HARP.TV

memorandum

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< Invitation to the Dance (orch. Berlioz) | TOP | スコアとパート譜と録音と >>

2019.01.25 Friday

ハープを運ぶ[2]

グランドハープを運ぶ手段。
ハープのある生活を始めてウン十年、これほどまでに多くの関係者とともに悩んだり、多方面とメールのやり取りをしたテーマがあっただろうか。
グランドハープは電車やバスでは運べない。20世紀終盤ごろ、山手線で運んでいる人の目撃談があったが、真偽のほどは定かではない。

これまで、自宅の車を運転して運んだり、赤帽さんにお願いして自分も同乗して一緒に運んだり、ハープ専門業者さんに運搬込みでレンタルをお願いしたり、いろいろなパターンで乗り切ってきた。
そして、来週は久々にレンタカーを借りて運ぶことになった。運転もオケの関係者がやって下さるとの事。
たまたま近所のレンタカー店でワンボックスのバンが13時間9,000円弱で借りられることが分かり、予約。車両・対物事故免責額補償制度(CDW)1,400円込みの金額である。自宅から演奏会場までの距離は約33km。高速道路通行料とガソリン代を含めても、トータルで12,000円程度で行けそうな計算になる。オケの予算はどこも潤沢とは言えないので、少しでもハープにかかる費用を安価に収められるよう努力する事もハープ弾きの手腕の一つかもしれない。
オーケストラに参加する場合、GPの翌日に本番があり、しかも同じ会場で楽器を1泊させるのが可能な場合と、GPが本番の1週間前だったり、本番とは異なる会場だった場合とでは運送費用が格段に違ってくる。
今回は後者のパターンなので、たくさんのメールのやり取りをしている。23区内には附帯備品としてハープが置かれているホールが2箇所ほどあるが、そのような施設がもっと増えてくれないかなあ…。
ハープをハードケースに入れてトラックで運ぶハープを軽トラックに積み込む
ハードケースだとトラックでないと厳しいかも。ソフトケースならば背が高めのハープでも軽トラックに入る。

23:00 | Harpe | - | - | |

▲top