HARP.TV

memorandum

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 西神コバルトスカイ | TOP | 甲府 >>

2018.05.18 Friday

遠い日本にいた先祖たちを探して

海外在住の日系人が、日本の役所に両親や祖父母の除籍謄本を請求する手続きに関する覚え書き。

日本人の場合は、[1]〜[5]があれば自分や直系親族の戸籍を請求できる。
[1]申請書(役所のWebサイトからダウンロード) ※消せるボールペンや鉛筆で書くと再請求となる
[2]定額小為替(750円×通数分)
[3]返信用封筒(住所氏名を書いて切手を貼ったもの)
[4]本人確認書類の写し(運転免許証など)
[5]申請者本人と必要な人の関係が分かる書類(→自分の戸籍謄本。但し、必要な人が入った戸籍の筆頭者と同じ役所に請求者の戸籍謄本があれば省略できるかも。)

日系人の方が父母や祖父母の戸籍を請求するには
[6]請求者の出生証明書の写し
[7][6]の日本語訳文と和訳した人の氏名、住所、サイン
[8]請求者の身分証明書の写し(パスポートなど)
[9]誰かに代行してもらう場合は、請求者「自筆の」委任状とその和訳、和訳者の氏名、住所、サイン
[10][9]の場合、代理人の身分証明書

海外から請求しても発送してくれるらしい。
また、海外の人は印鑑を持っていないが、その場合は「印」の欄にサインをすればOKとの事。
[1]の申請書も、英語で書いても良いが日本語訳も必ず必要。役所側は原則として日本語の書類しか受け付けられないそうだ。

日系人で日本語が分からない方が請求する場合、請求者の自筆の委任状があれば、たとえば日本在住の日本人が代理で請求することも可能。
代理人は必ずしも親族でなくても良いらしい。
海外の人が日本の郵便小為替 a postal money order や切手を準備したりする手間を考えると、日本にいる人が代行した方がラクな気もする。
しかし面倒だからと言って、偽りその他の不正手段で交付を受けると、30万円以下の罰金に処せられる。

但し、無事に請求できたとしても、東京都北区や中央区のように「戸籍法により除籍後の保存期間80年で廃棄」とされていた時代に廃棄処分されていたり、港区のように空襲で焼けてしまい残っていないケースもある。
今のところ、福岡市、西条市、広島市、千代田区は昔のものも残されているようだ。神戸市中央区は大正4年以降の分は残されており、電子化されているのは大正9年分以降と数年前に聞いたことがある。

両親、祖父母、さらにそれより前…と遡って戸籍を取得したい場合、先祖代々同じ市区町村に住んでいれば一度に取れるが、そうでなければ、それぞれの役所に請求しなければならない。
父母の本籍がA市、祖父母がB市、曾祖父母がC市だったりすると、A市の戸籍を取ったあと、それをコピーしてB市に請求して交付を受け、さらにそれもコピーしてAB両市の分を添付してC市に請求することになる。
郵送の往復で時間もかかるし、得てしてB市の分が廃棄処分されていて先に進めなくなったりしがちで、なかなか根気のいる作業である。

その辺も含め、英語が不得意な人が下手な英語で手続き方法を説明するとしたら以下のような感じになるのかと…
In Japan there are official documents called "Joseki Tohon" , including ancestral data.
So you may be able to obtain data on your ancestors who were in Japan.
You have to mail some paper letter such as a letter of attorney, your birth certificate, official document showing the relationship between you and your parents, official document showing the relationship between your parents and grandparents.

A domicile does not always correspond to an address or a place of birth.
In addition, since family transcripts are managed by city, we may need to do the same work again in another city.
Also, old documents more than 80 years ago may have been discarded already.
I will send you the form and the entry form before filling in.(→申請書の記入例を添付する場合)
The city office accepts only documents in Japanese written in handwriting.

戸籍請求理由は…やはり "For visiting the graves of our ancestors" くらいしか思いつかない。"先祖供養"で役所に断られたことはないけれど、自治体によってはNGかも。

日本語が分からない日系人の場合、先祖の日本名や本籍地などの日本語表記(漢字)が分からない場合も多い。
その場合、まずはそこから調査しないと申請書が書けない。日本を発った時期がある程度絞り込めていれば、外交史料館の旅券下付記録のマイクロフィルムで探せば判明するけど、東京近郊に住んでいなければ上京するしかない。
旅券下付記録から無事に日本語データが判明した場合は、
I found a passport issuance record for 先祖A and 先祖B at the Diplomatic Archives of the Ministry of Foreign Affairs of Japan.
It is a record of 西暦年, and their kanji name, date of birth, legal domicile, and purpose of traveling are written.
…とか書いたら通じるかも。多分 笑。

1885(明治18)年から1894(明治27)年にかけて全国から約2万9千人が布哇に移住した官約移民や、1869(明治2)年の第1回目を皮切りとするカリフォルニア州への移民など、後の日米開戦により数奇な運命を辿りつつも子や孫を守り、懸命に生きて、やがてその子や孫が偉大な先祖に思いを馳せるような年代になってきているという事例に複数関わったため、今回の覚え書きに至った次第。
(但し、重ねて書くが、上記の英文はかなり怪しいのでご理解のほどを。)

22:22 | histoire | - | - | |

▲top