HARP.TV

memorandum

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.09.22 Saturday

レクチャー講座

 ピアニスト小川典子氏と青柳いづみこ氏による2人のトークショー。
 今年はドビュッシー没後100年という節目の年。来週、小川典子氏の演奏によるオール・ドビュッシー・プログラムのコンサートが開催され、今回はそのプレ企画のレクチャー講座である。
 ドビュッシーの歌曲が歌手泣かせである理由、イギリスとフランスの国民性の違い、仮面をかぶった作曲家と言われていたラヴェルの逸話、コンサートでピアノ演奏が終わって余韻を味合う数秒間にすぐ拍手をさせない方策…などなど、お2人の話がとても面白く、大勢の受講者とともに終始笑いっぱなしだった。
 来週のコンサートのような、ある意味「作曲家のカタログ」のようにして特定の作曲家の作品だけを演奏するコンサートが開かれるようになったのは実は歴史が浅く、昔はまずアリアをやって、次にピアノ協奏曲の第1楽章だけをやって、次はチェロ…などというプログラムだったらしい。また、最近でもドビュッシーだけの演奏会などと言うと、あまりホールが認めてくれない場合もあるそうだ。ドビュッシー作品には静寂を味合うような曲も多いので、観客に忍耐を強いるという側面もあるのだろう。ドビュッシーの曲は沈黙している部分も音楽で、それは日本の能にも通じる。また作品の標題もポエティックなので日本人の心にもすっと入って来る。影響を受けた日本人作曲家も数多くいる、という話をされていた。
 ドビュッシーだけでなく、ラヴェルにもたくさん言及してくれていたのも嬉しかった。
 ラヴェル自身が気に入らずに廃棄してしまった作品も、今売り出せば売れていたかもしれないのにもったいない…という話も面白いが、そもそも作曲家自身は自分の作品が優れているのかどうかが分かっていないのではないか、という難しい話にもなった。また、来週の演目≪月の光≫が入っていないことを「もったいない、あれをプログラムに入れるだけでお客さん増えるのに…」という青柳氏のつぶやきにも大爆笑が起こった。確かに、≪月の光≫は演奏時間がやや長いので、アンコールにするにも長いし、かと言って本プロに入れると他の曲が入らなくなってしまう。来週の演目から、あえて あまりにも有名な≪月の光≫を外して、あの「前奏曲集」を持ってくるところは痛快である。

 私が尊敬してやまない、完璧すぎて「欠点がないことが欠点」みたいなピアノ弾きの人が以前、小川典子氏のピアノを絶賛していたので、予てから生で演奏を聴いてみたいと思っていた。その上、その方からは青柳いづみこ氏の著書「水の音楽」も頂いたので (贈り物のチョイスまで完璧だ)、今回の両名が揃った夢のようなコラボ企画を知った瞬間に速攻でチケットを取ったのだ。今日のお2人の連弾を見て聴けたのも、とても贅沢な時間だった。来週のコンサ―トも楽しみだ。週休ゼロの週が続いているのだから、ちょっとくらい癒されに行っても罰は当たるまい。

16:00 | le concert | - | - | |
2018.09.05 Wednesday

Le risque aviaire

鳥と航空機が衝突する、いわゆるバードストライクは後を絶たないが、それを回避すべく、鳥を追い払う自律型ドローンの技術が確立されつつある。
IEEE Xploreのwebサイトに、この報告書が掲載されている。この研究は、アメリカの工学者にしてアニメーション・プログラマである、クレイグ・レイノルズ(Craig Raynolds)が考案し作製した、鳥の群れが動くモデルを基に、インペリアル・カレッジ・ロンドンとカリフォルニア工科大学、KAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology)の研究者たちが、アメリカ国立科学財団(National Science Foundation, NSF)のcareer awardを得て進められている。



動画の25秒目あたりがシミュレーション画面で、青い三角形が鳥、緑色が次の到達地点、赤が追跡者で、鳥の群れのリーダーを追跡して方向転換させている。続く実際の動画を見ても、1機のドローンが鳥の群れを追い払うことに見事に成功している。

現状では、各地の空港で鳥を追い払うための訓練をされた犬やハヤブサを導入したり、爆竹を鳴らす、鳥が嫌がる音を流すなどの策が講じられ、銃の規制が緩めの国では散弾銃の空砲を鳴らすケースもあるとの事。 これまでラジコン飛行機を活用したケースはあるようだが、これだけ身近な存在になってきているドローンが、このような分野でも活用されていくのは自然な流れであろう。
ただ、風の日は難しいだろうなあ。


