HARP.TV

memorandum

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.12 Wednesday

フランス語のネットショッピング用語

2013年11月に書いたはずの記事をアップロードし忘れて、気付くと5年も経過していた…
もう古くなっている表現もあるかもしれないが、そこは今後更新していく事にして、とりあえず覚え書きとしてアップ!

Ce n'est pas vous ? xxさんではありませんか?(別のアカウントでログイン)
Panier 買い物かご
Retirer cet article du panier 買い物かごから削除する
Ajouter au panier 買い物かごに入れる
Votre panier est vide あなたの買い物かごは空です
Produit Neuf 新品
Mode d'expédition 発送方法
Le prix en un clin d'oeil (un clin d'oeilは目配せ、ウインクの意)
1 d'occasion à partir de 32€ 1中古品 32ユーロより
5 neufs à partir de 42€ 5新品 42ユーロより
Vendez le vôtre (この商品をお持ちですか?) 出品する
Paru en 10/2003 2003年10月発売

Résultats 1 à 4 sur 4 4結果中 1から4を表示
Matériel protégé par le droite d’auteur 著作権により保護された品

Vous avez déjà un compte ? すでにアカウントをお持ちですか?
Vous êtes nouveau sur Fnac.com? Créez votre compte ! Fnacは初めてですか?アカウントを作成しましょう!

Saisissez au moins 8 caractères, sans espace, comportant au moins un chiffre et une lettre. 8文字以上 スペース以外の少なくとも数字と文字を1文字含める

Champ obligatoire 必須項目
Continuer mes achats 買い物を続ける
Vous devez accepter les conditions générales de vente pour poursuivre votre commande.
(Les Conditions Générales de Vente (CGV)) (poursuivreとは、追跡する、し続ける、続行する、訴える→)
(ci-après les "CGV")以後”CGV”と表記する
Téléphone portable** 携帯電話(の番号)
Téléphone Fixe** 固定電話(の番号)
Valider 確認する
Vous devez saisir au moins un numéro de téléphone valide pour votre pays.
あなたは少なくとも1つ以上の、あなたの国への確実な電話番号を記入しなければなりません。
Exemple : 50151515. Pour une livraison hors France métropolitaine, merci de renseigner votre téléphone sans "00", sans indicatif pays et sans espace.
例:50151515 フランス首都圏外への発送のために、”00” 抜き、国番号抜き、スペースなしで入力して頂けますようお願いします。
Modifier 修正する
Supprimer 消去する
Adresse de livraison 発送先住所
Adresse de facturation 請求書(送り状)の発送先住所
Emballage cadeau? プレゼント包装ですか?
Ecrire une dédicase 献辞を書く
Cartes bancaires クレジットカード(銀行系?CARTE VISA, MASTERCARD, CARTE BLEUE, AMERICAN EXPRESS, Maestro, E-CARTE BLEUE)
Saisissez votre code avantage ou votre bon de réduction コード
Recalculer 再計算する
Titulaire de la carte* : カード名義人
Numéro de la carte* : カード番号
Date d'expiration (mm/aaaa)* : 有効期限(月/西暦年)
J'accepte de recevoir des offres commerciales 私は広告を受け取ることを了承します。(後日、お店からの広告メールを送って欲しいかどうか)
votre adresse e-mail あなたのメールアドレス
confirmer votre adresse e-mail メールアドレスの再確認
votre mot de passe パスワード
confirmer votre mot de passe パスワード再確認
civilité 女性なら madame (既婚)、mademoiselle (未婚)男性ならmonsieur
nom 姓
prénom 名
adresse 住所
code postal 郵便番号
ville 町
pays 国
téléphone 電話
date de naissance 生年月日
Expédié 発送済み

