HARP.TV

memorandum

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< Emil Wiegand 覚え書き | TOP | お盆 >>

2018.08.05 Sunday

夏の光景

ひまわりとミツバチ
蜂も忙しそうな夏。この写真を撮っている、ほんのちょっとした時間にも蚊に顔を刺されてしまった。血液型のせいだろうか。(典拠: Journal of Medical Entomology, Volume 41, Issue 4, 1 July 2004, Pages 796–799のアブストラクト専門用語は正直よく分からないが…。 )

ミンミンゼミ
今日は港区にて、今年初めてツクツクボウシの鳴き声を聞いた。一匹の声しか聞こえなかったので発見できず、写真には収めていない。
この写真のセミはミンミンゼミ。九州にいた頃はミンミンゼミの鳴き声を聞いた記憶がほとんどなく、テレビや映画の夏のシーンでお馴染みの鳴き声が聴こえてくるたびに、本州を遠くに感じたものだった。
九州では、クマゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミはよく見かけたように記憶している。そして立秋を過ぎたあたりからはツクツクボウシのラッシュ。同じツクツクボウシでも、序奏→主旋律→フィナーレにかけて、鳴くリズムが軽やかだったりダルそうだったり、鳴き声も濁声から可愛らしい声まで幅広いのが不思議だったが、やはり羽化したての頃から寿命までのあいだに声も変遷するのであろう。少なくとも、あの小さな体の中にある、ほんの数ccしかないであろう容積の共鳴室で、あれほどの大音量が出力できるのは驚きである。

▲top