20:00 | scientifique | - | - | |
2018.09.02 Sunday

福岡の夜景

20090723福岡の夜景1

20090723福岡の夜景2

鹿児島まで皆既日食を見に行った帰り、福岡でのんびり過ごしたのは、9年前の話。

23:55 | Fukuoka | - | - | |
2018.09.01 Saturday

Overture to Candide





上は、1960年10月22日、下は1989年12月23日の演奏。いずれもバーンスタイン本人の指揮。
やはり、若かりし頃の演奏は速い!速いのも楽しいけど、円熟味を増した演奏も良い。
スコアもハープのパート譜もまだ見ていないけれど、速いグリサンドが多そう。あと、オケがふとppになるあたりで、可愛らしく弾かないと台無しになりそうな箇所もあるように聴こえる。テンポが速かったら付いて行けるかなあ…。

2018.08.30 Thursday

色が変わる朝顔

團十郎朝顔八重咲の朝顔
今年の七夕に朝顔市で入手した團十郎朝顔と八重咲の朝顔。8月半ば頃は全く咲かなくなっていたのに、涼しくなり始めた頃から再び咲き始め、いつも目を楽しませてくれる。

昨日も、蕾が2つ並んでいた。
朝顔(前日の蕾)
色が薄桃色なので、その色の花が翌朝に咲くものだと思っていた。
しかし、翌朝見ると…
朝顔(翌朝)
予想に反して、薄い青色の花が2輪開花していた。
さらに、夕方見てみると…
朝顔(翌日の夕方)
昨夕の蕾と同じ薄桃色に変化しているではないか。

花の細胞のpHは刻々と変化しており、花弁の表面細胞の液胞に含まれるアントシアニンがリトマス紙のように反応して色が変化したのであろう(花弁の細胞は1個が約40μmの大きさで、それに極細の針を刺してpHを測定した実験もある!)。
しかし、この鉢植えを買ってから今日までの55日間、毎日花を見ていたが、色が変化する朝顔が咲いたのはこれが初めてだ。

朝顔の色の変化について、おもしろい動画を見つけたので貼っておく。

20:00 | scientifique | - | - | |
2018.08.29 Wednesday

船尾にて

Tokyo Cruise
船に乗ると、必ずこのように船尾から写真を撮ってしまう。航跡波と青い空、離れていく出発地の光景の構図が美しいからである。

折しも、航行中の船から誤って転落して無人島で2日間を過ごした人のニュースをやっていた。見ると、とても見慣れた風景がテレビに映し出されているではないか。それもそのはず、これは博多湾に浮かぶ小さな無人島・端島。市営渡船で博多港から志賀島に向かっている途中、カメラで夜景を撮影しようとして海に転落、1〜2km泳いで端島にたどり着いたそうだ。
その後、無事に遊漁船に発見してもらえたのは良かった。
そのうち、自分も写真を撮ることに夢中になり同様のことをやらかしそうで、身につまされるニュースだった。
国土地理院_CKU747
端島は福岡マリーナの真南の海上、陸地から600mほどの位置にある。
(写真の出典: 国土地理院 航空写真 1975/02/24に高度1,676mから撮影されたもの。)

2018.08.28 Tuesday

観客席から

芸劇
足掛け10年ほどご指導頂いた指揮者の先生が振る、オーケストラのコンサートへ。
3曲を除いては知らない曲ばかりだったが、ピアノありハープあり、パイプオルガンありの編成で壮観。
先生の指揮は、演奏者の立場でステージ上で見ても、観客として客席から見ても、数年の時を経てもやはり変わらず流麗だった。別世界に引き込まれてしまう。
今回の曲目の研究のため、本を10数冊も読んだそうだ。そういうストイックなところも変わっていない。
行っておいて良かった。

2018.08.28 Tuesday

備忘録(東京→UTへの郵送)

東京から米国のユタ州へ、小さな荷物を普通郵便で郵送した。
投函したのが8/10、貼ったのは確か140円切手。当然、補償も付かないし追跡もできないが、一か八かやってみた次第。
結果、無事に宛先に到着したのが、現地の8/24午前中だったようだ。投函から到着まで2週間程度ということになる。