06:00 | français | - | - | |
2018.12.03 Monday

L'arc de triomphe de l'Étoile , Île de Sainte-Hélène

凱旋門
今は燃料税抗議デモでこんなに長閑ではなさそうだが…
歴史ある街の石畳を歩いていると、その荘厳な空気の重みに圧倒されそうになる。

凱旋門は1806年、ナポレオン軍の勝利を記念して、ナポレオンの命により建造が開始された。その後没落してアフリカ大陸から2,800kmも離れた絶海の孤島、セントヘレナ島に流されたナポレオンが凱旋門を通過できたのは、死後40年が経過してからの事。
セントヘレナ島と言えば、2017年10月にセントヘレナとヨハネスブルグを結ぶ定期便が就航し、往復で800ポンド(11万9000円程度)で行けるようになった。週に1便のみだが、運航時間は6時間。セントヘレナ空港がなかった時代は、ケープタウンから船で5日間かかっていたし、そもそも200年以上前、ナポレオンはイギリスのプリマスからセントヘレナまで護送される航海に2ヵ月間を要したというので、この絶海の孤島は確実に近くなってきている。

23:00 | français | - | - | |
2018.11.11 Sunday

Première guerre mondiale : 100 ans après

第1次世界大戦終結から、今日でちょうど100年。
インスタグラムでも、いろいろな国のミュージシャンたちが戦没者追悼の記事を載せている。
60カ国以上の首脳がパリに集結、仏独首脳がコンピエーニュの森で式典に出席。他にも、ナポレオン1世の末裔(注:末裔と書いてあったが、直系ではなく、弟の曾孫のような気がするが…?)へのインタビューなどが話題になっている。

第1次世界大戦と聞くと、以前訪れたアンヴァリッドの軍事博物館の凄惨な戦場の写真を想起するとともに、なぜかラヴェルの《ピアノ三重奏曲》が耳の奥から聴こえてくる。
志願兵として戦地に赴いたラヴェルがこの曲を完成させたのは、フランスが参戦した1914年。大戦とラヴェルを結びつけるエピソードとしては、戦地に散った彼の知人たちへ捧げられた《クープランの墓》の方がよく知られているが、曲だけ聴いてみるととても戦争に関する曲だとは思えないような温かみを帯びている。個人的には《ピアノ三重奏曲》の、すすり泣きのようなヴァイオリンや呻き声のようなチェロ、淡々として冷たい響きのピアノの方が、より戦争の不条理さを訴えかけてくる曲のようにも思える。


(エマニュエル・ベアールの『愛を弾く女』は戦争の映画ではないけれど、この曲がとてもよく合っているなぁ…)

今の仕事を始めたのがちょうど第一次世界大戦開戦100年の年で、当時、その話題が出た流れで自分の先祖の話になった。
「半分ドイツ人、半分日本人だった彼はWWIが終わって2年足らずで亡くなった。まだ40代だった。彼の墓は日本にあり、苗字も名前も漢字で刻まれている。しかし、その苗字は日本には存在しないもので、外国の苗字を当て字にしたものだったようだ。下の名前は日本人の名前だ。おそらく、大戦中はとくに、敵国の血が流れる彼は差別や偏見と戦ってきたはずで、心労もあり早逝したのではないかと想像している。真実は分からない。ただ、日本人として日本で土に還るのであれば、日本人の苗字を墓碑に刻むこともできたはずなのに(そもそも彼の戸籍名は日本の苗字だ)、わざわざ当て字にしてまでドイツの名を刻んだ事にはどのような意図があったのだろうか。そもそも、彼の親はドイツのどこから来た何者だったのか?」という話をした。
すると、ある人が「まだ日本にいる外国人が今よりもとても少なかった時代の話なので、日本にいた日本人の事よりもむしろ外国人の方が探しやすいはず。インターネットで探せるのでは。」と助言をしてくれた。当時は半信半疑だったが、結局はインターネットで人物を特定できたので、今思えばとても有難い助言だった。そして、今が大戦終結後100年であるということは、大戦は4年続いたのだなと改めて理解するとともに、真実に限りなく近づきつつもはっきりとした接点が見いだせない、まるで双曲線と漸近線のような状況(?)も5年目に突入したのだという現実も身に染みる今日この頃である。

