HARP.TV

memorandum

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< お盆 | TOP | 備忘録(東京→UTへの郵送) >>

2018.08.25 Saturday

筑紫恋し

 もう8月も下旬だというのに、今年はツクツクボウシの鳴き声が殆ど聴こえてこないのはなぜだろう。
結構あちこち移動しているのだが、8/5に港区で1回、8/15に目黒区で1回と、8/25に練馬区で3回聴いただけである。おそらく、合計で3〜4匹だ。
 今夏はそれほどレアであるにも関わらず、先ほど某W校の構内を歩いていたら、"W"字型の模様でお馴染みのツクツクボウシが道端に落ちているではないか。寿命が尽きて間もないのか、損傷もなくきれいな形を留めていたので、連れて帰ってきてしまった。

ツクツクボウシ♀20180825

 体長3cm程度の♀。翅脈の黒っぽい点の数からも、ヒグラシではなくツクツクボウシであろう。
 九州にいた頃は、ツクツクボウシは夏休みの終わり頃に大合唱していたように記憶しているが、東京にはあまりいないのか、または、今年の気候が厳しかったのか。ネット検索しても同様の声はなさそうなので、気のせいかもしれない。

 ところで、ツクツクボウシには「筑紫恋し」という別名があるらしい。
出処は、小泉八雲(1850-1904)の"Shadowings"(1900)の "Sémi" 。

 ところが或る人は、この音はツクシコヒシだと言ふ。古昔筑紫の人が遠國で病氣の爲め死んで、その魂魄が一匹の秋蝉となつたもので、それてツクシコヒシ、ツクシコヒシ(『筑紫慕はし!筑紫見たし!』)と絶え間無しに叫ぶのだといふ伝説がある。

この「筑紫の人」の性別が分からない。筑紫の姫だという記述もどこかで見たが、この部分の英語版によると男性だということになる↓

But some say that the sound is Tsukushi-koïshi. There is a legend that in old times a man of Tsukushi (the ancient name of Kyûshû) fell sick and died while far away from home, and that the ghost of him became an autumn cicada, which cries unceasingly, Tsuhushi-koïshi ! — Tsuhushi-koïshi ! ("I Iong for Tsukushi ! — l want to see Tsukushi !" )

 今度は、一次資料、即ち、この"伝説"の出処が分からないので調べてみたが、結局分からずじまいである。
小泉八雲はどこでこの伝説を知ったのだろうか。福岡に伝わる伝説なのか、或いは、福岡から見た遠国にある言い伝えなのか。

21:00 | scientifique | - | - | |

▲top