HARP.TV

memorandum

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 外務省記録2 | TOP | 連休2 >>

2018.05.04 Friday

連休1

ゴールデンウイーク後半。
「連休」という文字が「遺体」に見える。病んでるのかなあ。
歴史研究のための情報収集も、この連休中の日課も確実に進んでいて楽しいのだが。
しかし、例えば東大の加藤陽子先生も、歴史に関する著書「戦争まで」の中で、"私は普段は死んだ人や死んだ人が遺した史料を相手に暮らしているので云々」と書かれていた。それにクラシック音楽だって、言うなれば死んだ人の作品を研究して演奏するわけで、普段自分がやっている事を考えたら無理からぬ事だ。これでいいのだ。
クラシックで次に弾いてみたいのは、やはりラヴェル作品。ラヴェルは自宅にいる時もスーツ姿で過ごしていたという、お洒落な人物だったらしい。
…ラヴェルも、休日だからと言って2日間ずっと寝巻で過ごし、回覧板が来たから渋々重い腰を上げるようなヤツなどに自分の作品を演奏して欲しくないだろうなあ。

▲top