23:55 | français | - | - | |
2018.09.24 Monday

ジャポニスムのかけらを追う

 今週は自分に取ってのドビュッシー・ウイークとなりそうだ。
 先週のレクチャー講座と今週のコンサートに挟まれ、ドビュッシー作品をBGMにしているこの時期、先月に引き続き、18-19世紀の日本の美術作品をフランス語で紹介する文章を書くことになった。
 ドビュッシーは日本美術にも関心が深かった。
 クロード・ドビュッシー記念館にある南洲の蒔絵《金の魚》、北斎の《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》も好んだことであろう。
 当時の雰囲気を想像しながら、ドビュッシーにどっぷり浸りつつ今週中に仕上げられたら良いのだが。

00:00 | français | - | - | |
2018.07.14 Saturday

14 Juillet と La Marseillaise

夏の渋谷
19:30だというのに、この気温。
しかし、暑いのも悪いことばかりではないのかもしれない。
先週の本番数日前、足を強打して青痣を作った上に、犬には手を噛まれたが、演奏には影響せずに済んだ。この暑さで新陳代謝が活発になり、傷の回復も早かったのかもしれない。

キャトルズ・ジュイエと言えば、「ラ・マルセイエーズ」。
今回、他の楽曲の中に登場する「ラ・マルセイエーズ」を2曲貼っておく。
1曲目は、ドビュッシーが革命記念日の情景を描いた「花火」。演奏はヴァン・クライバーン。

ラスト付近、遠くで聴こえる「ラ・マルセイエーズ」の断片が現れて、やがて徐々に消えて行くところが良い。

2曲目もややマニアックだが、ヴィラ=ロボスの交響曲第3番「戦争」。この曲には銃声やらブラジル国歌やら、いろいろな音がコラージュのように組み合わされているのだが、最終楽章に「ラ・マルセイエーズ」も出現する。

余談だが、ヴィラ=ロボスの交響曲は、第3番が「戦争」、第4番が「勝利」、続く第5番が「平和」の3部作となっているのだが、第5番は楽譜が紛失されているらしいのが非常に惜しい(ブラジル政府から委嘱された3部作だというのに!)。

今年のW杯はフランスが決勝進出、フランス時刻で7/15(日)17:00キックオフという事で、血沸き肉躍る「ラ・マルセイエーズ」が流れる革命記念日の翌日も選手たちは国歌を歌い、フランスは大盛り上がりとなるのであろう。
一方、日本でも博多ではちょうど山笠の季節で、15日は追い山。街は躍動感あふれるたくさんの飾り山で彩られ、地元民は熱く盛り上がっている。

