HARP.TV

memorandum

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ハープ台車を追加 その1 | TOP | ハープ台車を追加 その3 >>

2019.10.26 Saturday

ハープ台車を追加 その2

ハープ台車は、ドイツに発注してから4日後には届いていた。航空小包、速い!

HarpoInACardboardBoxHarpoInACardboardBox
届いた時の状態

 

Harpo_foldHarpo_Active
畳んだ時(左)とハープを運ぶ時(右)


代金は、HARPOが671.43EURO, 送料が98EURO。Invoiceには No tax includedと記載されている。郵便局の方が届けて下さった際、消費税4,600円と通関料200円の合計4,800円を現金で支払った。

試しに台車を動かしてみると、さすがにタイヤ式だけあって確かに運ぶ時の振動も少ないし、その分、運ぶ人のストレスもかなり軽減されそうだ。
段ボール箱の中には注意書きが同梱されていて「航空機での輸送時の気圧の影響を軽減すべく、このタイヤで推奨される空気圧 2bar/29psi よりも少ない空気圧にして発送しています。実際にHARPO を使用する際にはタイヤを適正な空気圧に」と書かれていた。
単位系は国によって異なるが
2 bar(2x100kPa = 200kPa)
≃ 29 psi(pound-force per square inch)
≃ 2 kgf/cm²
を憶えておけば何とかなるかと思う。
自宅にあった自転車用空気入れの空気圧ゲージには、psiとkPaの2つの単位表記がされていた。
だがしかし、バルブの形が合わなかった。なぜなら、手持ちの空気入れはフランス式のバルブ(presta valve)対応で、この台車はアメリカ式(shrader valve)だからだ。
どうにもならず、結局、近所の自転車店にタイヤを持って行き、空気を入れて調整してもらった。
この自転車店には初めて訪れたが、店主さんが何とミュージシャンでびっくり。ハープ台車は自転車ではないのでお代は不要とまで言って頂き恐縮ながら、今後のメンテナンスもやって下さるとの事で大助かりである。


23:55 | Harpe | - | - | |

▲top