方が相容れないものを感じていたため、花山氏が廣田氏について語っている部分には、「漫才」の話も含め、事実と異なる部分もあるのではないか、というわけである。こればっかりは、もう今となっては調べる術もない。

結局、謎は謎のままということにするしかないのかもしれない。70年も昔の話である上に、刑場での会話など状況が特殊すぎて、検証できなさそう。
(注: 2006年夏に出版された、小林よしのり著「いわゆるA級戦犯」によれば、廣田弘毅がこんな駄洒落を言うような人間だったならば、東京裁判で「軍が悪い」と証言したはずである、という説を展開している。そう言われてみれば、そうかもしれない。)

ある伝記には、執行に立ち会ったアメリカ人の談話として「廣田はまるで神のようだった。毅然として黙々と死の階段へと赴いた。その姿があまりにも神々しかったのが、今でも忘れられない」ともある。
この話も、本当に事実なのかどうかは不明だが、この手の伝説が作られやすいというのも、廣田弘毅のひとつの特徴のように思えてならない。

本題からは離れてしまうが、疑問がもう一つ。
この理不尽な顛末の直後、刑場からは、大変美しい音楽が流れてきていたと言われている。
この曲はいったい何だったのか、そもそもクラシック曲なのか日本の流行歌なのか、音楽好きとしては非常に興味深いところであるが、どこにもその曲に関する具体的な記述はない。
とても知りたい。大変美しい音楽というのが気になるところ。

00:00 | histoire | - | - | |
2018.07.30 Monday

Emil Wiegand 覚え書き

麒麟麦酒の前身となった、スプリング・バレー・ブルワリーの設立に関与したドイツ人醸造技師エミル・ヴィーガント(Emil Wiegand)に関する覚え書き。
ノルウェー生まれのウィリアム・コープランド (William Copeland 本名はヨハン・マルティニウス・トーレセン Johan Martinius Thoresen 1834-1902)というアメリカ人が、エミル・ヴィーガントというドイツ人とともに、横浜山手のきれいな泉の沸く天沼のほとりにビール醸造所を設立、「スプリング・ヴァレー・ブルワリー(泉の谷醸造所)」と命名した。これが日本最初のビール工場であり、通称、天沼ビールと呼ばれる製品を世に送った。

このヴィーガントという人物、コープランドと比較しても、生年や人となりを示すデータがなかなか見つからない。(そもそも、同姓同名が多すぎる。せめて生年だけでも分かれば絞り込めそうなのだが。)

文献を追ってまとめると、
 ドイツ南部、オーストリアとの国境に近いバイエルン地方(英語読みではババリア)にて出生(生年不明)
→横浜山手46番 ジャパン・ブルワリーの支配人兼醸造技師として米国で契約
→1869(明治2)年ヴィーガント来日。「ジャパン・ブルワリー」(日本で最初のビール製造)創立者G・ローゼンフェルトは技師ヴィーガントを招いて山手46番地で醸造を開始。その後間もなく、会社をL・クラインに委譲。
→ヴィーガント退職
→1870(明治3)年、山手68番に「ヘクト・ブルワリー」設立、J・B・N・ヘクトがヴィーガントの参加を得て営業
→解雇され、再び米国へ渡る(正確な年は不明)
→2年後、来日(正確な年は不明)
→1874(明治7)年「ジャパン・ブルワリー」廃業
→1875(明治8)年「ヘクト・ブルワリー」廃業
1875(明治8)年 ヴィーガントの賃借経営で「ババリア・ブルワリー」開業
→1876(明治9)年 ヴィーガントとコープランド、「スプリング・ヴァレー・ブルワリー」を共同経営。6月16日、広告を出す。
スプリング・ヴァレー・ブルワリーという醸造所はコープランドとヴィーガントの合名による工場であった。ヴィーガントは山手68番のヘフト醸造所に雇われたこともあり、のちにコープランドの醸造所に移り、おそらくは資金面を負担したものと見られている。
→1879(明治12)年、両者は不仲となり、ヴィーガントがアメリカに帰国。夏に米国総領事裁判所に組合解散の申請
→1880(明治13)年解散
→1884(明治17)年、単独経営となったコープランドは営業不振になり、番頭のイートンとの間にも訴訟沙汰が起きて 「スプリング・ヴァレー・ブルワリー」倒産

