HARP.TV

memorandum

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 練習時間 | TOP | トムとジェリーとオーケストラ >>

2019.08.31 Saturday

The sleeping Beauty〜Ballet in Three Acts with a Prologue Op.66

The sleeping Beauty〜Ballet in Three Acts with a Prologue Op.66
ハープの出番がある曲のみ、覚え書き。

・Introduction
弦の静かな6連符をよーく聴きながら、とても素早くアルペジオを入れていくのがスリリング。
Cのペダルを♭にして、Bの音を一部C♭に置き換えても良さそうだと当初は思ったものの、魔物が住むと云われる本番での冒険はやめることにした。

Prologue
・2. Scène dansante
 ヨハン・シュトラウスのワルツにありがちなアルペジオ伴奏。ペダルチェンジがまあまあ多いので気が抜けない。

・3. Pas de six
 チャイコフスキーらしいアルペジオが続き、最後はグリサンド。
・ VI. La Fée des lilas
 ソだけ。

・4.Finale
 冒頭、3分近く待ってから和音が続く。89〜91小節目のペダルチェンジが忙しい。この部分はオケによってテンポにばらつきがあるようだ。
 232小節目で雰囲気が変わり、グリサンドが5つ続く。1つ目はf、2つ目はp、3つ目と4つ目はpからmfへのcrescendo、5つ目はmfからのcrescendoというのを弾き分ける。ペダルを間違えないようにしなければ。
 270小節目以降のアルペジオは、たった2小節でpからfffにまでcrescendoする。

Acte
・8. Pas d'action- I. Adagio
 ハープのどソロ。今回はペダルをD♮C♮B♭E♯F♮G♯A♭にして、15-16小節目はグリサンドにした。
 その場合、19小節目に入る前に油断してペダルをE♭G♮にするのを忘れるとトンデモナイことになってしまう 笑。
 29小節目までは目立って弾きっぱなしだが、それ以降は出番なし。

・III. Variation d'Aurore
 グリサンド14小節。216小節目以降、チューニングが狂っているとVnソロとの対比でとても目立ってしまうので、当該ラシドレの4つの音は本番直前まで注意してチューニングしておいた方が無難。
・9. Scène finale
 116-117小節目の和音が意外と難しい。テンポがやや掴みづらく、音の数が多いので、つい全ての音を完璧に弾くことに一生懸命になってしまいがち。テンポが速い場合は余計に難しく感じる。
 なので、安全策としてペダルをC♭F♭にしてみたこともあるが、やはり今回の本番ではやめておいた。
 この辺りは組曲版と同じなんだけどなあ。
 ラストのハーモニクスでActe気締めくくられる。鳴らなかった時の落胆は半端ない。

  Acte II
・14. Scène
 アルペジオ、和音、アルペジオ、和音…。

・15. Pas d'action (Scène d'Aurore et de Désiré)
 和音が5つ。

・Coda
 ハーモニックスが7つと、ラストに和音が1つ。

・17. Panorama
 この作品中、3大ハープ目立ち曲の1つだと思われる。ひたすらアルペジオ。ペダルチェンジがないのが救い。pかmfしか登場しないが、オケハープのpはmfと言うので、ひたすら気合で弾いた。

・19. Entracte symphonique (Le Sommeil) et scène
 静寂の中でアルペジオと和音を入れるのだけど、曲の雰囲気的に必要以上に緊張してしまう。音も何となく弾きづらい。
 18小節目のラが♮に見えたので直前まで勘違いしてしまっていたが、実際はラは♭だったりする事に、リハ前日に気付いた。
 37-38小節目に入るときにとても静かに3つのペダルを急いで変えなければならないなど、薄氷を踏むような曲。
41-42小節目に、9の曲の116-117小節目と似た音形が入っているので、安全策としてペダルをB♯E♯にして弾くことも考えたが、今回はテンポもゆったりしていたのでやめておいた。
 141小節目に和音をバン!と弾いた後、銅鑼が鳴ったら、それはハープの出番の終わりの合図となる。

以降、やや長めの降り番となる。

 8. Pas d'action- I. Adagio、Lyra musicのオーケストラスタディにはWalter-Kuhneによる別バージョンの、結構長いCadenzaも掲載されている。これはEkaterina Walter-Kühne(1870-1930)の事だろうか?
 どこかでこれと似たCadenzaを聴いたので、もしYoutubeであればここで紹介したい。
 このオーケストラスタディ、くるみ割り人形の第14景Pas de deuxのハープ1台バージョンも紹介されている。これは弾いてみるとちょっと目が回りそうだ。花のワルツのA.Zabel版Cadenzaもあり、Cadenza10小節目までは従来型と同じだが、11-17小節目が和音になっている。これは実演を聴いたことがない。次の本番でいきなりこれを弾いたら、聴いている人は驚くだろうな。おそらく標準版で弾くと思うけど。

▲top