HARP.TV

memorandum

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< 雑感 | TOP | Invitation to the Dance (orch. Berlioz) >>

2019.01.19 Saturday

Geschichten aus dem Wienerwald

Johann Strauss op.325《Geschichten aus dem Wienerwald》
ハープは Introduktion と Nr.2,Nr.4,は Tacet。曲開始後、約3分20秒後あたりからが出番で、右手が攣りそうになる音形。Youtubeなどで見てみると 27小節目の左手はオクターヴではなく単音で弾いているハーピストも。確かに低音を弾いても客席には聴こえてこないし、リスクを減らすためにはその方が良いのかも。
全体的に見てそんなに難しい箇所はないものの、第5ワルツの伴奏の左手が少し跳躍するのでそこは弾きづらいかもしれない。
今回、Zither のパートはオケで演奏する事となった。スコアではハープの段に Arpa, später Zither と書かれている。当初、 später の意味が分からず、ハープでツィター風に弾くのかと思って焦った。ハープもツィターも同じ撥弦楽器で弦鳴楽器だが、ツィターは約30本の伴奏用弦と5〜6本の旋律用のフレット付き弦が張られていて、小さな楽器の中にギターとハープがまとまっているかのような外観。Youtubeで実演も見られるが、いかにも演奏が難しそうな楽器だ。

▲top