日本郵便からのお知らせ(7/27付)で、「アメリカあて郵便物(一部地域あて)に関するお届け遅延について」によると、ユタ州はEMSの送達が遅延するおそれがある地域となっているようだ。「アメリカUSPS(米国郵政公社)の郵便局における処理の遅延の影響」という事情らしい。同時に、同地域から差し出される日本宛ての郵便物についても、同様に遅延する可能性があるとの事。
それにも関わらず、今度は前回と同じサイズの荷物をEMSで発送してみた。小さな箱なのでEMS伝票が貼れず、仕方なくA4サイズの封筒に入れて送付。料金は2,000円かかった。
そして、先ほどEMS追跡をしてみた。
JPN→UT EMS追跡

無事に税関を通過、宛先に到着したのが現地時間の8/27午前。
他局転送というのが気になるが、宛先の局を取り違えでもしたのだろうか。いずれにせよ、結果として1週間で届いたことになる。通常であればもう少し早く到着するはずなので、やはり今も遅延は解消されていないのであろう。

2018.08.25 Saturday

筑紫恋し

 もう8月も下旬だというのに、今年はツクツクボウシの鳴き声が殆ど聴こえてこないのはなぜだろう。
結構あちこち移動しているのだが、8/5に港区で1回、8/15に目黒区で1回と、8/25に練馬区で3回聴いただけである。おそらく、合計で3〜4匹だ。
 今夏はそれほどレアであるにも関わらず、先ほど某W校の構内を歩いていたら、"W"字型の模様でお馴染みのツクツクボウシが道端に落ちているではないか。寿命が尽きて間もないのか、損傷もなくきれいな形を留めていたので、連れて帰ってきてしまった。

ツクツクボウシ♀20180825

 体長3cm程度の♀。翅脈の黒っぽい点の数からも、ヒグラシではなくツクツクボウシであろう。
 九州にいた頃は、ツクツクボウシは夏休みの終わり頃に大合唱していたように記憶しているが、東京にはあまりいないのか、または、今年の気候が厳しかったのか。ネット検索しても同様の声はなさそうなので、気のせいかもしれない。

 ところで、ツクツクボウシには「筑紫恋し」という別名があるらしい。
出処は、小泉八雲(1850-1904)の"Shadowings"(1900)の "Sémi" 。

 ところが或る人は、この音はツクシコヒシだと言ふ。古昔筑紫の人が遠國で病氣の爲め死んで、その魂魄が一匹の秋蝉となつたもので、それてツクシコヒシ、ツクシコヒシ(『筑紫慕はし!筑紫見たし!』)と絶え間無しに叫ぶのだといふ伝説がある。

この「筑紫の人」の性別が分からない。筑紫の姫だという記述もどこかで見たが、この部分の英語版によると男性だということになる↓

But some say that the sound is Tsukushi-koïshi. There is a legend that in old times a man of Tsukushi (the ancient name of Kyûshû) fell sick and died while far away from home, and that the ghost of him became an autumn cicada, which cries unceasingly, Tsuhushi-koïshi ! — Tsuhushi-koïshi ! ("I Iong for Tsukushi ! — l want to see Tsukushi !" )

 今度は、一次資料、即ち、この"伝説"の出処が分からないので調べてみたが、結局分からずじまいである。
小泉八雲はどこでこの伝説を知ったのだろうか。福岡に伝わる伝説なのか、或いは、福岡から見た遠国にある言い伝えなのか。

21:00 | scientifique | - | - | |
2018.08.15 Wednesday

お盆

今年のお盆はいつになくしんみりしてしまったが、ニュースなどを見ていると元気づけられるような事案も。
ボランティアの方が、3日間行方不明だった2歳の子を発見した話はすごいな。
並外れた体力、精神力もさることながら、ゆるぎない信念と溢れる愛。
何事も、長く続けてきて初めて見えてくる世界があるというのは分かるのだが、それを人のために活かす姿が素晴らしい。
今回の事で話題になったからと言って、必要以上にマスコミに追いかけ回されてほしくはないが、これまでの生涯を知りたい気もする。
昔ここでも書いたハープ職人さんや、広島長崎で二重被爆した山口彊さん(今はお孫さんが語り部をやっているそうだ)、時代はかなり遡るが、三毛別羆事件の伝説のマタギ…いずれも故人だが、記憶に残るスーパーお爺さんだ。

▲top