HARP.TV

memorandum

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 長6度上昇旋律にはグリサンド | TOP | 151年前の手紙 >>

2019.07.24 Wednesday

810年の歴史

 梅雨は明けないし、何をやっても壁にぶち当たった挙句、貴重な方には連絡が届かないまま亡くなられてしまうという、閉塞感に覆われた1ヵ月間だったが、今日は久々に進展があった。
 以前までは受け付けていなかった気がしたのだが、ケンブリッジ大学の図書館にあるマイクロフィルムの写しをオンラインで取り寄せる事が出来るというではないか。
 5年以上前、上記に重要なデータが収録されている事が判明した。しかし、マイクロフィルムの場合、必要な箇所がリールのどのコマにあるのか、特定が難しい。当時もメールで問い合わせたが、やはり実際に出向かなければならないという話になった。とは言え、なかなか英国にも行けないので、英国出張に立ち寄る人にお願いした事もあれば、フリーランサーの某サイト経由で英国在住の人に話をもちかけた事もあった。しかし、前者は時間と距離の都合で同大学には立ち寄れず、後者からは返信すら来なかった(そもそも何ヵ月もサイトにログインすらしていなかったようだが)。他にも英国に行く人はいたが、みんな忙しそうだったので遠慮していた。
 いつか自分で英国に行って調べようと思っていたが、今日何となくメールで問い合わせてみたら、リファレンスの方から非常にスピーディーで的確な返信が届いた。オンラインの注文サイトがあります、との事。しかも、短時間にマイクロフィルムのコマの該当箇所まで調べてくれていて、注文方法なども含め、必要な情報が簡潔なメールに全て網羅されていた。さすがケンブリッジ大学、810年の歴史!
 アーカイブのWebサイトもユーザーフレンドリーで、資料の権利関係も含めて必要な内容が整然と記載されていた。おかげですんなり注文できた。途中、操作に戸惑うことも全くなかった。某Faceb〇〇kとは大違い。

 Webサイトの内容があまりにも豊富なので、デジタルデータにも見入ってしまった。神戸居留地の写真もあり、感激。
   https://cudl.lib.cam.ac.uk/view/PH-Y-30377-C/72

 米国在住の方とも調査を進めているけれど、こちらはおそらく進展しなさそうなので、時差のため夜中にメールが届く日々もそのうち終わるだろう。しかしながら、日本国内の仕事のメールも夜中に届いたりする。日本人は働き過ぎ!?

20:00 | histoire | - | - | |

▲top