→1885(明治18)年、トーマス・ブレーク・グラバーの支援を受け、スプリング・バレー・ブルワリーは日本人投資家に売却され、ジャパン・ブルワリーとなる
→1888(明治21)年、ジャパン・ブルワリーは明治屋と一手販売契約を締結し「麒麟ビール」の販売を開始

コープランドは、後に日本人女性と再婚、自宅のビアガーデンを経営しながら、東京の磯貝麦酒醸造所の技術指導を行う。1893年に日本を後にし、グアテマラシティで商売を始めるが上手く行かず、1902年1月には日本に戻り、横浜の石川町に居を構えるが、翌2月には没することになる。コープランド夫妻の墓は横浜外国人墓地に建てられた。
スプリング・バレー・ブルワリーの跡地は横浜市立北方小学校となっている。ジャパン・ブルワリー社の後身である麒麟麦酒社の横浜工場、横浜支社では、コープランドの命日である2月11日と6月、墓前で、最新のビールを供えて、墓前祭が行われているそうである。

とりあえずディレクトリ関係をざっと見てみると
・1861-1874 記述なし
・1875 Bluff Directoryに以下の記述
Yamate#68 Hegt's Brewery
     F.Harryman , C.Priebee , Captain Purvis, R.N.,
Yamate#122 Spring Valley Brewery
Yamate#123 W.Copeland

Yamate#68の項には
N.J.B.NorrdHock Hegt(Absent)
Eyton, J.L.O
Harryman.F
Priebee.C
Thomsen.C
とある。

・1876 Yamate#68にWiegandの名前 "Ue-Gando"の名前
・1877 Yamate#123にWiegandの名前
・1878 Yamate#122 Spring Valley Beer Gardens
Yamate#123 Spring Valley Brewery
W.Copeland
E.Wiegand
C.A.Ronwick
J.L.O.Eyton
・1879 Yamate#123 Spring Valley Brewery
W.Copeland
E.Wiegand
・1880 Yamate#122 E.Wiegand
Yamate#123 W.Copeland
尚、1879年、1880年にはLadies Directory に、Yamate#122 Mrs.Wiegandの記述がある。
相方のコープランドには日本人妻がいたが、ヴィーガントは妻を伴って来日したのか、日本人妻なのかどうかも不明である。

Jeffrey W. Alexanderの著書「Brewed in Japan: The Evolution of the Japanese Beer Industry」でも、Wiegandの情報が少ない事に言及している。 J.D.Eyton がコープランドに宛てた手紙の末尾に「Many thanks for information about Wiegand」との記述があるが、消息はこの文章からは当然読み取れない。

22:00 | histoire | - | - | |
2018.06.04 Monday

マイクロフィルムは断念

ここ最近不調だったが、やはり6月に入り回転性の目眩がひどくなり、朝起き上がるのに勇気がいる。まるで船酔いしているようだ。駅のホームでは走る電車に吸い込まれそうになる。PC画面のスクロールも含め、動く物を見ると目が回るので見ないようにしている。
週明けに薬をもらえたので、そのうち真っ直ぐに歩けるようになる…はず。
でも、暫くのあいだマイクロフィルムの閲覧は難しそう。ただ、よくよく調べてみると戦前の旅券下附記録は事前に申請しておけば、原本を外交史料館に取り寄せる事も可能との事ではないか。知らなかった。時間と手間はかかるけど、紙の方が一覧性が高いし、必要なページを印刷する時だけマイクロフィルムを使えばいいのだ。なぜもっと早くこの事に気付かなかったのだろうか…。

14:00 | histoire | - | - | |
2018.04.27 Friday

外務省記録2

先日に続き、今回は2日連続で外交史料館へ。
昨日は受付の人に顔を覚えられていた。
それはともかく、懸案の1つだった吉田忠七氏のデータは昨日、いとも簡単に見つけることができた。
もう一つの懸案事項は、マイクロフィルムを計50巻、それぞれ1,100コマずつあるとして、ざっと55,000コマ調べることになりそうだ。
時間を見つけて小まめに通うしかない。
目眩の薬を多めにもらいに行かなければ。


史料館の近所にある MAISON LANDEMAINE のパッションティーが美味しい。
スタバのより渋みが少ない。
クロワッサンの種類も多くて楽しい。
広い店内はWIFIも使える。客に日本人が少ない。聞こえてくるのは英語ばかり。
3日とも立ち寄ってしまった。当分こっちにも通うことにしよう(笑)
MaisonLandemaineのフレーバーティ

18:00 | histoire | - | - | |

▲top