HARP.TV

memorandum

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ジャポニスムのかけらを追う | TOP | Phishing Fraud Site >>

2018.09.29 Saturday

オール・ドビュッシー・プログラム

ミューザ川崎
やられた!
まさかアンコールに《月の光》を持ってくるなんて。
いや、もしかして、これってむしろお約束?

小川典子さんの演奏は想像以上に素晴らしかった。
《塔》の優しいアルペジオ、雨粒が目に浮かぶような《雨の庭》、絶え間なく変化し続ける表情を見せる《水の反映》、エチュードさながらの《運動》。《葉ずえを渡る鐘》は3声がそれぞれ独立していながら自然に溶け合っていてすごい。2つの手であれほどの鮮やかな表現が出来るとは。《前奏曲集》も圧巻、《喜びの島》も超絶技巧、弾丸のような打鍵のド迫力。

ホールには時間の余裕を持って出かけたのだが、途中、電車が止まってしまった。
乗り換え案内のサイトで迂回路を調べたら、開演時刻に間に合わない事が判明。乗り換え案内を無視して違うルートを取り、乗り換えの駅では全速力ダッシュしたら何とか開演に間に合った。最前列下手側の、ピアニストの手元がよく見える位置の席なので絶対に遅れたくなかった。
まるで機械のように正確な《西風の見たもの》の3オクターブのトレモロも見る事が出来た。 パイプオルガンに当たる照明も曲の雰囲気に合わせていた。《ミンストレル》が終わった時、3秒くらい照明が消されたのには笑った。
《月の光》の照明が、青プラス金色の2色だったのが美しかった。ふと、今年の春に亡くなった親友が《月の光》を病床で聴いていた事や、月の話をしてくれた事などを思い出した。
名曲、名演奏。聴けて良かった。

17:00 | le concert | - | - | |

▲top