HARP.TV

memorandum

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Geschichten aus dem Wienerwald | TOP | ハープを運ぶ[2] >>

2019.01.19 Saturday

Invitation to the Dance (orch. Berlioz)

Carl Maria Friedrich Ernst von Weber《Invitation to the Dance》(Aufforderung zum Tanze,) Op.65(orch. Berlioz)
《舞踏への勧誘》はピアノ独奏曲が有名で、オーケストラ編曲はBerlioz版と Weingartner版がある。前者はハープ2台、後者は1台で、後者の方がハープらしい奏法が多い。前者はベルリオーズの他のオケ曲と同様、ハープにピアノで弾くような旋律と伴奏を割り当てており、幻想交響曲にもあるようなピッコロやフルートとハープ2台のユニゾン下降スケールも頻繁に出てくる。(しかも、幻想より速い。)オケによって演奏テンポも様々で、演奏時間が9分台から11分台のものまである。これまで自分が主に聴いてきたのが11分台の音源だったため、今回、本番1週間前になって大多数の音源のテンポが8〜9分台であるという事実に気づき、大変な思いをした。とくに、GPと本番参加のみで臨む場合はどんなテンポで演奏されていても対応できるような事前準備が必要で、探せる限りのいろいろな音源を聴いてテンポの幅を調べておくことも大切だと心に深く刻み込んだ次第。
また、今回はハープ1台で弾くことになったため、2台分を1台で弾くためにスコアを研究して音を合成したりしてみたが、結局スピードが速すぎて2台分を完璧に合成して弾くのは難しかった。(一昨年のエルガー交響曲第1番と同じパターン…。)そもそも、他の楽器と合わせるのが難しい曲だった。ハープ2台だった場合でも、やはり完璧に合わせるのは難しかったかもしれない。アンサンブルの難しさをこれほどまでに痛感したのは久々である。
今日も客席が満席となり、何と、ステージ上に追加の観客席が設けられた。まるでウィーンフィルのコンサートのような。自分の背後にお客さんがいるという状況は初めてかもしれない。緊張した。明日もかなり緊張する仕事の日…嗚呼。

▲top