HARP.TV

memorandum

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008.10.25 Saturday

Les Graciosos de RAVEL 10

Exécution du piano "Bösendorfer Impérial" !

1. Maurice Ravel (1875.3.7 – 1937.12.28)
Prélude (1913)

2. Felix Mendelssohn (1809.2.3 – 1847.12.4)
Romances sans paroles Op.19-1 "Sweet Remembrance" (1832)

3. Improvisation (par le joueur lui-même)

2008.01.13 Sunday

Les Graciosos de RAVEL 8

2008年第1弾の演奏会を開催しました。
好天に恵まれラッキーでした。

Edward Elgar (1857.6.2 – 1934.2.23)
1. Salut d'Amour (1888)

Maurice Ravel (1875.3.7 – 1937.12.28)
2. Prélude (1913)

Wolfgang Amadeus Mozart (1756.1.27 – 1791.12.5 )
3. Fantaisie en ut mineur, KV 475 (1785)

Claude-Achille Debussy (1862.8.22 – 1918.3.25 )
4. Le Coin des enfants (1906-1908)
  Docteur Gradus Ad Parnassum
  Serenade a la poupee
  La neige danse
  Golliwogg's cake-walk

5. Improvisation "a la maniere de RAVEL"

2007.12.01 Saturday

ラヴェル没後70年の今年

今年の12月がラヴェル没後70年ということで(メモリアルイヤーでない年にも、わりとちょくちょく開催してはいるのですが、)ラヴェルの曲を含む演奏会を開催しました。

Maurice Ravel (1875.3.7 – 1937.12.28)
1. Prélude (1913)
2. Miroirs (1904-05) “III. Une barque sur l'océan”
3. L'Enfant et les sortileges (1919-25) “ Five o'clock Fox-Trot”

Frédéric François Chopin (1810.3.1 – 1849.10.17 )
4. Valse, As Op.69-1 (1829)
5. Nocturne, Es Op.9-2 (1830)
6. Ballade N° 3, As Op.47 (1841)
7. Impromptu N°1, As Op.29 (1837)

Ignacy Paderewski (1860.11.6 – 1941.6.29 )
8. Miscellanea, série de morceaux pour piano Op. 16 (1885-1894)
“ Thème varié en la majeur ”


本番というのは思いもかけないことが起きるもので、今日の場合、譜めくりの際、めくり過ぎて裏表紙になってしまったのが最大のピンチでした。
ラヴェルも草葉の陰で呆れていることでしょう。

2007.07.14 Saturday

Les Graciosos de RAVEL 6

フランスでは革命記念日にあたる今日。
雨の中、演奏したラヴェル作品は下記のとおり。

・ハバネラの形をした小品 vocalise-étude en forme de habanera(1907)
・亡き王女のためのパヴァーヌ pavane pour une infante défunte(1899)

2007.02.18 Sunday

Les Graciosos de RAVEL 5

今回は、葛飾シンフォニーホルズにて、2台ハープによるマ・メール・ロワ。
半音階が多く、ハープでは弾きづらいと思われる「IV. les entretiens de la belle et de la bête」を除いた4曲を演奏しました。


ma mère l'oye (1908-1910)

I. pavane de la belle au bois dormant
II. petit poucet
III. Laideronette, impératrice pagodes
V. le jardin féerique

子どものために書かれたピアノ連弾曲とあなどるなかれ、で、ピアノもそれほど簡単ではないし、臨時記号も多いので、ハープで弾くと、ペダルを憶えるまでがちょっと大変。
でも、3曲目の、弦をバシーンと叩いて銅鑼のような音を出すなど、特殊奏法も数箇所登場するので、見ている方は面白いと思います。

2005.11.24 Thursday

Les Graciosos de RAVEL 4

本日のラヴェルは、都内某所にて。

1. berceuse sur le nom de Gabriel Fauré (1922)
2. vocalise-étude en forme de habanera (1907)
3. tzigane (rapsodie de concert) (1924)

1曲目の子守唄は、とにかくピアノがうるさくならないように、細心の準備が必要で、弱音ペダルを使ったリハは必要だと思いました。(ピアノによっては、弱音ペダルを踏むと、一部の鍵盤が沈んだり、タッチが全く異なってしまったりするため。)

2005.07.10 Sunday

Les Graciosos de RAVEL 3

11:00-11:50 恵比寿麦酒記念館にて

1. vocalise-étude en forme de habanera (1907)
2. tzigane (rapsodie de concert) (1924)

2005.06.26 Sunday

Les Graciosos de RAVEL 2

15:00-15:50、恵比寿麦酒記念館にて。

ラヴェル作品では、下記を演奏しました。

1. vocalise-étude en forme de habanera (1907)
2. tzigane (rapsodie de concert) (1924)

2005.04.24 Sunday

le premier concert par Les Graciosos de RAVEL

生誕130年ということで、ちょっとだけ大がかりに開催してみました。
お客様もたくさんご来場いただき、お手伝いを申し出て下さる方も。嬉しい一日でした。
14:00-15:15 ギャラリー橋本にて。

1. prélude (1913)

2. menuet sur le nom d'Haydn (1909)

3. Gaspard de la nuit (1908)
I. ondine

4. le tombeau de Couperin (1914-1917)
III. forlane
IV. rigaudon
VI. toccata

5. ma mère l'oye (1908-1910)
I. pavane de la belle au bois dormant
II. petit poucet

6. pavane pour une infante défunte (1899)

7. tzigane (rapsodie de concert) (1924)

2004.07.17 Saturday

Live at Ebisu Beer Memorial Museum

14:00-14:50
At Ebisu Beer Memorial Hall, Dougama Square.
(Will be updated at a later date)


▲top