HARP.TV

memorandum

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< マイクロフィルムは断念 | TOP | Ouverture Romeo et Juliette (ver.1869) >>

2018.06.09 Saturday

Il y a 入谷朝顔市


入谷と聞くと il y a をどうしても思い浮かべてしまうが、日本情緒あふれる街だ。
朝顔市は今年で70周年を迎える。7月6日から8日、朝5時から23時まで。
公式webサイトに「ドローンなど小型無人機の使用も禁止です。」と書いてあるところが時代を感じさせる。
本番前日、早朝から出向くべきか、本番終了後の日曜にすべきか…ううむ。

笹之雪井戸水。地下200尺に湧く豆腐作りの水。

池波正太郎文庫にも立ち寄った。通知表や、ラヴェルの展覧会の絵のカセットテープに既視感…と思ったら、昔見た企画展と同じ内容が多々。明らかに異なっていたのは、ここにはガラスケースの中に池波正太郎が愛用した万年筆が5本展示されていて、そのうち1本がpelikanの140のように見える事だ。

この台東区立中央図書館では、6月22日から9月16日まで藤岡屋日記の企画展が開催される。1855(安政2)年の安政大地震など、幕末期の事件を取り上げるとの事。安政大地震が起きる2時間前に浅草茅町の時計商 大隅源助のところで、磁石に付いていた古釘などの鉄製品が全て落ちたという記述もあるらしい。
全15巻の原文などとても読めないので、ここで情報収集できるのならそうしたい。

▲top