HARP.TV

memorandum

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 超パで大合奏 | TOP | クリスマスコンサート >>

2016.11.19 Saturday

アルルの女 再び

「アルルの女」は、今回ご一緒させて頂くオケでの演奏は2度目となる。
あまりにも有名なメヌエットはとくに、誰もが知っている曲ながら決して簡単な曲ではないというプレッシャーがある。
フルートも3度や4度の動きの速い部分など、決して簡単な曲ではないらしく、やはりプレッシャーであったことは想像に難くないが、前回も今回も見事なソロだった。

他の曲も、ハープは両手での速いスケールがあったり、意外とペダル操作が多かったりするので、まさに油断のならない曲である。

長年、職場の人には、私が音楽をやっていることはあまり話さないし、演奏会の案内も殆どしたことがない。
「今度聴きに行きますね」と、相手に社交辞令を言わせてしまうことになるのが面倒だからである。
しかし、なぜか本当に多忙な人に限って、社交辞令ではなく、本当に聴きに来て下さる方もいるので、そういう時はこちらも心から嬉しくなるし、音楽を続けてきて良かったとも思う。
今回も職場の方がお忙しい時間を縫って聴きにきて下さったのが、何よりもたいへん有難かった。

23:50 | le concert | - | - | |

▲top