HARP.TV

memorandum

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< Pavane pour une infante défunte | TOP | 犬の識字率 >>

2019.02.09 Saturday

Pastorale

Gabriel Urbain Fauré の Masques et Bergamasques 4曲のうち、ハープが登場するのは4曲目の Pastorale。
手は暇なのだが、薄氷を踏むようなペダル操作に気を遣う。
前回別のオケで弾いた時は割とあっさり弾いた気がするが、今回は下降系の音階を粘り強くゆっくり弾くことになり、ペダルが忙しいとつい走りがちになる自分には良い練習にもなった。

今回、リハの日は初対面の方に運転して頂き、楽器を運んだ。あらゆる車を運転した経験があるらしく、往復2時間、安心して同乗させて頂けた。道中、必死で弾いても誰にも聴こえない事も多いハープに関して言及すると、聴こえていないようで音というものは何らかの形で聴こえていて、人に影響を及ぼしているものだと仰られた。良い事を言うなあ。ffffくらいの音の中で、おそらく誰にも聴こえてないと思って適当にごまかして弾いたりしていてはダメだなとつくづく思った次第。

ハーピスト控室
このイラストのように、美しく優雅に演奏したい…実態は程遠いけど(笑)

舞台設営中

本番日は朝から雪。道路が凍結して楽器が運べなくなったら大変なので、朝6時過ぎに電話で打ち合わせをした。結局1時間20分前に出発して高速道路を使い、いつものごとく会場に一番乗りできた。
遠方かつ悪天候にも関わらず意外な方も聴きにきて下さったし、団の方からは差し入れまで頂いてしまい、感謝するばかりである。

▲top