HARP.TV

memorandum

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Février | TOP | エンディングノート >>

2018.03.07 Wednesday

Duo Ravel

ラヴェル生誕143年の今日は、オランダのハープデュオによる『鏡』で祝う (風邪で熱が下がらずヘロヘロだが…)

モンフォール=ラモリでハープ演奏というシチュエーションがうらやまし過ぎる!
Ravel Harp Duo Mirroir

『鏡』をハープ用に編曲する人がこの世界にいたなんて!と思ったが、考えてみれば『洋上の小舟』の楽譜には"ハープのように" という指示がちゃんとある。確かにピアノ版の左手部分はいかにもハープのアルペジオだ。
69,71,73小節目はグリサンドにアレンジされるなどハープらしさも前面に出しながら、81小節目以降の非常に美しい部分はピアノ譜になるべく忠実に再現され、メリハリが効いてて良い。この勢いで『La Valse』や『Gaspard de la Nuit』もハープデュオ譜にアレンジして欲しいものだ。ラヴァルスの譜面があったら絶対弾く。


折しも今日、「ドイツの帆船からインド洋上で1886年6月12日、海に投入された海流瓶が、西オーストラリア州パースの北へ180キロの海岸沖にあるウェッジ島の砂浜で回収された」というニュースを見たばかり。『洋上の小舟』が描くような壮大な旅をしてきた海流瓶も興味深い。

19:00 | Maurice Ravel | - | - | |

▲top