HARP.TV

memorandum

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ヴィラ=ロボス《ハープ協奏曲》(1953) | TOP | ヒナステラ《ハープ協奏曲 Op.25》 >>

2007.10.05 Friday

グリエール《ハープ協奏曲 Op.74》

グリエール(1875-1956) Reinhold GLIERE

《ハープ協奏曲 Op.74 (1938)》

■仏題: Concerto pour harpe et orchestre
■献呈:
■作曲: 1938年
■初演:
■出版:
■編成:

■演奏時間: 約27分(10.5+11+5.5)

グリエールは1875年にキエフで生まれ、1956年にモスクワで没した作曲家。
これまでの「伴奏」としてのハープの使い方ではなく、伴奏も旋律もここまで効果的に表現できるんですよ、というハープの可能性を見出した曲。

グリエールはこの曲を作曲するにあたり、ハープ奏者のKsenia Erdeli に楽器の技術について相談し、助言を得た。そのお礼にと、グリエールはこの作品を彼女との共作ということでクレジットして出版しようとした。ところが、彼女はそれを固辞。編曲者として名前を連ねてほしいと要求。ところが運悪く、ヨーロッパの出版社のミスで、彼女の姪のOlgaの共作ということにされてしまっているとか。

全体的に、常にハープの音が聞こえていて、実際、譜面もまるでピアノ協奏曲なみの音数の多さ。相当忙しく難しい曲だと思われます。

【. Allegro moderato】

正統派のロシア作品!とでも言いたくなるような、スケールの大きい作風。


【. Tema con variazioni】

ハープのシンプルな旋律で始まる、感傷的で美しい楽章。
聴いているとシンプルでも、譜面を見ると音の数が多くてかなり難しそう。
ハープのグリサンドが「伴奏」として大きな効果を与えているところも多い。

tema : Andante
var : L'istesso tempo
var : Largamente cantabile
var : Molto tranquillo
var : Allegretto leggiero
var : Animato
var : Con molto espressione
coda : Andante

【. Allegro giocoso】

前楽章とはうって変わって、踊りだしたくなるような、軽くて爽やかな楽章。

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
2017/07/31 3:48 PM by -

コメントする









▲top