20:00 | français | - | - | |
2007.10.14 Sunday

フランス語の音楽用語

accent rythmique : リズムの強弱
acclamation : 歓声、拍手喝采
acclamer : 拍手喝采する
accompagné : 伴奏つきの
accompagnement : 伴奏
s'accompagner à la guitare : ギターの弾き語りをする
s'accompagner + à , avec, de + qc : 歌い手が伴奏楽器を自分で演奏する
accords consonants :協和和音
à de longs intervalles :長い時間を置いて
à la clef : 音部記号の右に
air : 旋律、アリア
amplificateur : アンプ、増幅器
amplification : 増幅
ampli-tuner : レシーバー。アンプとチューナーが一体になったオーディオ装置。
annulaire : 薬指
applaudir : 拍手喝采する
applaudissement : 拍手喝采
archet : 楽器の弓
au-dessus :上に
auriculaire : 小指
au rythme de la musique : 音楽のリズムに合わせて
avant-scène : 劇場の特別ボックス席
avoir du rythme : リズミカルである、リズム感がある
avoir l'oreille musicale : 音楽を聴く耳がある
basse :低音部、低音弦、コントラバス
basse continue(バス コンティニュ) :通奏低音
bâton(バトン) :バトン、指揮棒
batterie(バトりー) :オーケストラの打楽器一式
batterie de jazz : ジャズバンドのドラムス
baignoire : 劇場の1階ボックス席
baisser une corde :低い音を得るために、弦を緩める
battement de mains : 拍手
b.d.l.c = bas dans les cordes :弦の真ん中と共鳴板の間の低い位置を弾く
bécarre(ベカーる) :本位記号のナチュラル
bémol(ベモル) :変記号、♭
bémoliser :♭をつける、半音下げる
bec(ベック) :マウスピース 元は嘴の意味
berceuse : 子守歌
bien doux : 非常に穏やかに
bien lie : 非常になめらかに
bis : 繰り返し、アンコール(曲)
blanche(ブランシェ) :2分音符形容詞。"白い"の女性形
bobine : 糸巻き、リール
boyau : ガット(複数形:boyaux)
bras(ブら) :腕
canette : 糸巻き
changer de ton : 転調する
chanter sul le même : 同じ高さに声を揃えて歌う
chœur quatre parties(カトる パるティー) :四部合唱
chœur(クゥーる) :合唱隊、合唱曲
chanterelle(シャントレル) :弦楽器の第1弦
chef d'orchestre(シェフ ドルケストる) :指揮者
chevalet(シェヴァレ) :弦楽器の駒
cheville(シュヴィーエ ) :弦楽器の糸巻き
choir(クワイア) :聖歌隊
choral(s) : 合唱用聖歌、コラール
chorale : 合唱団
chromatique :半音階の
cléf(クレ) :調子記号、調子記号、弦楽器の糸巻き、管楽器のキー
cléf de fa :ヘ音記号
cléf de sol :ト音記号
cléf d'ut :ハ音記号
clique : (集合的に)軍楽隊のブラスバンド
cloiture(クロアテューる :終曲
collet de violon(コレ ドゥ ヴィオロン) :弦楽器の棹
comme(コンム) :〜のように
concerto(コンセるト) :協奏曲
consert harmonieux :ハーモニーの美しい合奏
conclusion(コンクリュジョン) :終曲
consonance :[女]協和音、音の響き
consonant :協和音から成る
cor : ホルン、角笛、足の魚の目
corde(コるド) :(複数形で)弦楽器、弦楽器の弦
corde : ハープなどが弦に他と異なる彩色を施した
corde à piano : ピアノ線
corde à vide : 開放弦
corde vibrante :弦楽器の弦
corne : 角笛
coup d'archet (クーダルシェ) :ボウイング
coup de langue(クー ド ラング) :タンギング
courant alternatif : 交流、AC
court(クーる) :短い
croche(クろッシュ) :8分音符
crochet(クろシェ) :音符のハタ
croiser(クるワゼ) :両手を交差させてハープを弾く
crotales(クろタル) :アンティークの小型シンバルで、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」などに使用されている
corde d'acier :スチール弦
corde de boyau :ガット弦
corde de piano :ピアノの弦
corde de violon :ヴァイオリンの弦
cordes sympathiques :ビオラ・ダ・モーレなどについている真鍮の共鳴弦
côté cour : 舞台の上手
côté jardin : 舞台の下手
cylindre(スィリンドる) :回転式バルブ
demi-teinte :弱音
demi-ton :半音
