HARP.TV

memorandum

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 既読にはならないけれど | TOP | Dang Thai Son Piano Recital >>

2019.10.08 Tuesday

Xavier de Maistre & Lucero Tena

ハープとカスタネットという、これまでに見たことがない編成によるコンサート。
Xavier de Maistre氏のハープと、Lucero Tena氏のカスタネット。ステージ上にはテレビ収録用の大きなカメラと、Lyon&Healy Salzedoモデルが。
メストレ氏がルセロ・テナ氏のカスタネットにとりこにされたことが契機となり共演に至ったらしく、ステージ上でも本当に、実に幸せそうに弾いていたのが印象的だった。曲目はオール・スペイン!と言って良いのだろうか。ギターの名曲をハープで弾くと、ギターとは別の、異国情緒あふれる音色になる。撥弦楽器とスペインってよく似合う。
紀尾井ホールにて、下記の曲目が演奏された。*がデュオ、無印はハープ独奏。
(このコンサートの演奏は12月頃にBSでも放送されると会場に書かれていたが、メモし忘れた。)

・マテオ・アルベニス Mateo Albéniz(1755-1831)  arr. Xavier de Maistre:ピアノ・ソナタ ニ長調 Sonata in D Major, Op. 13*
・ヘスース・グリーディ Jesús Guridi(1886-1961)  arr. Xavier de Maistre:古いソルチコ Viejo Zortziko
・イサーク・アルベニス Isaac Albéniz(1860-1909) arr. Xavier de Maistre:12の性格的な小品集 Op. 92より 第12曲 「朱色の塔」Torre Bermeja (Serenata) from 12 piezas Caracteristicas, Op.92, No.12*
・イサーク・アルベニス Isaac Albéniz arr. Xavier de Maistre:スペイン組曲第1集 Op. 47より
 第1番「グラナダ」Granada from Suite Española, Op.47, No.1
 第5番「アストゥリアス」Asturias from Suite Española, Op.47, No.5*
・イサーク・アルベニス Isaac Albéniz arr. Xavier de Maistre:スペイン組曲第2集 Op. 97より
 第2番「サラゴサ」Zaragoza from Suite Española, Op.97, No.2
・アントニオ・ソレール Antonio Soler(1729-1783):ハープ・ソナタ ニ長調 Sonata in D Major*
・エンリケ・グラナドス Enrique Granados (1867-1916) arr. Xavier de Maistre:詩的なワルツ集 Valses Poéticos
・エンリケ・グラナドス Enrique Granados arr. Xavier de Maistre:スペイン舞曲集 Op. 37より 第5番「アンダルーサ」Andaluza from Danzas Españolas, Op.37, No.5*
・フランシスコ・タレガ Francisco Tárrega (1852-1909) arr. Xavier de Maistre:アルハンブラの思い出 Recuerdos de la Alhambra
・マヌエル・デ・ファリャ Manuel de Falla (1876-1946) / マルセル・グランジャニー arr. Marcel Grandjany (1891-1975) :歌劇《はかなき人生》より スペイン舞曲第1番* Danse Españole No.1 from la vida breve, act II

アンコールは、下記2曲。

・ヒメネス Jerónimo Giménez (1854-1923) : サルスエラ「ルイス・アロンソの結婚」第4曲 間奏曲 zarzuela La Boda de Luis Alonso Intermedio

・マラツ Joaquín Malats (1872-1912)  : スペインの印象より第2曲 スペインのセレナータ Impresiones de España: No. 2. Serenata española

メストレ氏と誰かの対談記事をどこかで見かけたのだが、普段、ロックなどは聴きますか?という質問に対して、聴きたいけど聴かない、との返答だった。なぜなら、とてもたくさんの曲をハープ用に編曲しているので、それ以外の時間は静かにしていたい、という事のようだった。ウィーン・フィルではハープの出番が少なくて退団したという話も聞いた。あれだけ弾けるハープ奏者の人間らしい一面が分かるエピソードを聞いて、なぜか少し安心してしまった。


23:55 | le concert | - | - | |

▲top