HARP.TV

memorandum

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 船尾にて | TOP | Overture to Candide >>

2018.08.30 Thursday

色が変わる朝顔

團十郎朝顔八重咲の朝顔
今年の七夕に朝顔市で入手した團十郎朝顔と八重咲の朝顔。8月半ば頃は全く咲かなくなっていたのに、涼しくなり始めた頃から再び咲き始め、いつも目を楽しませてくれる。

昨日も、蕾が2つ並んでいた。
朝顔(前日の蕾)
色が薄桃色なので、その色の花が翌朝に咲くものだと思っていた。
しかし、翌朝見ると…
朝顔(翌朝)
予想に反して、薄い青色の花が2輪開花していた。
さらに、夕方見てみると…
朝顔(翌日の夕方)
昨夕の蕾と同じ薄桃色に変化しているではないか。

花の細胞のpHは刻々と変化しており、花弁の表面細胞の液胞に含まれるアントシアニンがリトマス紙のように反応して色が変化したのであろう(花弁の細胞は1個が約40μmの大きさで、それに極細の針を刺してpHを測定した実験もある!)。
しかし、この鉢植えを買ってから今日までの55日間、毎日花を見ていたが、色が変化する朝顔が咲いたのはこれが初めてだ。

朝顔の色の変化について、おもしろい動画を見つけたので貼っておく。

20:00 | scientifique | - | - | |

▲top