demi-ton chromatique :半音階の半音
deux mains(デュゥー メーン ) :両手
diése(ディエズ) :嬰記号、♯
diminuer(ディミニュエ) :ディミニエンド
directeur(ディレクトゥーる) :指揮者
discothèque : CDコレクション、CDライブラリ
doigté(ドゥワテ) : 運指法
donner le la :チューニングのためにイ音を出す
double croche(ドゥーブル クろッシュ) :16 分音符
double diése(ドゥーブル ディエズ) :ダブル・シャープ
droit de reproduction : 版権
droite(ドろアト) :右
écouter avant potentiomètre :ミキサーのフェーダーで音量を調整する前の信号を、モニター用系統で聞くことができる機能。PFL(Pre- Fader Listen)のこと。
écouter après potentiomètre :ミキサーのフェーダーで音量を調整された後の信号を、モニター用系統で聞くことができる機能。AFL(After Fader Listen)のこと。
écouter avec admiration : 聞きほれる
échelle des sons : 音階
échelle harmonique :和声的音階
écriture harmonique :和声書法
effets sonores : 音響効果
émission musicale : 音楽番組
embouchure : マウスピース
en stock : 在庫あり
engagement : 出場登録、エントリー
enlevez la sourdine(アンルヴェ ラ スーるディン) :弱音器を取って
enselant(アンスラン) :次第に急いで
étouffe(エトゥフェ) :ハープや打楽器で振動を止めて後音を消し去ること
étouffoires(エトゥフォアーる) :弱音器
être à la batterie :打楽器(ドラムス)を受け持つ
être dans le ton : 周囲と音程が合っている、調子が合っている
exécutant : オーケストラの団員、実行者、執行者
exécution : 演奏、実行、処刑
fa :へ音
faire des études musicales : 音楽を勉強する
faire des gammes :音階練習をする、基礎練習をする
fanfare : ファンファーレ
farandole :(f)ファランドール(プロヴァンス地方の民族舞踊)
fauteuil d'orchestre : 劇場の1階椅子席
figurant : エキストラ
fond sonore : バックグラウンドミュージック
forcer :速度や量を増す
fosse d'orchestre : オーケストラボックス
frappe(フらッペ) :打鍵
galerie : 劇場のギャラリー席
gamme :(女)音階
gamme chromatique :半音階
gamme harmonique :和声的音階
gauche(ゴーシュ) :左の
glissand avec pédal(グリッサン アヴェク ペダル) :ペダルを踏んでグリサンド
la gorge :のど
groupe rythmique : リズムグループ(最終音節にアクセントを持つひとまとまりの語群)
guitare : ギター
guitariste : ギター奏者
harmonica : ハーモニカ
harmonie : 調和、階調、和声、和声法、(複数形で)和音
harmonie des sphères :天体の音楽
harmonie vocalique :調和
harmonie phonétique :調和
hausser une corde :高い音を得るために、弦を締める
harmonies consonantes : 協和音
harmonies dissonantes : 不協和音
harmonique :ハーモニックス、フラジオレット、倍音
harmoniquement :和声的に
harmoniser :旋律に和音をつける、和音で伴奏する、編曲する
harmoniser une chanson :歌に伴奏をつける
harmoniste :和声法に通じた音楽家、和声家、和声学者、パイプオルガンの整音師
hymne national : 国歌
indicatif : テレビ番組のテーマ曲、映像
indicatif du journal térévisé : テレビニュースのテーマ曲
insonoriser : 防音する
instrument à cordes : 弦楽器
instrument à cordes frottées : ヴァイオリンなどの擦弦楽器
instrument à cordes grattées : ツィターなどの打弦楽器
instrument à percussion : 打楽器
instrument à cordes pincées : ギターなどの撥弦楽器
instrument à vent : 管楽器
instrument harmonieux :音色の美しい楽器
intervalle :(男)音程
jeu brillant d'un violoniste : ヴァイオリン奏者の華麗な演奏
jeu de mains d'un pianiste: ピアニストの手の動き
jouer sans musique: 暗譜で演奏する
jouer bien de la lyre : 竪琴が上手である
jouer de harpe :ハープ奏者
joueur :楽器の演奏家
la :イ音
