HARP.TV

memorandum

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 七夕の本番 | TOP | 14 Juillet と La Marseillaise >>

2018.07.07 Saturday

Il y a 入谷朝顔

入谷朝顔市の提灯
入谷朝顔市の混雑 入谷朝顔市の朝顔たち
↑人も朝顔も混雑していたが↑、 ↓2鉢入手できた。↓

朝顔_團十郎ほか
1つ目は、4種の中に"團十郎朝顔"が入っているもの。"團十郎朝顔"は海老茶色の花の方。"團十郎"は本来、蝉葉で斑のない葉のものらしいので、この花は覆輪こそ入っていないものの、もしかすると團十郎の亜種なのかもしれない。

朝顔_八重咲
2つ目は、八重咲き朝顔。朝顔市にも置いてあるところは比較的少なかったが、訪れたのが2日目夜だったので売り切れていただけかもしれない。パッと見て朝顔には見えないが、ちゃんと朝開花して夜は閉じている。蓮華草のような色合いが美しい。

八重咲を含めて朝顔には多くの種類がありそうだが、九州大学のアサガオホームページを見ると、全く朝顔には見えない形や、あまり見かけないタイプの色合い・模様のものも多くあり、圧倒される。文化文政期、嘉永安政期に朝顔ブームが起き、明治維新の頃にはいったん下火になるも、明治中期以降に再び栽培がさかんになったようだ。
朝顔は別名「牽牛子(けんごし)」と呼ばれるらしく、七夕の牽牛と関係があるのかとも思ったが、そこはよく分からない。
(参考: 養命酒 生薬百選)

朝顔の種子は、奈良時代末期もしくは平安時代の遣唐使が日本に持ち込んだとされており、その時代によっては、万葉集で詠まれている"朝顔"はアサガオではなく、桔梗か木槿(ムクゲ)という事になってしまうらしい。(Wikipedia アサガオのページ)。
どちらの時代なんだろうか。
万葉集第14巻の朝顔が登場する歌(詠み人知らず)の中に、"あなたから決して離れませんよ"という意味の歌がある。個人的な考えだが、「離れませんよ」というのが、つる植物の性質を表しているような気がしなくもない。桔梗も木槿も蔓で巻き付いてこないはず。なので、個人的には、"朝顔輸入は奈良時代末期"説を支持したい(笑)。

これまた全くどうでもいい蛇足だが、ちょうど10年前の七夕の日はこんなことをやっていたのだった。もう番組自体が終了してしまったが、当時の原稿はどこへ行ったのだろう。10年前から思っていたが、常盤姫伝説はオペラか歌舞伎にしても面白そうだ。それこそ七夕コンサートの曲目としても相応しい題材だと思う。

▲top