HARP.TV

memorandum

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 810年の歴史 | TOP | C弦の悪夢 >>

2019.08.01 Thursday

151年前の手紙

 ケンブリッジ大学のアーカイブに、私の祖先が書いた手紙が1通だけ所蔵されている事を知ったのは5年以上前だった。
 神戸から香港に向けて書かれたビジネスレターで、原書は閲覧不可。マイクロフィルムに収められているという。
 写しを入手したいと願いつつ、渡英できないまま時は過ぎた。オンラインで入手できると知ったのは、ちょうど1週間前。
 アーカイブ担当者からのメールによると、資料を注文後、見積金額の連絡が届くまでに10営業日程度、その後手元に届くまで30日程度を要する旨が記載されていたが、結局、問い合わせから1週間もかからずに受領できた。
 対応が迅速かつ無駄がなく、一連の流れが鮮やか過ぎて眩しいくらいだった。

 明後日はオケ本番だというのに、練習をちょっと後回しにして、ドキドキしながら写しのTIFFファイルを開いてみた。
 画像は汚損もかすれもなく、とても鮮明だった。
 しかし……解読できない!
 手書きの筆記体なのだが、読めないところが多々ある。それもそのはず、よく見るとドイツ語の筆記体で英文を書いていたのであった。
 読めない理由は、もちろんそれだけではない。私の祖先の字が達筆?なのか雑なのかよく分からないが、クセがあって読めないのだ。ついでに取り寄せた他のビジネスパートナーたちの手紙は判読できるのだが。
 手紙の冒頭には、1868年1月4日と書かれている。つまり、神戸開港の3日後に書かれた手紙という事になる。当時は開港したばかりで、神戸港周辺には運上所と埠頭3箇所、倉庫が3棟しかなかったはず。一体、神戸のどこでこの手紙を書いたのだろうか。

 現在、米国の人とお互い夜中にメールを送り合いながら進めているプロジェクトは、結局は英国を中心に展開しつつある。本当はドイツの方で展開したかったのだが、ドイツは個人情報保護がとても厳しくて、諸々困難なのだそうだ。
 自力でできる事には限界があるけれど、協力してくれる人がいると心強い。そう言えば、以前問い合わせをしたD大学の人も快く協力してくれて、結局問題解決には至らなかったが、親身になってくれたので非常に感動した。一方、都内某R大は切り口上で、こちらの既読の文言をコピペしただけのメールが返ってきて終わった事を思い出す。
 大学によって独自のカラーがあるようだ。もちろん、担当者によるのかもしれないけど。

 151年前の手紙も、誰かに解読してもらう事になるのだろうか。Webには掲載できないので知恵袋には投稿できないし…ううむ。

コメント

コメントする









▲top