les cordes d'un orchestra :オーケストラの弦楽器部
les cordes aiguës :高音域
les lois de l'harmonie classique :古典和声
les mains de harmonieuses d'un piano :ピアニストの絶妙な手並み
l'harmonie des instruments :器楽のハーモニー
l'harmonie des voix humaines :声のハーモニー
liaison(リエーゾン) :スラー、タイ
Lv(L.V.)(リッセ ヴィブレ) :シンバルを叩いて振動させたままにする
m.d.(マン ドゥワ) :右手(main droite)
m.g.(マン ゴーシュ) :左手(main gauche)
magnétophone : テープレコーダー
mailloche(マイオシュ) :大太鼓のばち
main droite(メーン ドろア) :右手
main gouche(メーン ゴーシュ) :左手
maîtrise : 教会の聖歌隊
majeur : 中指
majeur: 長調の
majestuenx(マジェステュウ) : おごそかな、壮麗な(女性形: majestueuseマジェステュウズ)
manquer de rythme : リズム感が悪い
marchan de musique : 楽譜屋
marche d'harmonie :和声的反復進行
marquer le rythme avec le pieds : 足でリズムを取る
marquer tràs doucement le chant :大いに優しさを強調して歌って
mélodie : 旋律、メロディ、歌曲、音楽性
mélodieux : 旋律の美しい、音楽的な
methode :(女)教則本、マニュアル
methode de piano :ピアノ教則本
mettre beaucoup de pédal : ぺダルをよく操作して
mettre trois bémols à la clef : 調号として3個のフラットを置く
mettre un bémol :♭をつける
mi :ホ音
mineur :短調
modéré :(形)ほどほどの、控えめな
morceau en majeur :長調の曲
morceau écrit en cléf de sol : ト音記号で書かれた曲
morceau écrit en cléf de fa : ヘ音記号で書かれた曲
mouvement :(名・男)楽章、テンポ
musicalité : 音楽性、ステレオなどの音質
musicien,musicienne : 音楽家、オーケストラの楽員、音楽愛好家
musicographe: 音楽批評家
musicographie : 楽曲解説、音楽批評
musicologie : 音楽学
musicologue : 音楽学者、音楽理論家
musique d'ambiance : バックグラウンドミュージック
musique de chambre : 室内楽
musique de scène : 舞台音楽(バレエ、劇音楽など)
musique d'harmonie :管弦楽の管楽器群、吹奏楽器群
musique instrumentale : 器楽
musique légère : 軽音楽
musique vocale : 声楽
musique(ミュズィク) : 音楽、曲、楽曲、楽譜、楽団
musiquette(ミュズィケット) : 〃歃囘価値の乏しい安手の音楽▲謄譽咾筌薀献番組のテーマ音楽
Ne tirez pas sur le pianiste! :ピアニストを撃つな→善意の人間には寛大であれ
noire :(名・女)四分音符
notes harmoniques :和声音
note pointée :付点音符
ondes sonores : 音波
ongle(オングル) :爪
opérette : オペレッタ、軽歌劇
orchestra d'harmonie :管弦楽の管楽器群、吹奏楽器群
organe : 声、歌手
ôter :取り除く
ouïe :(ウィ)(名・女)聴覚、(複数形)でヴァイオリンなどのf字孔、響孔
ouvert :(形)開音の
ouverture :(名・女)序曲
œuvre(ウヴる): 作品、著作
palettes(パレット) :ピアノの白鍵
panier : 買い物かご
papier à musique : 五線譜
parterre : 劇場の1階後方の座席
pavillon en air(パヴィヨン アネーる) :ホルンなどのベル・アップ
pavillon(パヴィヨン) :管楽器のベル
p.d.l.t = près de la table :弦の下の、共鳴板に近い所を弾く
peau de timbre(ポー ドゥ タンブる) :小太鼓のヘッド
pédalier : パイプオルガンのペダル
peu à peu(プー ア プー) :ポコ ア ポコ
pianiste : ピアニスト
pianiste qui manque de technique :テクニックに欠けるピアニスト
pianoter : ピアノを下手に弾く
pincé(パンセ) :ピチカート
pincer : 弦楽器をつま弾く
pipeau(x) : 鳥笛、リコーダー、野笛
piqué(ピケ) :スピッカート
piquer une note : 音符をスタッカートで演奏する
plaqué(プラッケ) :和音をアルペジォのように鳴らす
pointé :付点のついた
portée(ポるテ) :五線、譜表
prise de son : 録音
premier balcon : 劇場の2階バルコニー席
première loge : 劇場の2階ボックス席
quatuor à cordes : 弦楽四重奏
rhapsode : (男)古代ギリシャの吟遊詩人(rapsode)
ré :ニ音
refrain : (m)リフレイン、リフレインのある歌
repiquer : 再録音する、ダビングする
reprenez(るプラン) :もう一度演奏する
reproduction : 再生、複写、複製、コピー、転載
reproduire : 再生する、複写する、複製する、コピーする、転載する
résolution (女):(協和音へ移行する)解決
résonance (女): 音の反響、響き、共鳴
Cette salle a une bonne résonance. :このホールは反響性(音の響き具合)がいい。
La musique de Bach éveille en moi de profondes résonances. : バッハの音楽は私の中に深い感動を呼び起こす。
respecter le doigté(れスペクテ ル ドゥワテ) : 運指を守って
restituer : 録音音声を再生する
retentissant :よく響く
retentissement :響き、反響、影響、評判
retenu :慎み深い
rigueur :(名・女)厳密さ、正確さ、厳格さ
rompre le rythme : リズムを崩す
ronde(ろンドゥ) :全音符
rythme : (男)リズム、律動、拍子
rythme binaire : 2拍子
rythme ternaire: 3拍子
rythmique : リズムに合わせた、リズミカルな
salle de concert qui a une belle sonorité : 音響効果の良いコンサートホール
salle trop sonore : 音響の強すぎるホール
sans changer la pedale jusqu'a la fin(サン シャンジュ ラ ペダル ジュスカ ラ ファン) :最後までペダルを踏み変えないで
sans faire vibrer(サン フェーる ヴィブれ) :振動させないで
sans sourdine(サン スーるディーヌ) :弱音器なしで
sans timbre(サン タンブれ) :響き線を外して
scène : 舞台
sec(セック) :セッコ
section rythmique : リズムセクション
serinette :(名・女)セリネット 小鳥に歌を教えるのに使う小さな手回しオルガン
serrer :追い詰める、締める、間を詰める
seuil d'audibilité 可聴限界
si :ロ音
soirée musicale: 音楽の夕べ
sol :ト音
solfège : ソルフェージュ
soliste : 独奏者、独唱者、ソリスト、ソロダンサー
son : 音、音響、響き、音声
sonner : 鐘や楽器などが鳴る
sonnerie : 鳴る音、合図の音
sono =sonorisation :音響装置
sonore : 音の、音がよく響く
sonorisation synchronisèe : 同時録音
sonoriser : (動)音響装置を設置する、映画などに音や音響効果を入れる
sonorité : 音、音色、音質、音響の良さ
sortir du ton :音程を外す、調子はずれになる
sourdine(スーるディーン) :弱音器
soutenu(ストニュー): 音を保って
stock : 在庫
strictement en mesure : 厳密に拍子を合わせて、拍子を取って
strophe : 節
sujet : 主題、テーマ
système tonal : 音階法
table(ターブル) :共鳴板
table d'harmonie :ピアノやヴァイオリンなどの共鳴版
Table de mixage : ミキサー
temps(タン) :拍
tendre les cordes d'un violon :ヴァイオリンの弦を張る
théâtre: 劇場
théâtre de l'Opéra: オペラ座
théâtre de poche: 小劇場
théâtre en rond: 円形劇場
théâtre municipal: 市立劇場
théâtre national: 国立劇場
théorie musicale : 音楽理論
tenir la batterie : 打楽器(ドラムス)を受け持つ
tierce(ティエるス) :3度
tierce majeure :長3度
tierce mineure :短3度
ton (男): 楽音、音程、調
tonal : 調性の、調の
tonalité(女) :音質、調性、調
ton de si bémol majeur : 変ロ長調
ton de si bémol mineur : 変ロ短調
tonnerre d'applaudissements : 万雷の拍手
tons et demi-tons :全音と半音
tourne-disque : レコードプレーヤー
traite à harmonie :和声学概論
trois-huit :8分の3拍子
trois-quarts :(4分の3サイズの)子ども用ヴァイオリン
trois-quatre :4分の3拍子
trop de force : 力が入りすぎている
tuyauterie : オルガンのパイプ
typique : ラテンアメリカの音楽
ut: ハ音
violoncelliste : チェリスト
violoniste : ヴァイオリニスト
voix harmonieuse :きれいな声
voix musicale: きれいな響きの声

00:00 | français | - | - | |

▲top